「かなえたい夢はありますか?」

 

小学校や中学校を訪ねてお話をさせてもらう際に、こどもたちにいつもそんな質問をするところから始めています。

 

「その夢をあきらめないように…その夢をかなえるために、今できることを少しずつでいいから続けてやっていきましょう。たとえ辛いことがあっても、その夢をかなえたいのなら一生懸命全力で頑張ることも忘れないで…」

 

 

キラキラした瞳を持った小学生たち…こどもたちの瞳が決して曇ることのないように、いつも笑顔で楽しい毎日を送れるように、私たち大人も頑張らなければと思わされます。

 

 

いつも誰かに夢を語れる自分でありたい…夢を語るだけでなく実現させることももちろん…

 

新着情報一覧へ