READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

寒さの厳しい冬を過ごす名古屋の野宿者にパンと寝袋を届けたい

ボランティア オアシス

ボランティア オアシス

寒さの厳しい冬を過ごす名古屋の野宿者にパンと寝袋を届けたい

支援総額

859,000

目標金額 420,000円

支援者
83人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

終了報告を読む


8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2018年01月12日 01:41

1月9日活動始動 緊急夜回り実施

 1月9日火曜日今年のボランティア オアシスの活動が始まりました。毎週火曜日一年中活動をしているのですが、年始めの1月2日のみは唯一お休みです。(年末年始にかけて複数の団体による越冬炊き出しが毎年実施されているので、野宿者の方々はそちらに行っています。オアシスのメンバーもそちらにで活動しております。)

 今回の配給は、末日聖徒イエス・キリスト教会の方々が作られた菜飯弁当、有志で出されたバナナ、干し柿、漬物、お菓子などありました。

 皆様のご支援のお蔭で毎週提供しているパンも予算のめどがつき、当分安定的に購入できるようになり、余裕をもって配給できました。本当にありがとうございました。

 炊き出しは末日聖徒イエス・キリスト教会のみかちゃんが温かいスープを振るまいました。同教会のKさんの炊き出しのグループの方々ですいとん汁も作りました。冬の寒空に温かい湯気立ち上りました。

 有志で出された新しいシャツやトランクスなどの下着、コートやジャンバーの古着、カイロなどオアシス市に出され、野宿者の方々の希望者はお持ちになりました。

 そして、その日は緊急夜回りをしました。皆様のご支援で購入させていただいたヒートテックのフリーズタイツと靴下をいち早く配るためです。セカンドハーベストの支援物資は常時最終火曜日と決まっているので、その日はありませんでした。代わりにお赤飯と柿を用意しました。

 有志を募り、9名で手分けして夜回りをしました。一人一人サイズや靴下の種類の希望を聞きながら配りました。新しい物を受け取られて野宿者の方々はとても嬉しそうでした。このように野宿者の方々が温もりを感じることができたのも皆様方のご支援の賜物です。

 本当にありがとうございました。ボランティア オアシスのメンバー一同に代わりまして、幾重にもお礼申しあげます。

一覧に戻る

リターン

1,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

3,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

5,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

10,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

20,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

30,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

50,000

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

プロジェクトの相談をする