プロジェクト概要

 

“ものづくり”の土壌のないモンゴルに、日本の化粧品づくりの技術を伝えたい!

 

はじめまして。小野洋子と申します。カシミヤ製品を日本で販売するなど、1990年の民主化後からモンゴルと関わってきました。モンゴルが急速に発展、変化してゆく様子を目の当たりにして、モンゴルの魅力に魅せられてきた一人です。

                              

現在は、モンゴルの資源を生かした”ものづくり”を根付かせたいと思い活動しています。また、首都ウランバートルに建物を所有しており、そこに日本センターを作りたいと考えています。

 

今回は、その第一弾としてモンゴルの化粧品メーカーに日本の技術者を派遣し、新商品を作ります。その技術者の渡航費として30万円が必要になります。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

モンゴル大学バトフー先生との出会い。モンゴルと日本の懸け橋を模索する。

 

モンゴルは国の収入のほとんどが石炭を始め、レアメタルなどの豊富な地下資源に頼っているため、産業が育っておらず”ものづくり”の土壌がありません。経済は地下資源の価格に左右され非常に不安定です。

 

モンゴル大学の薬草学研究の第一人者であるバトフー先生と出会い、これからはモンゴルで“ものづくり”の基盤をつくることが必須であることを伺って、私もいつかお手伝いができたらという思いが芽生えました。

 

●豊かな地上資源・人材資源

モンゴルには豊富な地上資源(植物や家畜など)があります。また、広大な大地は農薬などで汚染されたこともなく、自然のままの姿で残されています。

 

 白鵬や旭天鵬などの力士が日本で活躍していますが、モンゴル人は語学力が非常に堪能で、知力、体力共に非常にバイタリティにあふれた優れた民族です。しかし、自国に産業がないため、海外留学してモンゴルに戻ることができない人がたくさんいます。

 

このようなモンゴルの地上資源と人材資源を生かして、日本の“ものづくり”の技術で商品を作れば、モンゴルの人達にとっては産業ができ、日本の企業も、オーガニックな薬草や産物が輸入でき、双方でwin winの関係ができると考えています。

 

モンゴルに日本の化粧品づくりの技術を!
第一弾は21歳の社長。”ゴーさん“のオーガニックコスメブランド

 

今回応援する化粧品メーカーは、18歳で起業し、現在21歳のゴーさんが経営する「ゴー社」です。ゴーさんは現在薬学部の3年生。ガンさん(ブランディング担当)とニャマさん(カメラマン)の3人で、モンゴルの産物を生かしたオーガニックコスメを販売している、若く新しい感性を持っている会社です。

 

左から ガンさん、今野所長、ゴーさん、ニャマさん

 

ゴーさん達は、輸入品ではなく自分たちがモンゴルでより良い製品を作ってモンゴルの人達に発信したいと思っていました。そこで私たちは、安全安心な化粧品を35年間研究してきた今野氏に技術指導をお願いし、今野氏もゴーさん達の熱意を受け入れて下さり、通常では化粧品の技術指導はトップシークレットだそうですが、特別に指導して下さることになりました。

 

また、今野氏が長年研究してきたミネラルを豊富に含んだフェイスクリームを新たな商品として製造販売することになりました。専用のリキッドと併用すると手軽に家でピーリングができる、日本でも画期的な商品です。

 

すでに2016年10月にモンゴルを訪れて一度技術指導をしてくださいましたが、一度の技術指導では足りず、今後も技術指導が必要になります。

 

化粧品会社社長のゴーさん、技術指導者の今野所長

 

今注目のミネラルがふんだんに入っています

 注目を浴びているミネラル、海、山の有機、無機4種類のミネラルをバランスよく10%以上含んでいます(通常は1%程度)。イオン化したミネラルがふんだんに含まれていることにより、肌に微弱電流を起こし汚れを吸着したり、血行をよくして肌質を根本から改善します。

 

ミネラルイオンで血行が促進されます

 人の細胞にある穴「イオンチャンネル」は水やミネラル、栄養素を通過させていく場所で0.7㎚以上の大きさは通過できませんが、ミネラルイオンは0.1㎚なのでお肌の細胞にも直接浸透します。この浸透吸収される刺激で血流が盛んになり、血行が促進されます。

 

●モンゴルのスーパーフルーツ“チャチャルガン”(シーバックソーン)

チャチャルガンは中国名でサジーといわれる果実です。モンゴルやチベットの厳しい環境に自生するグミ科の植物で、ビタミンやアミノ酸、不飽和脂肪酸など200種類以上の栄養を含み『イエロードクター』と呼ばれています。抗酸化酵素を豊富に含み、老化防止や皮膚再生効果があるといわれています。今回はこのサジーをふんだんに入れています。

 

お肌を整えるミネラルピーリング                    

 リキッドと併用するとピーリングが安全に簡単にできます。ピーリングによって、肌にたまった古い角質を取り除くと、肌の代謝がよくなりミネラルがさらに浸透しやすい肌に整えることができます。また、原料は天然のミネラルから作られており、ケミカルピーリングなどと違って安全です。ミネラルピーリングは1週間に1回3分。自宅でもできるためとても経済的です。

 

ニキビにも、髭剃り後のクリームとしても好評です。ぜひお試しください。

このような豊かな地上資源と人材を生かし、日本の技術を導入してモンゴルの”ものづくり”がしっかりと根を張るようにしたいと思っています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
化粧品会社社長のゴーさん、技術指導者の今野所長、小野博さん

 

モンゴルを日本の若者が海外に進出する際のモデルケースに。

 

下の写真は、2016年に私がモンゴルの件についてご相談している、小野博さんが主宰したモンゴル大学の先生方と日本企業の方々(約50名)の交流会の様子です。バトフー先生の研究結果から今後のビジネスの可能性についてご講演して頂きました。日本の若い起業家の方たちが、農業や美容、レストランなどの分野でモンゴルに進出して下さる予定です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
(2016年、モンゴル大学先生方と日本企業の方々の交流会)

 

​“ものづくり”でモンゴルの産業が発展させ、若者たちに仕事と夢を。
皆さま、どうかご支援よろしくお願いします!

 

これから先、モンゴルの産物を利用した“ものづくり”ができるようになれば、地上資源を生かした産業が定着し、現在モンゴル大学の学生たちも薬草の研究・育成・加工などの分野で仕事ができたり、語学力とバイタリティを生かして世界を相手に営業ができたり、さまざまな活躍の道が開けるはずです。

 

このように、今回のプロジェクトは新しい商品開発、市場参入、ひいては新たな雇用創出にもつながります。一方的な援助ではなく日本とモンゴルが対等な立場で新たな仕事を創出したいと考えています。そのためには皆さまのお力が必要です。どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
無機4種類のミネラルをバランスよく10%以上含んだクリーム。