プロジェクト概要

▼自己紹介

特定非営利活動法人生活福祉ファクトリー代表理事の扇原淳です。

所沢市保健医療福祉計画推進委員会所沢市保健医療福祉計画推進委員会(副委員長)

所沢市街づくり気ホウン方針改定委員会

所沢市街づくり基本方針改定委員会委員

特定非営利活動法人生活福祉ファクトリー代表理事

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

貧困を理由に教育を受けることができないなんてことがあってはならないと感じたからです。人は誰もが教育を受ける権利を持っています。一目見ただけでは困っているかなんてわかりません。しかし、教育から取り残されている子どもを救ってあげたいと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

 

▼プロジェクトの内容

   当たり前に高校に行けて、大学や短大、専門学校に行くことができるそんな子どもたちだけではないのです。子ども食堂は広がりつつありますが、学習支援をする場所はどうでしょうか?お金を出さないと塾に行けない。そして、高校受験ができない。そんなことがあってはいけないのではないでしょうか。「貧困だから高校に行けない」「貧困だから中学を卒業したら働かなくてはいけない」貧困から進学をあきらめないでほしいと思います。みなさまからの少しのご協力で多くの子どもたちに進学のチャンスを与えて頂けないでしょうか。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

支援方法は個別支援を採用している。一人一人の状況に合わせて講師が教材・課題を用意し指導を行う。考え込んでいたり、手が止まっている子どもについて勉強を教えていきます。支援に当たっては、最初に当法人の職員が保護者・本人と三者面談をして支援内容を説明したうえで同意が得られれば支援開始となります。。その際に一人一人に合わせた支援計画を作成します。主に高校受験や定期テスト対策を実施していく。開催日時は毎週土曜日14:00~16:00まで。場所は大学の教室を借りそこで行います。テスト前や入試前には希望があれば平日にも開催していきます。

 

 

▼リターンについて

     ご支援をいただきました皆様にお礼のお手紙をお送りいたします。

   当法人のキャラクターの缶バッチや所沢名産品のリターンもお選びいただけます。

 

▼プロジェクトの終了要項

2019年7月22日から2019年7月26日の間、三ケ島拠点での子どもの居場所づくりを開催したことをもってプロジェクトを終了します。

天災等やむを得ない事情により予定していた日にイベントが開催できなかった場合は延期します。延期日:未定 2019年8月1日までに決定します。

 

 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)