プロジェクト概要

コンプレックスが原因で性や恋愛に悩んでいる全ての人の力になりたい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。石﨑沙織と申します。わたしはバイセクシャルの当事者です。幼少期から性に悩みを持ち、女性としてみられることに抵抗を感じ、悩む日々を過ごしました。

 

都内の心臓病専門病院で臨床検査技師として10年勤務。
こんなにも自然に笑えるようになるまでにはたくさんの悩みがありました。

 

もともと恋愛に臆病だった私が、自信を持ち恋愛を楽しめるようになったのは、インド人大富豪のサチンチョードリーさんの本を読んで、この人に会いたいと思いセミナーに参加して初めて心の底から情熱が湧き出てくるのを感じたのがきっかけです。人生で初めての著名人とお会いする場に向かうため、スタイリストさんにメイクをしてもらって、初めて笑顔の大切さ、笑顔は連鎖すること、枠を取っ払うことを教えてもらいました。

 

これを機に自分自身のアイデンティティを確立させ、少しずつ人と対面でお会いすることに自信を得ました。その結果少しずつですがパートナーを作ることにも積極的になってきました。元々恋愛については億劫で自分自身にコンプレックスを感じていましたが今では自信を持ち恋愛を楽しめるようになりました。

 

私の体験を伝えることで、恋愛や性愛に悩んでいる方の背中を押したい。日頃から性的マイノリティの支援活動に加わったり、ブログなどでご相談を受けてお話を聞かせていただくことがありますが、より共感し、より必要としている方に情報をまとめた「本」を実際にお届けすることで、少しでもその方々の人生を変えるお手伝いになるのではないかと思っています。

 

そこで今回は共感いただける方からの応援で皆でプロジェクトを作り上げる、クラウドファンディングという手法を選びました。ご支援、よろしくお願いします。

 

わくわくすることが好きなのだとわかり、自分を隠さなくていいんだと思えるようになりました。

 

 

性の問題は当事者だけでない、社会全体で捉えるべき問題ということを伝えたい。

 

これまでに相談をいただいた中で多いのが、恋愛に関する相談です。


どのようにカミングアウトすればいいのか、同性にどのように想いを伝えればいいのか、自分にどうすれば自信が持てるのか、何からすればいいのかわからない。このようなご相談がきています。

 

しかし、同性や両性を好きになることはまったく悪いことではありません。多くの人は自分自身に自信を無くしているように感じます。このような悩みを持っている方をはじめ、すべての人が自由に恋愛をしていいということをわたしの実体験を元に伝える1冊にしたいと思っています。

 

男性と女性がミックスされた中性のわたしは、男性と女性両方の気持ちがわかります。これは恋愛のご相談を受ける上で、大きな強みだと思いました。


さらには、セクシュアリティが根底にある家族の悩みなども承るようになりました。

 

具体的には

●息子に同性愛者だと言われ、どのように接したらいいのかわからない。


●娘に自分は元々男の子だから元の身体に戻りたいと言われ、どこに相談したらいいのか困っています。家族内では受け止めるけど、世間体が気になる。母親のわたしがこんなふうに産んでしまった、私のせいだ・・・。

 

と悩まれる方がいらっしゃいます。「当事者だけではなくご家族の相談にも乗る。」ことで、性の問題は当事者だけでない、社会全体で捉えるべき問題ということを伝えていきたいと思っています。

 

普段はブログ経由で私にご相談いただく方からのお悩みの回答を行うのですが、ブログですと、恋愛や性的な表現はタブー・規制がかかり、記事が消去されてしまうこともありました。本でしたら講演会でお会いして渡すことができますし、何より直接お手元にお届けし、その後何度も読み返していただけきます。

 

出会いは化学反応。生の声をもっと拾って待ち望んでいただける方に届けていきたいと感じます。若い年代だけでなく、さらに多くの年代にも、お悩みを紹介したり、私の考え方を伝えることによって、救われる方がいらっしゃるのではないかと思います。

 

ご縁に恵まれ、わたしを支えてくれる大好きな仲間が日本全国にできました。

 

 

皆さまからいただいたご支援で、「恋愛に悩むすべての人が幸せになれる本」を出版。全国の人たちに届けたいと考えています。


わたしは幼稚園のころから百科事典を眺めるのが好きだったり、本を読むのが好きです。外出するときも必ず本は持ち歩いています。両親は図鑑など教育に関するものは惜しまず与えてくれました。


世界の歴史を振り返っても、キリスト教の聖書や偉人の伝記、医学書など思想や技術が幅広く伝わり語り継がれるのは書物です。IT社会になり、特に文章の力は大きいと感じています。

 

 

相談者さんの声(完成品より一部抜粋)


・「今さら恥ずかしくて相談しにくいことも親身になって聞いていただいて安心しました」(会社員・40代女性)

・「こんなにも私のことを理解してくれるなんてびっくりして嬉しくて、ご相談の途中で想いがこみあげてしまい、泣いてしまいました」(主婦・30代女性)

・「夫婦の内情まで相談できるところがなくて・・そんなときにさおりんに出逢いました。嫁との関係も少しずつ変化してきました」(会社員・30代男性)

 

いただいた資金の使い道


・クラウドファンディング手数料(税別)   147,000円
・リターン諸経費    50,000円
・編集校閲デザイン印刷流通諸経費    853,000円


必要金額合計: 1,050,000 円

 

このうち、今回のクラウドファンディングでは105万円をご支援いただきたいと思っております。

 

制作スケジュール


・9月10日:クラウドファンディングの資金を無事受け取り

・12月中旬~:内容データ完成

・2月中旬~:製本完成

・3月上旬:リターンのお返しなどで完成した本を順次お届け

・3月中旬:出版記念パーティー、病院・教育現場での講演会、日本LGBT協会代表理事清水展人さんとのトークイベント、個別恋愛セッション

 

2017年7月徳島でのLGBTキャンプにて。自然の中でお互いに心を開いてすぐに仲良くなりました。


 

いろんな愛の形が肯定される仁愛の世界を創っていきたい。そのために誰にでも好きだと想いを表現できる大人を増やしていきたいです。

 

このプロジェクトが達成したら、今よりもっと多くの方々に性や恋愛に関する悩みの解決の一助になれると思っています。実際にわたし自身が悩んでいたのと同じ状況にある方にも微力ながら勇気を与えられたら嬉しいです。

 

最後に、この本を出版できたら母校にも献本したいと考えています。セクシュアルマイノリティと分類される方は、13人に1人の確率でクラスにもいると言われています。そのためには性に目覚める時期である小中学校に献本したいと思っています。

 

この本をきっかけに、学生たちが性の多様性を知り自分らしくイキイキと社会で生きていく力を手に入れ、進んでいってくれたらと思っています。このプロジェクトは、私が描いているさまざまなビジョンの初めの一歩です。みなさまのお力を貸していただけないでしょうか?応援・ご支援をお願いいたします!

 

お気に入りの本を紹介する朝活を主催。人を繋げることがわたしの喜びです。

 

 

リターンについて

 

今回、3,000円以上のご支援には感謝のメッセージをリターンとしてお届けいたします。

 

10,000円以上のご支援には感謝のお手紙と完成した書籍を1冊、書籍巻末へのお名前掲載をリターンとしてお届けいたします。

 

他にも出版記念パーティーへのご招待や、私・石崎との個別相談90分セッション/講演・研修・セミナーの開催をリターンとしてお届けいたします。

 

日本各地から志が熱い仲間が集まる!!

 

2018年5月東京でのLGBTパレードに参加。
さまざまな愛の形が集結しました。ひとりひとりの色で輝いて!

最新の新着情報