屋根の端部分の施工が始まりました。
檜皮の端は、スパッと切りそろえられています。

そのため、面として美しく光を反射するのだそうです。

これはノコギリや電動工具で施工するのではなく、伝統的な大工道具
『ちょうな』で綺麗に仕上げられます。持ち手部分は、職人さん一人ずつ、自分に合わせた”マイちょうな”を作るそうです。
 

定規を当ててできる作業ではないので、職人の感覚で切りそろえられていきます。しかも、ただまっすぐに切れば良いという訳でなく、下から見上げた時に美しく見える為には、微妙に曲線を描いたような仕上げが必要とのこと。

 

熟練した職人でないと仕上げの部分には携わらせてもらえないそうです。

伝統の職人技が光る部分です!

新着情報一覧へ