「READYFOR?」3度目のチャレンジです。公開から4日が経過しました。

早速ご支援を賜り、誠にありがとうございます!

 

2013年「全国47都道県立図書館に市民が撮った3.11記録集を届けます」は185人のみなさまに、2014年「震災以前と今を対比した写真集「オモイデ ピース」を作り全国へ」は113人のみなさまにご支援いただき、おかげさまで達成することができました。ありがとうございました。

 

今回は、「海水浴場行きバスを再び!『3.11オモイデツアー』の継続へ」というプロジェクトに挑戦です。

 

「3.11オモイデツアー」は、昔の写真を見ながら「オモイデを語る会」などで、まるまる一日滞在してもらい地元の人たちと交流を深めることで、そのまちのファンになってもらうことを目的としたツアーです。


2014年度88人、2015年度220人、2016年度 870人と、参加者は年々増加し、3年間で全30回(番外編含)、おかげさまで、延べ1,100名を超すなど、全国各地の方々に仙台市沿岸部に足を運んでいただきました。

 

これまでの4年間は仙台市との協働事業として運営してきましたが、2017年度からは活動資金を募り継続していきたいと願っております。5月17日までの50日間という長丁場ですが、みなさまのお力添えを、どうぞよろしくお願いします。

 

佐藤正実

 

「3.11オモイデツアー」は沿岸部のまちに一日滞在して地元の方々と交流を深め、
まちのファンになってもらうことを目的としたツアーです。
「3.11オモイデツアー」は若林区荒浜に加え、2016年度から宮城野区蒲生でも実施しています

 


 

新着情報一覧へ