READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
達成

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン

冨尾 貴美代

冨尾 貴美代

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月5日(金)午後11:00までです。

支援総額

659,000

目標金額 620,000円

106%
支援者
81人
残り
8日
81人 が支援しています
金 雪梅
金 雪梅さんが13分前に支援しました
辻口 修三
辻口 修三さんが47分前に支援しました
長濵文子
長濵文子さんが5時間前に支援しました

応援コメント
長濵文子
長濵文子5時間前いつも、素晴らしい活動されています。がんばってください。いつも、素晴らしい活動されています。がんばってください。
むっちゃん
むっちゃん22時間前遅くなりました。応援しています。遅くなりました。応援しています。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月5日(金)午後11:00までです。

1お気に入り登録
1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

ピンクリボン大阪は、乳がん・子宮がんの検診啓発PR活動や

がん患者さんのサポート活動をしている団体です。

はじめまして プロジェクトにお越しいただきありがとうございます。

代表の冨尾貴美代と申します。

乳がん手術をして今年4月15日で、24年。

子宮腺筋症で 子宮全摘手術をして今年秋には 20年になります。

 

当時『乳がんですよ』と告知されたときは そのまま『死』とリンクしました。

しかし 早期発見であったこと 適切な早期治療 皆様の支えのおかげで

今も元気に過ごさせていただいています。

 

そして 『がん』で亡くなる方が減ってほしと願っています。

 

大阪府内の乳がん患者さん200名のサポートさせていただき

その任期満了後 りんくうタウン シークルに観覧車ができたのを期(2007年12月)に

行政にも声掛け がん検診啓発活動を主とした団体が誕生しました。

 

2008年2月22日に実行委員会として創設し 2008年10月りんくうタウン駅ビルや

その付近での近隣行政の方々(貝塚市・泉佐野市・熊取町・田尻町)と一緒にがん検診啓発講演会やイベント・シークル観覧車のピンクのライトアップ(大阪初)を1,000名のご来場をいただき第1回目を開催。

 

その結果 皆さんから活動の継続のお声をいただき 

2009年6月15日 大阪府より特定非営利活動法人ピンクリボン大阪を認証

現在では大阪府内21市町・京都・兵庫など主に関西圏で検診啓発活動を実施しています。

 

また 患者さんのサポートは、大阪府内のみならず 岡山・九州などの遠隔サポートも

無料でさせていただいています。同じ患者ですから。

 

 

【主な活動】

がん検診啓発イベント活動

 ・第3回『ピンクリボンまつりinはびきの』2020年7月26日(日)LICはびきの

  

 ・第13回『ピンクリボン大阪2020女性がんの検診啓発~ピンクリボンまつりin大阪~

   2020年10月18日(日)りんくうタウンシークル観覧車前クルクル広場

    https://www.youtube.com/channel/UCQCSYqOBspeXpfrc2MsvlPw

  

 ・大丸松坂屋百貨店様(梅田・京都・神戸・芦屋・須磨)での

  『10月ピンクリボンキャンペーン』に参画

  

 ・行政の健康まつり 2020年は、中止

 ・大阪国際がんセンターでの年2回講演会(6月・12月)2020年は、中止

 

地域のコミュ二ティー活動

 ・朝活交流会

 ・健康運動セミナー

 ・『はびきの市民大学』講座 今期は、中止

 

寄付キャンペン活動

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

乳がん検診受診率『全国ワースト3位』の大阪。参考;国立がん研究センター情報サービス

コロナ禍でさらに下がる検診受診率。

乳がん進行リスクから女性を守りたいと新たな啓発運動をスタートしました。

 

新型コロナウィルス感染禍の中 2020年4月・5月は、市町村がん検診は、ストップ。

同時にその後も検診をされる方もグッと減り 前年の3割ほどに。

しかし『がん』は、増えています。

 

早期発見・早期治療により『がん患者さんの生存率』は、平均90%以上!

 

検診の遅れによってがんの進行リスクが高まる中、乳がん・子宮がんの検診啓発によって受診率を高める取り組みとしてマスクに貼れる『ピンクリボンシール』を開始し

検診の声掛けプロジェクト活動をスタートします。

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

新型コロナウィルス感染予防対策であるマスクの着用中の日常化に伴い

従来の胸元などへのバッチよりもさらに目に留まりやすいマスクへのピンクリボンシールによって 乳がん・子宮がんの啓発促進を目指します。

 

新たな社会課題となったコロナ禍でのがん検診受診率低下の解決にアプローチとし

女性がん進行リスクを防止するための業界初の取り組みです。

 

そのマスクに貼る『がん検診に行こうシール』作成キャンペーンプロジェクトを企画しました。

そのシール作成のご支援応援により 多くの方へのPR訴求になります。

 

がん検診で 早期発見・早期治療により がんになっても助かる『明日へのいのち』をつなぐためにも こころも身体も笑顔いっぱいに自分らしく過ごしていただきたいと願っています。

 

皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

今回のプロジェクトにあたり

ピンクリボン大阪を応援くださっている2名の先生の協力をいただき返礼品を準備しました。

 

①画家戸田順子先生のポストカード

 

 

②陶芸家番匠谷武先生の作品

 

1979年 轟窯 西念秋夫氏に師事

1999年 シドニーにて作品展

2004年 ソウルにて作品展

2006年 中国蘇州博物館に曜変天目茶碗出品

2009年 亜州国際陶芸展招待出品(台湾)

2009年 国際陶芸シンポジウム講師(台湾)

2015年 高島屋大阪店にて第5回個展

現在    大阪工芸協会会員 韓国ソウルの壇国大学校陶芸学部客員教授

      

  麻の葉紋皿ピンク        中皿ピンク         抹茶茶碗 ピンク

   (直径15㎝)       (直径23㎝、高さ1.5㎝)   (直径11㎝、高さ7㎝)

               

 

『がん』になることは、とても辛いです。

しかし 早くわかり正しい治療をすることで 助かる命と患者さんのQOLが異なります。

『がん』で亡くなる方が一人でも減っていただきたい

命全うするまで 自分らしく生きていただきたいとのビジョンを抱いています。

 

皆さんのご支援をお待ちいたしています。

宜しくお願いいたします。

 

 

【プロジェクト終了要項】

製作物 :啓発シール

製作完了予定日:2021年3月31日

製作個数:3000枚

 

 

プロフィール

冨尾 貴美代

冨尾 貴美代

1997年4月15日   乳がん手術で右胸全摘 2008年4月~2012年3月   国際がん研究センター『患者・市民パネル』初期メンバーに委嘱   『患者必携』を作成に携わる 2009年10月   第47回 日本癌治療学会第1回スカラシッププログラムに招待されパネル展示 2011年4月~2013年3月   大阪府がん対策推進委員会患者支援検討部会委員に委嘱 2012年5月   『癌と人』第39号 P.32~P.37に寄稿   大阪大学図書館より電子媒体として全世界に配信される 2013年1月~2019年3月   堺市がん対策推進委員会推進委員に委嘱 2019年4月~2020年3月   四条畷市公募型協働まちづくり提案事業に応募採択され事業を実施

リターン

3,000

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン サポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン サポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン サポート支援ありがとうございます。

返礼品として
・戸田順子画伯のポストカード 1枚
・『地域のがん検診情報2府4県関西版』1冊
お贈りさせていただきます。

情報提供の一端にご使用いただけましたら嬉しく思います。

 
 

支援者
33人
在庫数
65
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

5,000

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援サポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援サポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援サポート支援ありがとうございます。

返礼品として
・戸田順子画伯ポストカード  1枚
・『地域のがん検診情報2府4県版』1冊
・『がん検診に行こう』シール 20部
・KN95 5層不織布マスク 1枚
お贈りさせていただきます。

『がん検診に行こう』シールをつけていただくことにより 検診の意識の訴求につながります。
是非 ご活用してくださいね。

支援者
31人
在庫数
66
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

10,000

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援シルバーサポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援シルバーサポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン  応援シルバーサポート支援ありがとうございます。
より多くの訴求につながりますように願っています。

返礼品として
・戸田順子画伯ポスター 1枚
・『地域のがん検診情報2府4県関西版』1部
・『がん検診に行こう』シール 50部
・KN95 5層不織布マスク 1枚
・PET健診優待券
お贈りさせていただきます。

支援者
14人
在庫数
完売
発送予定
2021年3月
完売しました

30,000

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援パールサポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援パールサポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援パールサポート支援 ありがとうございます。

返礼品として
・戸田順子画伯ポストカード 1枚
・『地域のがん検診情報2府4県関西版』1冊
・『がん検診に行こう』シール 50枚
・番匠谷武先生作『麻の葉紋小皿ピンク(直径15㎝)1枚
・PN95 5層不織布マスク 1枚
・PET健診優待券 
お贈りさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
3
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

50,000

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン  応援ルビーサポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン  応援ルビーサポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン 応援ルビーサポート支援ありがとうございます。

返礼品として
・戸田順子画伯ポストカード 1枚
・『地域のがん検診情報2府4県関西版』1冊
・『がん検診に行こう』シール 50枚
・番匠谷武先生作 『中皿ピンク(直径23㎝ 高さ1,5㎝)』1枚
・PN95 5層不織布マスク 1枚
・PET健診優待券
お贈りさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
3
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

100,000

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン  特別応援サポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン  特別応援サポート支援

明日の命をつなぐためにも『がん検診に行こうシール』作成キャンペーン  特別応援サポート支援 ありがとうございます。

返礼品として
・戸田順子画伯ポストカード 1枚
・『地域のがん検診情報2府4県関西版』1冊
・『がん検診に行こう』シール 50枚
・番匠谷武先生作 抹茶茶碗ピンク(直径11㎝、高さ7㎝)
・PN95 5層不織布マスク 1枚
・PET健診優待券
お贈りさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2021年3月
完売しました

プロフィール

1997年4月15日   乳がん手術で右胸全摘 2008年4月~2012年3月   国際がん研究センター『患者・市民パネル』初期メンバーに委嘱   『患者必携』を作成に携わる 2009年10月   第47回 日本癌治療学会第1回スカラシッププログラムに招待されパネル展示 2011年4月~2013年3月   大阪府がん対策推進委員会患者支援検討部会委員に委嘱 2012年5月   『癌と人』第39号 P.32~P.37に寄稿   大阪大学図書館より電子媒体として全世界に配信される 2013年1月~2019年3月   堺市がん対策推進委員会推進委員に委嘱 2019年4月~2020年3月   四条畷市公募型協働まちづくり提案事業に応募採択され事業を実施

あなたにおすすめのプロジェクト

コロナによるイベント中止 子供たちに手作りキャンドルを

株式会社ライジングサン株式会社ライジングサン

#生活用品

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
3日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする