READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。

jean1949paul

jean1949paul

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 1,100,000円

0%
支援者
0人
残り
19日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
2021年03月10日 08:18

下の抜粋。その14。『陽大に読んでもらいたい』

 思いつくままに書いた。ずいぶんと長くなった。数えると四百字詰めで九枚
半。こうなったのは『西南戦争』を読んだからだ。あんな評伝を読んだ後に、
軽く、あっさり、と問題点を指摘する訳にはゆかなかった。魂を込めて書かな
ければ書いたとは云えない。そうで無ければ読んでもらえない。
 美子は書くとは念の爆発なんだと知った。
 でもこの長さを花南の世界史の余白に断りもなく書き綴るのは失礼だ。
 そうだ。パソコンに打ち込んでプリントする。
『今、香港が騒がしい』の処に「花南。私も考えてみた」とだけ書き込む。そ                                
れを邪魔にならぬように小さい文字で書き込む。そしてプリントを折り畳んで
封筒に入れて貼り付ける。これでカンベンしてもらう。
 封筒には「陽大にも読んで欲しい」とさりげなく書く。何時か花南も陽大も
読む。その時が待ち遠しい。
 美子は一刻も早く読んで欲しかったのだ。
 我慢できなくなった。
 だったら今から中央図書館に行く。花南は今日はお休み。必ず図書館で勉強
している。花南の勉強を少しぐらい邪魔しても許してもらう。
 何せ力一杯に書いたのはこれが初めて。
 図書館に陽大は居ない。今日は水曜日。私も学校に居る。自主下校して図書
館に行く。それがイイ。『地球温暖化』は花南の感想を聞いてから考える。

 美子が図書館に着くと花南は一Fロビーの椅子に座ってサンドウィッチ。
 横にはお茶が入ったステンレスボトル。
 …そうか。もうお昼なんだ…
 美子が見慣れた光景。
「あら。美子。学校は…。サンド食べる…」
 花南の反応も何時もと同じ。
「ありがとう。いただく。学校はサボッた」
「何か在ったんだ」
「ジィとして居られなくなって。これを読んで欲しくってチャリを飛ばした」
 美子は借りていた日本史と世界史をリュックから取り出し、『今、香港が騒
がしい』の書き込みの処に貼り付けた封筒を花南に差し出した。
「ここに『花南。私も考えてみた』と書いてしまった。修正テープで消すね」
「陽大にも読んで欲しいんだ。だったら直接渡せばイイのに」
「そう思ったりもしたんだけれど、やっぱ、花南からが筋と思ってさ」
「ふ~ん。そう。『今、香港が騒がしい』はわたしも気になっていたんだ」
「あんた。書き込みに眼を通していたんだ」
「まだ読んでいないのが三つ四つ在る。西南戦争は長くて力が要りそうだった
から後回し。やっぱ。気になるもの。美子が気になったのと同じ。考えるのは
教科書をやっつけてからと思っても陽大の書き込みは教科書の一部だって気づ
いたんだ。それも教科書には書かれていない、今の、現実の課題、が組み込ま
れている。だったら教科書よりも大切って。それでさ。教科書の進み具合が一
気に遅くなった。でも。まあ。イイかって…」
 花南が封筒からプリントを取り出し読み始めた。
 途中でお茶をグィと飲んだ。
 美子は固唾を呑んで見守った。時間が停まっていた。
 花南がプリントを膝の上に置き、何を発するか考えているようだった。
「良い。『香港の今に私たちが私たちのままで…』の設定が良い。わたしもボ
ンヤリと考えていたんだ。考えると教科書が進まないから美子のように集中で
きなかった。中国は恐いが伝わってきた。私たちはどうするのかが美子のテー
マ。これは美子の全力投球。ジィとして居られなくなったのは、よ~く、分か                                
る。あんた。本当にオックスフォードに行こうと考えているんじゃない…」
「うん。私。東大には行かない。みんなと離れるのはイヤだから。行くならオ
ックスフォードに決めた。大輔や健太と遊びに来て。陽大にも伝えて」
 美子は花南から心を覗かれた。
 瞳を花南にジィ~と見つめられた。
「美子。頭を使い過ぎている。ほどほどにしないと壊れてしまう。このレポー
トは旗丸。でもオックスフォードは駄目。あんた。香港に住んでいる訳では無
いでしょう。自分の頭を大切にしないと支離滅裂が住み着いてしまうぞ」
 美子の異常に気付いたのは花南だった。
    花南にそう言われても美子からオックスフォードが消えなかった。 
    中一の時に誓った…花南に恥じない女になる…が顔をのぞかせた。
 中学も登校拒否した花南に恥じないのはオックスフォードだった。
 花南の「旗丸」は「ヤッタ」と叫び出したくなるほど嬉しかった。
 美子は花南の評価に勢いづいた。
 …私でも書けるんだ…
『西南戦争』を読み、香港を書き上げた、美子に自信と余裕が生まれた。
 興奮し、夢中になった、心が静かになった。
 …早く陽大にも読んでもらいたいな。『西南戦争』の感想を伝えたいし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
下の抜粋。その13。『今香港が騒がしい』下の抜粋。その15。『地球温暖化』
一覧に戻る

リターン

5,000

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

10,000

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』(圧縮ワープロ原稿)を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

15,000

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』をワープロ圧縮原稿を添付メールで送信します。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

20,000

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。次に『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』『』アンダルシアの木洩れ日』のワープロ圧縮原稿を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する
プロジェクトの相談をする