プロジェクト概要

全長960m。日本一長い商店街の中に、外国人向けの着付け体験スペースを!

 

ご覧いただき、ありがとうございます。金井 檀と申します。長崎県佐世保市で生まれ育ち約20年。今は福岡で仕事をしていますが、出張や実家への帰省もあり、毎週佐世保へ足を運んでおります。日本一長い※1商店街と言われる四ヶ町(よんかちょう)アーケード街の元気の無さを感じ、地元への恩返しの気持ちも含め、『佐世保を元気に!』を合言葉に活動しております。

※1:直線で繋がったアーケード街として。

 

約3年前から、佐世保港にクルーズ船が寄港するようになりました。しかし、来日される外国人の方々は、佐世保を玄関口にして、近隣の観光地に移動してしまいます。こうした方々に、佐世保の街を歩いていただき、佐世保の魅力を知ってもらいたい。このような想いから、今回は四ヶ町アーケード街にある、くっけん広場に着物の着付け体験ができるスペースを開設することにしました!

 

港町佐世保を、玄関口で終わらせない。外国人観光客の皆様に楽しんでいただける街にするために!皆様のご支援をよろしくお願いいたします!

 

日本一長い商店街。来日外国人の方々にも楽しんでいただきたい。

 

今、佐世保には週に2~3回のペースで大型クルーズ船が寄港しています。

 

普段は、結婚相談業を福岡・佐世保で運営しております。他県の男性と佐世保在住の女性のご縁をつないで佐世保に移住していただくことで、人口減少対策に貢献しようと活動しています。その中で、他にも違う角度から地元の活性化に貢献できないか、と考えて目に留まったのがクルーズ船でした。

 

2015年頃から、佐世保港には多くのクルーズ船が寄港するようになっています。週に2~3回、1隻あたり約1,000人の訪日外国人観光客が訪問されています。しかし、佐世保で下船されても、ほとんどが近隣の観光名所や免税店でのお買い物に行ってしまい、佐世保は玄関口としての役割しかありません。

 

当然、港から徒歩10分の四ヶ町アーケード街にも、外国人観光客の皆様にはあまりお越しいただけていない状況です。

 

大きなクルーズ船が週に2~3回やってきます。

 

外国の方々の玄関口として利用される佐世保港

 

港からアーケード街へ。佐世保の街を楽しんでいただくために。


佐世保市は、造船が盛んな港町で米軍基地もあります。佐世保バーガーや海軍のカレーライスも有名で、外国の文化も溶け込んだ、ここ佐世保にしかない街並みが広がっています。

 

今回、着付け体験を行う四ヶ町アーケード街は、100店舗以上が軒を連ねる日本一長い商店街として知られています。もちろん、このアーケード街の中にも、佐世保バーガーのお店や、外国人の方がよく集まっていらっしゃるバーがあり、国際色豊かな佐世保の文化に触れていただくことができます。

 

外国人観光客の皆さまに楽しんでいただけるように

 

そんな独特の文化を持つ佐世保の街を、単なる玄関口として通り過ぎてしまうのではなく、この街そのものを楽しんでいただきたい。そのように思い、クルーズ佐世保・佐世保市観光課・佐世保観光コンベンション協会など、地元の皆様と協力して今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

日本一長いこのアーケード街をもっと活気あふれる場所にするために!

 

くっけん広場にて、着物の着付け体験を開催します!

 

着物の着付け体験を開催するのは、四ヶ町アーケード街にある”くっけん広場”。観光客の皆様には、クルーズ佐世保様をはじめとして、各クルーズ会社様を通して広報を行っていただく予定です。クルーズ船で来日される、数多くの観光客の方々が見込まれます。多くの着付けに素早く対応するために、通訳も含めた在日中国人留学生や日本人スタッフ合わせて20名ほどで運営していきます。

 

佐世保の街並みを、着物を着ながら

 

皆様からいただいたご支援で、まずは着物を50着揃えます。お付き合いのある着物屋さんからのご指導のもと、ワンタッチで誰でも簡単に着付けができる着物を準備する予定です。

 

【運営場所】佐世保四ヶ町アーケード街 くっけん広場

【開始時期】2018年4月1日予定

 

着付け体験の開催予定地

 

四ヶ町アーケード街から、佐世保全体を盛り上げていくために!

 

今回のプロジェクトの目標は、クルーズ船で日本に訪れた外国人の観光客の皆さまに、佐世保の商店街を楽しんでいただくこと。そして、商店街一丸となって佐世保を盛り上げて、「おもてなし」の精神でお出迎えしていくことです。

 

そうして来ていただいたお客様に、「また佐世保に来たいな」と思っていただけるように、日本の文化である着物を着て、佐世保の文化や街並みに触れてもらいたいと思っています。そして、将来的には、着付けのサポートや通訳の担当としての雇用も生み出して、佐世保全体の地方創生にも役立っていきたいです。どうか、皆さまのご支援をお願いいたします!

 

四ヶ町アーケード街を出発点にして、佐世保全体を盛り上げていきます!

 

リターンのご紹介

 

ご支援いただいた方には、佐世保銘菓として愛される『ぽると』をお送りいたします。南蛮菓子という位置づけで、昭和30年頃に誕生した看板商品です。長崎県・壱岐産の柚子を使用した飴をビスケットでサンドしており、ティータイムやお子様のおやつに喜ばれます。長崎の港町、佐世保の人々に長く愛されている銘菓です。

 

また、福岡名物として知られる明太子をお届けするコースも設けています。佐世保はもちろん、周辺都市も含めて地域全体を盛り上げていきたいと思っています。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)