皆さまからの熱いご支援・応援メッセージありがとうございます!

おかげさまで66%の825,000円となり、半分を超えることができました。皆さまからこのプロジェクトへの期待を寄せていただけていることに感謝申し上げます。

 

さて、介護食だけではなく美味しい地元の食材を使って料理教室や介護教室、医療専門職向けのスキルアップセミナー等を多く開催している小川豊美さんにお話を聞きました。

 

 

小川豊美さんは 山形県鶴岡市で「とよみ管理栄養士事務所」「ケアプランセンター大地」「株式会社とよみ」でオープンハウス奏・老人ホーム・デイサービスを経営されてる管理栄養士です。

山形県栄養士会会長や日本栄養士会 全国地域活動協議会役員など多くの役割を経て、現在は(公)日本栄養士会認定栄養ケア・ステーション事業認定委員でもあり地元だけではなく全国各地へ、生ききるためのお手伝い!をモットーに講演・研修会も行っている方です。

小川さんは盛りだくさんの「実現化したい!」を持っていました。

 

小川「お鍋一つで、炊飯器一つで手軽に出来る健康食をご紹介したいので、医療の専門職の方だけではなく、一般の若いママ・パパや一人暮らしの男性でも簡単・手軽につくれるをテーマにした料理教室を開催します!」

 

瀬尾「いいですね!忙しくても手作りの食事が出来たら一番!」

 

小川「他には食物繊維いっぱいのせんべいや、特産品に健康栄養学の視点を加えて異業種の方と一緒に商品開発をしたいです!」

 

瀬尾「それも楽しそう!お土産と健康をセットってインパクト出るかもしれませんよね」

 

小川「あとは医療の視点ですが、全国的にも重要な課題である糖尿病・透析導入の予防、高血圧予防などに対し、美味しく食べて健康・元気になる食事を地元から発信していきたいです。」

 

瀬尾「確かに、看護師さんなどからも糖尿病と透析の問題をよく聞きます。この鶴岡でも課題になっているのですね。最後に、期待を教えてください。」

 

小川「美味しい旬の食材をたくさん使った料理と、MIDORIMACHI Lab.・みどりまち文庫に集まる異なる得意分野を持つ皆さんとの連携によって、ワクワク玉手箱の発信基地になるチャレンジキッチンを楽しみにしています!」

 

このように「キッチンを使ったイベント」に夢をお持ちの方にもお使いいただけるように整備を進めております。ぜひ、引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

 

シェア拡散応援もぜひともお願いいたします!

新着情報一覧へ