こんにちは、浅川透です。

 

難病患者のための制度や難病に対する思い込みを外す考え方を書いた本「難病患者の教科書。ようやく本が手元に届きました!

 

 

この本は難病と宣告された方の不安を減らし、より良い生活を手にするための実用書として書いています。

 

内容としては以下のようなものが書かれています。

 

第1章  はじめに

第2章 難病と告げられたばかりの方へ

第3章 難病患者が制度を知らない理由

第4章 考え方が変われば結果が変わる

第5章 病気や病院での相談

第6章 指定難病受給者証と障害者手帳

第7章 日常生活の不自由を減らすために

第8章 金銭面を改善するために

第9章 自分らしく働くために

第10章 その他、相談したい場合には

第11章 相談の仕方と伝え方

第12章 終わりに

 

私は難病患者のカウンセリング等をやっていたので、心理面。

他の部分については各分野の専門家の話をまとめておりますので、必ずあなたのお役に立てるでしょう。

 

まず第一に支援者の皆様に本をお届けして、

それから病院に送ります。

 

あと、支援者の中で本が複数欲しい方もいらっしゃると思います。

 

自費で余分に刷った本はそれほど多いわけではないのですが、

こちらから登録いただくと本を買う事ができます。

 

https://55auto.biz/coach-toru/touroku/entryform1.htm

 

 

新着情報一覧へ