Fdcc42bab328becf6b5c9e2487ee14adbb672f9c


私が住んでる町、野村町は自然豊かで災害に見舞われることのないのどかな町だと思ってました。そんなのほほんと生きてた私には、今回の水害は本当に衝撃的でした。起業してたった5年の小さな店とは言え、全てをかき消され、メチャクチャにされ、本当に悔しい思いをしています。夫婦で呉服店を創業し50年近く守ってきた両親にとっては、私の何十倍も辛いことだと思います。でも、うちの両親は、泣き言いいませんでした。「またゼロからやり直しよ」と。70代で、今は業界的にもキビシイ呉服屋を、もう一度やると!私もずっと「呉服屋でケーキ」をテーマにしてきていたので、もちろん賛成しましたが、場所をどうするか?についても議論しました。結果、やっぱりこの家が好きやけん!今までの家を改修し、カフェスペースは作るけど、今までと同じように「呉服屋でケーキ」で再建することになりました。

でも、今回の豪雨災害を経験して、いつまたどこで何が起こるかわからないという恐怖にも近い危機感を抱くようになりました。今度は南海大地震か?はたまた未曾有の豪雨で、同じように異常放流されるのか?同じ場所で再建する以上、どうしても気になります。

豪雨の影響で浸水してる場所の映像をテレビニュースでたまに見ますが、大抵水の中を歩く人の姿が映ります。私も高知にいたとき、集中豪雨にあい水の中を歩いた経験があります。
でも、今回の野村の水害はダムの放流により一気に水位が増し、短時間で水が引きました。いわゆる鉄砲水状態だったんだと思います。(避難しといて、本当に良かった!)
もし、もう少し早くダムが放流量を少しずつ増やしてくれてたのなら、もっと被害は小さくて済んだのではないか?
仮に浸水したとしても、居間のピアノがひっくり返り、そのピアノの上に畳がのっかるという、理解しがたい惨状を目にすることもなかったのでは?と思ってしまいます。

別にダムと争いたくてこういうことを言ってるわけではありません!この異常気象が当たり前の時代で、また7月のような豪雨が起こらないとも限らない。もしまた同じ状況になったら同じことをするの?
今回、国も県も市もかなり復興に予算を割り当てて下さってます。また同じように、予算を組んでくださるんでしょうか?
ダムも行政も住民も、災害を最小限に押さえる努力をするべきだと思います。
私が以前住んでいた高知では、ずっと「南海大地震」対策が講じられており、建物や道路や海岸の整備等も津波予測がベースにあったと思います。会社の避難訓練でも常に「南海大地震」の話がついてくる。住民達にとっては耳にタコ!
それだけ頭に入ってても、突如としてやってくる地震と津波は、本当に一瞬で逃げるのも大変だと思います。

でも、ダム放流は、ヒトの力で操作できるのだから。

みんなで野村の未来を守っていけたらと、切に願います。

クラウドファンディング、残り4日となりました。おかげさまで、795000円。達成まであと205000円!
どうか皆様!最後までよろしくお願い致します。
新着情報一覧へ