READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

全国47都道県立図書館に市民が撮った3.11記録集を届けます

佐藤正実(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)

佐藤正実(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)

全国47都道県立図書館に市民が撮った3.11記録集を届けます
支援総額
1,470,000

目標 1,380,000円

支援者
185人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2013年10月26日 11:40

3.11キヲクのキロク写真例

「3.11キヲクのキロク」には市民が撮った震災の中の生活を写した1,500枚の写真が掲載されています。その一部をご紹介いたしましょう。

 

3月11日の発災後から1週間でM5以上の余震が262回発生。
2011年3月22日仙台市若林区荒町の文具店に掲げられた「これ以上ゆらさないで」というメッセージ。この日、東北新幹線が盛岡~新青森で運転再開。(撮影/ラジオ3スタッフさん P85掲載)

 

2011年3月12日 震災翌日七輪と鍋で炊いたご飯で朝食。洗わなくても済むように食器にはラップを敷いて。(撮影/ 佐藤 寛法さん P111掲載)

 

2011年3月16日積雪の朝。家族総出で運び出した雪をお風呂に入れて、水洗トイレなどの生活用水として活用。電気が通じないと水も使えないことを痛感。(撮影/清藤 正人さん P113掲載)

 

2011年3月12日震災翌朝、倒れた家具を家族で片付ける(撮影/yattsuさん P166掲載)

 

2011年3月15日 ラジオを聞きながらランタンで夜を過ごす(撮影/佐藤正実  P56掲載)

 

ホームページ「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。」では、市民が撮った震災当時の写真とその後を多数アップしております。こちらも併せてご覧ください。

一覧に戻る

リターン

3,000

■「3.11キヲクのキロク」と共に寄贈するご挨拶状にお名前を記載。
■上記のご挨拶状と一緒にサンクスカードをお送りいたします。

支援者
100人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて
■「市民が撮った3.11大震災 記憶の記録『3.11キヲクのキロク』」(1冊)
■「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。」オリジナルポストカード(1枚)

支援者
73人
在庫数
制限なし

20,000

10,000円の引換券に加えて
■「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。」(1冊)
■「伊達な底力!今こそ むすびあい」バンダナ(1枚)

支援者
13人
在庫数
7

50,000

20,000円の引換券に加えて
■20世紀アーカイブ仙台が主催する「もういちどみてみよう3.11ツアー」にご招待。

支援者
2人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする