READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

沖縄の子どもが希望を持てる地域社会を作るために夜間子ども預かりを!

一般社団法人 虹のまほろ場

一般社団法人 虹のまほろ場

沖縄の子どもが希望を持てる地域社会を作るために夜間子ども預かりを!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月17日(月)午後11:00までです。

支援総額

19,000

目標金額 1,200,000円

1%
支援者
4人
残り
34日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月17日(月)午後11:00までです。

1お気に入り登録
1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

夜間子ども預かりサービスを、本当に必要とする方に届けたい。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。「夜間子ども預かりぽんぽん」の井村真帆と申します。沖縄の与那原に来て10余年、これまで、児童関係の仕事や地域の商工会などに関わり様々な活動をしてきました。
 

現在は沖縄の本島南部にある与那原町にて、往診専門の鍼灸施術業と一般社団法人を立ち上げ、夜間子ども預かりを行っています。私たちの目標は、「地域の抱える社会課題や観光面での活性化を図り、地域を元気に、より住みやすい魅力的な場所にしていくこと」です。
 

 

そんな想いから、夜間子ども預かりを立ち上げたものの、コロナの影響もあり、なかなか周知が進まない現状があり、潜在的なニースはあると感じているものの、実際にこの事業を届けたい方にお届けてきていないという歯がゆさを感じています。
 

また、認可外保育所という立ち位置であるため行政からの支援を受けにくく、経営的にも厳しい状況があるため、ご支援くださる多くの方、また、この場所を必要としてくださる方に知っていただくためにクラウドファンディングへの挑戦を決意しました。
 

みなさまからの応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

<プロジェクトメンバー紹介>

井村 真帆 (いむら まほ)

一般社団法人 虹のまほろ場 代表理事 

社会福祉士 鍼灸師

与那原町商工会青年部 副部長

 

伊是名 雅道 (いぜな まさみち)

一般社団法人 虹のまほろ場 理事 

(有)セレモニー沖縄 代表取締役

与那原町商工会青年部 部長

自分は幼少期から現在に至るまで、家族や仕事・友人・知人と何不自由のない生活を送ってきました。そんな中で、母子父子家庭や生活困窮世帯といった社会課題の状況があることを知り、今回のプロジェクトに賛同し、他のメンバーと一緒に法人を立ち上げました。

 

僕の役割は今まで、お世話になってきた方々との繋がりを持って、この沖縄の現状を映した事業を認知してもらい、協力・賛同して頂ける方を増やすことです!全国・全世界の皆様、沖縄の小さな町からの挑戦よろしくお願いいたします!

 

池宮城 尚 (いけみやぎ ひさし)
一般社団法人 虹のまほろ場 理事  

伊良波清掃 代表

与那原町商工会青年部 副部長

育児や日々の生活で、悩みを抱える保護者、子ども達の安らぎと心の拠り所を作りたいと考えています!困難に直面している世帯や子ども達の心の拠り所になり、これから地域の人々と連携し、手助けが行えるように、この事業を続けて行きたいのでご支援おねがい致します。

 

 

経済状況が苦しい沖縄で、

子どもたちと出会い、見えてきた社会的課題

鍼灸の大学卒業後、人の身体を診るのであれば、もっと人に対しての見識を深めたい。そんな想いから、沖縄にある児童養護施設で住み込みボランティアを始め、その後、夜勤専門職員としても働きながら、24時間365日、子どもたちとくらし、施設職員や児童の保護者などとの交流を重ねる暮らしを続けました。
 

予備知識も経験もなく飛び込んだ世界。そこで出会ったのは、保護者の疾病や経済的な理由、虐待など、様々な理由から施設で暮らすことになった子どもたちでした。

 


 

子どもたちは元気に過ごしていましたが、時折「おうち」というものへの思慕や、心の揺れ感じられる場面があり、なぜこの子たちはここで暮らさなくてはいけなかったのだろうか…という想いが自分の中でも大きくなるのを感じました。
 

そこで、そんな想いを解決すべく、施設保護となる前の実際の状況を知りたいと、子どもの居場所事業所を次の働き場所として選びました。そこで見えてきたのは、特に単身で子どもを育てる親御さんは、忙しさのあまり孤立を深めがちで、どこにもつながっておらず、そのことが虐待や生活苦を生み出し、結果、施設で暮らさざるを得ない子どもたちが生まれている、という現状でした。

 

特に、コロナで観光業も縮小する中、沖縄の経済状況は他県と比べても厳しく、ダブルワークなどを行われている方が多いと推察しています。生活のための仕事に追われ、心身ともに余裕のないときにこそ、職場以外の繋がりの場として、気付きの場として、「困った時に頼れる場所」が必要なのではないか。そんな風に考え、今回のプロジェクトの立ち上げを決意しました。
 

夜間の子ども預かりがあることで、より働き方の選択肢が増え、経済状況が改善したり、預かりを通してできた人間関係が一組でも多くの親子の支えになればうれしく思います。
 

 

 

活動を支えてくださる「あしながおじさん」のような

サポーターのみなさんを必要としています。

私たちの活動は、すぐに大きな流れを生み出すとは考えていませんが、本当に必要とする状況の方が現れたときに、このような活動が「すでにそこにある」ということが大切なのではないかと思っています。もうだめかもしれない、そんな風に思うほど苦しいときに頼れるセーフティネットがそこにある。それはとても大切なことなのではないかと思いうのです。

