READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

新型コロナに負けない 防護具作りを通じて、少しでも社会に貢献したい

新型コロナに負けない 防護具作りを通じて、少しでも社会に貢献したい
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

16,000

目標金額 50,000円

支援者
3人
募集終了日
2021年1月23日
3人 が支援しました
募集は終了しました
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 はじめまして!こちらのプロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます

 みふね工房の越智と申します よろしくお願い申し上げます

 

 自己紹介になります

 介護保険が始まる頃から介護の世界に足を踏み入れました
 その後、介護の仕事を20年続けました 

 病院での介護経験もあり、臨床治療の場にも立ち会いました

 

 新型コロナ流行の兆しが見え始めた頃から、防護具の作成を本格的に行うようになりました 
「みふね工房」とは、私が防護具づくりを行う拠点の名称です

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 11月、有名な医師の方が「N95マスクを頼んでいるのにまったく供給がない」という主旨の情報発信をされました

 

私にとってはそれは重大事で「やっぱり足りないのか」と、なにかしないといけないという気持にかられました

そこでクラウドファウンディングで募集してニーズの確認ができるのではないかと応募のための準備をはじめました

 

準備をすすめるうちに、医療従事者の方を防護具で直接援護するのではなく、普段生活する方たちの安全性を少しでも高めることができればいいのではないかと考えるようになりました

 

 メガネをかけている方はご存知だと思いますが、吐息でレンズが曇ったりすることがありますまた、マスクをつけている頬の隙間から息が抜けるため、マスクひもを結んで空気の漏れがないよう啓蒙する動画を見たりしていました

 

そこで、マスクインナースペーサーで、空気の漏れがないようにする方法が良いと思いました

それに不織布マスクは、唇周りにあたると煩わしいのが経験でわかっていましたので、スペーサーで覆えば快適になるし、一石二鳥ではないのか・・・

 

そこで、クラウドファウンディング用に作成していた柔らか素材の防護マスクを応用すれば、マスクインナースペーサーに転用できると考えました

そういった発想で書類を提出したところ、ようやくクラウドファウンディングを開始することができました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の防護具づくりに至るまでの経緯を記します

 

 新型コロナの感染拡大により欧州、アメリカでは必要な機材を持っている(いわゆる3Dプリンター、レーザーカッターなど)一般の人々がマスクやフェイスシールドを作り、地域や医療機関で、物資がない場合の代替策として使われるようになりました
 

新型コロナの急速な拡大で物資が不足しており、社会的ニーズにより、一般からも広く物資の調達を募るようになってきたからです

 

ニュースを聞いて、私も防護具づくりの取り組みをはじめました

 

 アメリカ国立衛生研究所や、3Dプリンターのデータを公開しているウェブサイトなどには、3Dプリンターで防護具を作成するのに必要なデータや、仕様が公開され、必要な機材や資材があれば一般人でも防護具を調達できるようになっています

そういったデータを元に、フェイスシールドやマスクなどの防護具を作ってきました

 

本来であれば、現場で使用される防護具などは、企業様が提供されている信用のおける品質のものでなければ、通用しないという常識を持っておりました

しかし、アメリカでは大学や研究所、企業の協力の下、あくまで代替品としてではありますが、一般の方も一緒に防護具づくりが行われています

 

私も、もしニーズがあるようであれば、手を上げて協力したいという思いがありました

 

▼プロジェクトの内容

 

 今回プロジェクトを立ち上げるにあたって、一般人メーカーとして、なにができるのか悩みました

 着目したのは、不織布マスクです

 

 新型コロナ発生当初は、不織布マスクが不足し、手作りマスクの必要性が高まっていました

しかし現在、不織布マスクは充分な量が流通し、安価になっています

また、ウィルス防止に最も効果的と言われています


 新型コロナ以前は、せきがでる時くらいしか、使っていなかったマスクですが、現在は常にマスクをするようになってきました

そうして、不織布マスクを使う機会が増えてくる中で、「マスクをずっとつけているとゴムひもで耳が痛くなる」という声が気にかかりました

 

また私自身、不織布マスクを使用した際に、唇に不織布が当たり続けることでのわずらわしさがあるということに気がついていました

自作した3Dプリンター製防護マスクを使用したときに、不織布マスクのような、わずらわしさがなかったからです

 

そういった、ちょっとした部分を改良できるのではないだろうか?

 

また、不織布マスクのフィルター効果を最大化する事ができないだろうか?

 

そういった思いの中、試行錯誤しながら完成された「マスクインナースペーサー」です

 

密閉度の高い、マスクインナースペーサーで鼻から口の周りを覆うことで、なんとなく保護されている感覚があります(個人差はあるかと思います)

また、唇の周りに空間が出来るため、話がしやすく、快適です

 

冒頭に掲載された写真と、以下に掲載されました写真は、私が製作したマスクインナースペーサーです

半透明EVA樹脂製になります

 

私は、このマスクインナースペーサーを作るのに必要な情報を公開しています

 

 マスクインナースペーサー サイズ横約9.5cm 縦約9.5cm
(みふね工房オリジナルのリミックス作品)

仕様公開リンク 「THINGIVERSE」マスクインナースペーサー

 

 

ーーーーーーーーーー

 

※プロジェクトのリターンとなっておりますマスクインナースペーサーと、OJIGI earsaverは、私のオリジナル作品です

 

「THINGIVERSE」は、3Dプリンターのデータを公開するWEBページで、世界中から、投稿されています

もし、自作してみたいというご要望があれば、どなたでも自作していただいて、広く早くご利用いただけますように、こちらに仕様を公開しています

私は、6つのデザインを公開していますが、1ヶ月に合計して100以上のダウンロード数になっています

これらページのデータを元にして、必要な機材があれば、どなたでも作成することができます 

 

それは、目的が「社会貢献をしたい」「多くの人たちの手に届いて、役に立てばこれ以上のことはない」ということだからです

多くの作品デザインが無償で公開され、世界中で交流が行われています

 

ーーーーーーーーー

 

もう一つの、耳の痛みをやわらげるための防護具の話になります

長時間サージカルマスクをつけていると、マスクのひもがあたって耳が痛くなることがあります


特に、インナースペーサーなどとりつけた場合、しっかりとマスクを装着する必要もあるため、「マスクひもクリップ」を、一緒に提供させていただきます
今回のプロジェクトに向けて制作されたマスクひもクリップです
2人の人たちがおじぎをしたような、可愛らしいオリジナルデザインになりました
 
クリップを指でたわませることで、フックが外にでてくるため、マスクのゴムひもを、かけやすいデザインです 
また、マスクを外したときに胸ポケットなどに簡易に吊り下げておける、マスククリップにもなります
 
 「OJIGI Ear Saver(マスクひもクリップ)」 サイズ横約8cm 縦約5cm みふね工房オリジナルデザイン
仕様公開リンク 「THINGIVERSE」https://www.thingiverse.com/thing:4686719

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◯注意事項

 

1、当マスクインナースペーサーをご利用の場合、不織布マスクからの余分な空気の漏れがないため、通常より呼吸がしにくい感じがあるかもしれません

 

そのため、激しい運動を伴う場合や、定期的に休憩してサージカルマスクをはずすことができない場合はご利用をお控えください

 

2、花粉や、ウィルスなど完全に防護することはできませんので、ご留意ください

 

3、衛生面を考慮して、マスクインナースペーサーご使用後は洗剤で洗うなどして清潔を保持されることを推奨いたします 熱湯をかけたりしますと変形致しますので、冷水またはぬるま湯での洗浄をおすすめ致します

 

4、マスクインナースペーサーをご使用の際に、肌に赤みや異常が生じた場合には、使用を中止していただけるようお願い申し上げます

 

5、マスクインナースペーサー、マスクひもクリップをご利用されるのに伴い生じたトラブルなどに関しましては、責任を負いかねますので、ご了承ください

 

※新型コロナの影響により、郵送が困難などの理由で物品の提供ができない場合は、商品の到着が遅延する可能性がございます

 

※資材調達の都合上、またはデザイン修正の必要が生じた場合などは、色、デザインが写真と異なることがある場合があります あらかじめご了承ください

 

※商品到着後7日以内の初期不良・破損のみ対応させていただきます

 

※お問い合わせは、みふね工房 越智宛

 

電話 0956-88-7114(留守番電話でも可能です)

メールアドレス smo4512257@gmail.com 

 

にて受け付けております

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 今回、このプロジェクトを提唱するに当たって、マスクインナースペーサーを元になるマスクデザインから改良して作成いたしました
また、マスクひもクリップをプロジェクトに向けてデザインいたしました

 

実際に、私が使用し、友人知人に使用してもらい、不具合があった部分については、出来る限り改良を行ってきました

 

ただ、不特定多数の方への提供させていただくような機会はこれまでありませんでした

 

今回のプロジェクトを、皆様に必要性を感じていただけるのであれば、これ以上のことはございません

 

そして、もしこのプロジェクトが成功して、一般人による防護具作成にもニーズがあるということの実証になれば、一般人メーカーが新たな社会資源として、社会貢献にすることにつながる可能性もあります

 

社会貢献につながるステップとして、このプロジェクトが成功することを祈っています

 

 

 

▼プロジェクトの終了要項

 

・製作物    
マスクインナースペーサー、マスクイヤーガード

・製作完了予定日    
2021年1月31日

・製作個数    
マスクインナースペーサーとマスクイヤーガード 50セット

 

 

 

 

 

 

プロフィール

 みふね工房 越智 正朗

 みふね工房 越智 正朗

平成10年頃から介護にたずさわるようになる 以後、デイサービス、グループホーム、特別養護老人ホーム、デイケア、病床、有料老人ホームで介護員、居宅ケアマネージャーなどで主に医療・介護に関わる知識・経験を積む ※よろしければ「新着情報」というタブに補足説明を追加しておりますのでご覧ください

リターン

3,000

マスクインナースペーサー 3個 マスクひもクリップ 3個

マスクインナースペーサー 3個 マスクひもクリップ 3個

①マスクインナースペーサー 3個
(内側サイズ たて約9.5cm よこ約9.5cm EVA樹脂製)
②マスクひもクリップ 3個(PLA樹脂製またはポリプロピレン製)

支援者
2人
在庫数
8
発送予定
2021年2月

10,000

マスクインナースペーサー10個 マスクひもクリップ 10個

マスクインナースペーサー10個 マスクひもクリップ 10個

①マスクインナースペーサー 10個
(内側サイズ たて約9.5cm よこ約9.5cm EVA樹脂製)
②マスクひもクリップ 10個(PLA樹脂製またはポリプロピレン製)

支援者
1人
在庫数
1
発送予定
2021年2月

プロフィール

平成10年頃から介護にたずさわるようになる 以後、デイサービス、グループホーム、特別養護老人ホーム、デイケア、病床、有料老人ホームで介護員、居宅ケアマネージャーなどで主に医療・介護に関わる知識・経験を積む ※よろしければ「新着情報」というタブに補足説明を追加しておりますのでご覧ください

あなたにおすすめのプロジェクト

ひきこもり支援の革命!『山根モデル』を宇部市から全国へ

NPO法人ふらっとコミュニティNPO法人ふらっとコミュニティ

#医療・福祉

92%
現在
4,640,000円
支援者
200人
残り
7日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする