たびたび私が口にする「共走」。

 

競い争う競走ではなく、同じ時代、同じ地球という惑星に生きている私たちはやはり共に生きていくべき存在。

 

そして、ランナーにとっては、ライヴァルと競い争うよりも仲間とともに走ることを楽しむ「共走」が大切なのだということ。

 

自分自身とさえ競わない争わない闘わない、なぜなら自分と闘って自分に勝ったとしても、負けるのも自分自身…それでは意味がありません。

 

あらゆるものと共存する生き方、これが平和につながるのだということを私は強く感じるのです。

 

差別や偏見を持たず、闘うことも競うことも争うこともしなくなれば、すべてが調和を保ち、バランスのとれた世界がきっと誕生することでしょう。

 

これは決して夢や理想論だけのものではありません。

 

いろんな角度から、平和な世界の実現を考えています。

 

私は政治家や評論家でもなく哲学者でも宗教家でもありません。

 

一人のランナーであり、旅人であり、冒険家であります。

 

走ることを通じて、少しでも平和な世界が訪れるように、常に地球規模でこの世界を捉えていきたいと思います。

 

 

*****

 

 

このプロジェクトもあと10日を残すばかりとなりました。

 

いよいよカウントダウン。

 

最後の最後まで皆さんのご協力よろしくお願い申し上げます!!

新着情報一覧へ