クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

全国47都道県立図書館に市民が撮った3.11記録集を届けます

佐藤正実(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)

佐藤正実(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)

全国47都道県立図書館に市民が撮った3.11記録集を届けます
支援総額
1,470,000

目標 1,380,000円

支援者
185人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2013年11月06日 09:17

見せましょう市民の底力

2011年に嶋捕手が言った「見せましょう野球の底力を 見せましょう東北の底力を」に涙してから2年半。昨日の日本シリーズ第7戦は、まさに楽天イーグルスの力を見せてくれた歴史の1ページでした。
 

震災翌月、2011年4月29日ホーム開幕戦。嶋捕手の
「見せましょう東北の底力を」という心強いメッセージ!
 

2013年11月3日イーグルス日本一を決めた試合(陸上競技場)

 

震災後、私たちが見せた市民の底力もあります。電気や水道などのライフラインがストップし、余震も頻繁に発生し怯えた生活が続く中で、「伝えよう」と思ったもの・・・。人の無力さとあたたかさ、自然の驚異と包容力などを、デジカメ・ケータイのバッテリーがなくなるのを気にしながらも写真に収めました。そして、たくさんの人の想いを結集し1冊の本にまとめたのが震災写真記録集「3.11キヲクのキロク」です。宮城県内19市区町を撮影日付順に約1500枚と写真ご提供者約50名の方から伺った体験談を掲載しました。

 

ピントが甘かったり、サイズが小さかったり、決してプロが撮った写真のように1枚の写真で何かを語る、という類のものではありません。しかし、3.11以後の私たちの生の生活を映し出していることは間違いありません。

この「3.11キヲクのキロク」を、全国の都道府県立図書館に寄贈してより多くの方々に震災の中の生活をみていただこうと始めたのが本プロジェクトです。市民力を結集した本書を全国の図書館にお届けします!

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■「3.11キヲクのキロク」と共に寄贈するご挨拶状にお名前を記載。
■上記のご挨拶状と一緒にサンクスカードをお送りいたします。

支援者
100人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて
■「市民が撮った3.11大震災 記憶の記録『3.11キヲクのキロク』」(1冊)
■「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。」オリジナルポストカード(1枚)

支援者
73人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

10,000円の引換券に加えて
■「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。」(1冊)
■「伊達な底力!今こそ むすびあい」バンダナ(1枚)

支援者
13人
在庫数
7

50,000円(税込)

20,000円の引換券に加えて
■20世紀アーカイブ仙台が主催する「もういちどみてみよう3.11ツアー」にご招待。

支援者
2人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする