このイラストを見て、どう感じますか?

 

「聴者が私に対して手話を使ってしゃべるのが疲れる?面倒くさい?のか、他のスタッフに聞くところが多いので
困ります。私としてはストレートに話してほしい(手話ができなくても筆談という方法もあるので)のが正直な気持ちです。
そういうところが人間関係を変な感じにさせてしまうのだと思います」

 

というアンケートの回答を元にイラストを描きました。

 

 

最終的には聴覚障害者と聴者がお互い理解し合って一緒に働く場になれることを目的に、パラパラマンガと小冊子を作成します。
聴者が聴覚障害者はどんなところに困っているのか、よくわからない方が多く、反対に聴覚障害者の中にはビジネスマナーを知らない方もいらっしゃいます。
それらを学び、聴覚障害者は聴者と一緒に働くためのビジネスマナーを学ぶ場を目的にこのプロジェクトを実施させて頂く運びになりました。

 


「READYFOR?のクラウドファンディングのプロジェクトが始まって17日になります。このように、「聴覚障害者と聴者のマナーの認識の違いって?」をパラパラ漫画、小冊子にし、多くの人に発信するプロジェクトです。


 

募集期間内 6月9日(火)まで午後11時に、目標金額に満たない場合は、0円になってしまう仕組みなので、成功のお手伝いをしてください。
広報にもご協力を頂けると幸いです。
ページ内にツイートボタンやfacebookいいね!ボタンがあるので、
参加してもらえると幸いです。

ご協力どうぞよろしくお願いします!
差支えなければ、アンケートのご協力お願いします。

https://jp.surveymonkey.com/s/M9MWNSZ

新着情報一覧へ