こちらでも活動報告を行っております。

https://www.facebook.com/okanesansuu

 

私の手元にある小学校の教科書では、
足し算、引き算のひっ算は2年生の教科書(上)の終わりに載ってます。


それまでは、繰り上がり、繰り下がりも
「さくらんぼ」で習います。
(学校ごとに違いもあるかと思いますがお許し下さい)

 

ここで、とても意識されているのが
「10のまとまり」です。
10としてまとまると、位が変わります。


繰り上がりならば、10でまとめて一段上げたり、
繰り下がりならば、10をバラして1段下げたり。

 

お金で言えば、10円=1円玉が10枚
形が変わっても、常に1円玉10枚の形が変わったもの、
という事が理解出来なければ、
その数字を表す量を操作出来ないのです。

 

数字だけで表すと、イメージがつきにくいですが
お金ならば「両替」という形で操作も出来ますし
同じ量を表すという事も、体験できますね!!

新着情報一覧へ