仮設団地集会所のましき夢創塾にて、子どもたち・スタッフ一同
(仮設団地集会所にて、子どもたち・スタッフ一同)

 

こんにちは、カタリバ広報担当の善木です。

開始から25日、狭い仮設住宅に暮らしながら頑張る熊本の子どもたちへ、

181人の方々から4,084,000円のご寄付お申込みをいただきました。

全国からたくさんの応援、本当にありがとうございます!

地震の被害の最も大きかった熊本県・益城町の今日の最低気温はマイナス1度

壁の薄い仮設住宅は、冷え込みます。

今日も子どもたちは、息を白くしながら放課後学校に集まって来るでしょう。

 

仮設住宅団地のましき夢創塾に集まる子どもたち
(夜、ましき夢創塾に集まる子どもたち)

 

 

震災の悲しみは、強さに変えられる。

子どもたちが「震災があったから夢を諦めた」そう思わないで済むように、

引き続きご寄付やシェアでの応援、どうぞよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