READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

愛媛の魅力届ける「愛媛の教科書」を3,000冊作成します!

泉谷昇

泉谷昇

愛媛の魅力届ける「愛媛の教科書」を3,000冊作成します!

支援総額

170,000

目標金額 1,000,000円

支援者
20人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年08月29日 11:54

ココ大の授業紹介!その4

ココ大の挑戦も、残り1ヶ月となりました。

7月、8月は、夏休み期間中ということもあり、授業が目白押しでした。

 

特にこれまで少なかった島での授業、地域の活動とコラボレーションする授業が多く、地域に残る文化・風習やその土地での生活などを知る貴重な機会となりました。

 

愛媛県内のお祭りも、新居浜のだんじり、宇和島の牛鬼などが有名ですが、地元に昔からある各地のお祭りもユニークなものがあります。

 

そして、そうしたお祭りは、過疎化・少子高齢化に伴い、規模が小さくなったり、存続が難しくなっているものもあります。

 

いよココロザシ大学では、地域のお祭りも「授業」の題材と考えています。

今回、「愛媛の教科書」の中で、知られていなかった地域の文化・風土をお伝えし、残していければと思っています。

 

応援よろしくお願いいたします。

 

それでは、お祭りシリーズ第2弾。

今回は上島町魚島の「テンテコ祭り」です。

 

魚島は、しまなみ海道を渡って、広島県に入ってすぐの因島から5分ほどフェリーに乗り、弓削島まで車で約15分走って、弓削島からまた船で約50分揺られて到着する島です。人口は約210人、弓削島から1日4便の定期船があります。

 

 

その島で、毎年お盆に行われている「テンテコ祭り」は、顔を白塗りにして化粧をした人たちが東西に分かれ、舞を競うというものです。

「テンテコ テンテコ テンテコヤー!」という掛け声にあわせて、教えてもらった振り付けで踊ります。

 

 

 

島のおじいちゃん、おばあちゃんのところに遊びに来た子供たちも参加。島が華やかに彩られます。

 

地域の大切な文化を、全国の皆さんにしってほしい。

そして、愛媛だけでなく、自分の地域のお祭りに関心を持つきっかけになれば、きっと地域の暮らしはもっと豊かになると思います。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

いよココロザシ大学オリジナルカードでサンクスレターをお送りします。

支援者
10人
在庫数
制限なし

10,000

上記に加えて
・作成した本をもう1冊お送りします。
・出版記念授業にご招待いたします。(交通費等は自己負担)

支援者
9人
在庫数
制限なし

50,000

上記に加えて
・授業を共同開発いたします。
 (2015年2月から3ヵ月以内に1回有効。寄付者の要望を参考にオリジナル授業を作り、授業名に寄付者の名前を入れ、寄付者が受講したい授業を開発します。)

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

上記に加えて
・魅力の発掘法、授業の開発法、地域の巻き込み方などを盛り込んだ講演会の実施を希望の場所(国内)で行います。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする