「筆談をいやがる人がいます・・・。でも読話だけ理解するのが難しいです・・・」という回答がありました。

 

 


一所懸命に話す人もいらっしゃいます。
読話だけで理解しようと思ってても仕事の内容は専用用語もあり、もし、間違えて読み取ってしまい、ずれてしまったら大変なことになります。
仕事は大事な内容なので出来たら筆談を、と求める聴覚障害者は少なくないでしょう。

新着情報一覧へ