 

 

そんな時のために、そんな人たちのために、社会にともる小さなろうそくの灯のように、この事業を維持継続していきたいと考えています。とはいえ、私たちのような認可外保育を行う事業所は国の支援を受けることが難しく、経営的には非常に厳しい状況であるため、多くの方のご支援を必要としています。
 

みなさまからのご支援金は、すべて、この活動の維持継続のための費用に充てさせていただきます。
 

<資金使途>

運営費:1,200,000円

※2021年4月1日~2022年3月31日に、夜間子ども預かりを運営したことを以って、本プロジェクトを実施完了とする。

 

夜間子ども預かり ぽんぽん(認可外保育所)としてのサービスは、1歳~小学生までの児童を平日午後17時~午前2時まで、週末は午後17時~翌朝8時まで預かります。(有償 1時間500円~)

その間に子ども達には夕食提供や入浴支援などを行い、職員が安全面など見守りながら、子ども達にとって親を待つ時間を楽しい想い出にしてもらえるよう心がけます。
 

さらに、2020年10月にぽんぽんを開所するにあたり、地域内の子ども食堂の関係者等のみなさんと交流を深め、見守りのネットワークを強化出来るよう、地域内での連携体制の構築にも力を入れてきました。日中は社会福祉士が常駐し、地域の方々のよろず相談所としても場を開いていきたいと考えています。
 

この活動を知ったことをきっかけに、このようなセーフティネットが社会のあちこちに増えていけば嬉しく思います。同じ時代に生きる者同士、手を携えて、誰もがしあわせに暮らせる場所をひとつづつ守り育てていきませんか?

 

 

 

作りたいのは、子どもたちが希望を持てる地域社会

今回のプロジェクトは、そのための最初の1歩。

まずは、この子ども預かり支援サービスぽんぽんの運営を軌道に乗せ、地域の中での認知を上げていくことが当面の目標と考えています。そのうえで、ぽんぽんの活動を継続していくことにより、また新たな課題が見えてくるのでは、と考えています。

 

例えば、若年出産者の就業問題です。行政や県事業等での支援が行われていますが、病院ではなく自分ひとりで産んだりなどのケースでは、行政もそのケースを把握することができず、支援に繋がらない状況も散見されます。そんな人たちがぽんぽんの存在を知り、相談くださるようになれば、相談窓口の一つとして利用者の保護者に該当しそうな方とのご縁繋ぎなど、様々なサポートを提供したいと考えています。

 

また、特定の支援対象に拘らず、町のみなさんの憩いの場として、家でいえば、皆がくつろぐリビングのような、コミュニティスペースとして各世代・年代を繋げる役割を担いたいと考えています。商工会等とも協力し、子ども達や多世代が集う交流イベント、不登校児に対しての就業体験など様々な活動を行うことも見据えています。
 

ゆりかごから墓場まで、ひとは地域社会の中で生まれ育っていきます。地域社会が元気であることは、その地に住まう人たちのセーフティネットにもなります。生まれてきたいのちが、子どもたちが、選択肢のある多様で自由な人生を送ることのできる社会にあるように。先に生を受け、社会に生きるものとして、子どもたちに、子どもの育ちに関わる人たちに、「希望」というバトンを受け渡していきたいと願っています。
 

今回のプロジェクトは、そんなバトンを継ぐための第1歩です。どうか、私たちとともに歩み、活動を支えてくださいませんか。多くの方からのご支援をお待ちしております。
 

 


 

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前の掲載】に関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

プロフィール

リターン

3,000

alt

ぽんぽん夜間利用券(3時間)

◇ぽんぽん夜間子ども預かりの3時間チケットです。
※友人、知人に譲渡をしていただくことも可能です。
※有効期限:2021年6月〜2022年3月
※別途で保険に加入することも出来ます。
※複数口のご支援も可能です。

支援者
0人
在庫数
50
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

3,000

alt

【3,000円】プロジェクト応援コース

◇お礼のメール
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。なお、寄付控除の対象にはなりません。
※複数口のご支援も可能です。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

alt

【10,000円】プロジェクト応援コース

◇お礼のメール
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。なお、寄付控除の対象にはなりません。
※複数口のご支援も可能です。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

30,000

alt

【企業様向け】施設内掲示板に企業名を掲載(小)

◇お礼のメール
◇施設内掲示板に企業名を掲載(小)
※企業名掲載は希望制です。
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。なお、寄付控除の対象にはなりません。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

50,000

alt

【企業様向け】施設内掲示板に企業名を掲載(大)

◇お礼のメール
◇施設内掲示板に企業名を掲載(大)
※企業名掲載は希望制です。
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。なお、寄付控除の対象にはなりません。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

100,000

alt

【企業様向け】施設内掲示板に企業名&ロゴを掲載(大)

◇お礼のメール
◇施設内掲示板に企業名&ロゴを掲載(大)
※企業名掲載は希望制です。
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。なお、寄付控除の対象にはなりません。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

野外スポーツ公園 あきちぱーく

原田 彦原田 彦

#子ども・教育

13%
現在
403,700円
支援者
19人
残り
48日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする