今回は鬼子母神さまの由来のお話です。

鬼子母神様は、もともとインドの神様です。

その昔、鬼子母神さまはもともと夜叉(鬼神)の娘で、嫁して500人とも1000人とも言われる多くの子供を産みました。
多くの子を養うために滋養が必要でした。そこで近隣の幼児をとって食べ、人々から恐れ憎まれました。
見かねたお釈迦様は、その末の子ピンガラを隠してしまいました。その時彼女は嘆き悲み7日間世界中を探しましたが見つからず、助けをもとめお釈迦様のもとに来ました。

お釈迦さまは、
「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。
そこで彼女ははじめて今までの過ちを悟り、懺悔してお釈迦様に帰依し、その後、安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされています。

 

法華経と鬼子母神さま

日蓮宗では法華経と言われるお経をお読みしますが、法華経には28の章があり、その中の「妙法蓮華経陀羅尼品第26」というお経の中で鬼子母神様は、「法華経を信じる人を守護します」

と、誓いを立てられています。


 

私が、壱百日陀羅尼品大荒行の時におつれした鬼子母神さま

 

 

法華寺でお祀りしている鬼子母神さま

 

鬼子母神さま③に続く

新着情報一覧へ