プロジェクト概要

シリアで紛争が始まってから5年。現地で支援を続ける団体をサポートするため、物資の運搬などに使用する活動車の購入資金を寄付します!

 

初めまして。マリアム戸谷玲子と申します。日本人のイスラーム教徒の女性です。スリランカ人と結婚するためにイスラム教に改宗して20年になります。NPO法人子どもと女性のイスラームの会の代表を務め、イスラーム教の方々と共同し、3.11の際には物資を送るなど、様々な場所で支援をしてきました。

 

人口の90%がイスラ―ム教と言われるシリアは、2011年から内戦状態にあります。5年にもわたる内戦から、国内、国外へ避難している人数は国民の半数の1170万人ともいわれています。今回のプロジェクトでは、隣国ヨルダンで活動しているNGOサダーカに、難民支援活動に必要な車を購入するための費用の1部を寄付します。

 

現地では、物資の輸送や病人の搬送に使用する車は必要不可欠です。生きるために生まれ育った土地を離れることを余儀なくされたシリアの人々をサポートするために、ご協力いただけないでしょうか。

 

(シリア難民支援のため、ご協力お願いします。)

 

 

シリアの紛争により、400万人以上が難民として国外に逃れ、5年も続く避難生活は厳しさを増しています。

 

人口の90%がイスラム教のシリアでは、2011年以来、紛争が続いています。400万人以上が難民として国外に逃れ、ヨルダンでは都市部や難民キャンプで厳しい生活を送っています。命を守るため、ほとんど何も持たずに逃げてきたため、長引く難民生活は厳しさを増しています。貧しさから、児童労働や早期結婚、武装勢力への関与などの危険に晒されています。このことを知った時、故郷を追われたシリア難民の苦難や悲劇に胸を痛め、何かできないかと考えていました。

 

そんな時に、以前活動報告会に参加して以来交流があった、ヨルダンでシリア人難民の支援を行うNGOサダーカさんから、シリア人難民をサポートするための活動に使用する車を購入したいとお話しを聞きました。直接現地に行くことはなかなかできませんが、難民として過ごす方のため、今出来る精一杯の支援をしたいと、支援させていただくことになりました。

 

(シリアの紛争被害の様子)

 

 

紛争が5年も続き、改めて支援の方法を考えた結果、一度に多くの物資の運搬が可能なミニバンタイプの車を購入することになりました

 

サダーカさんは、服を買う余裕がない難民の方のために衣類を提供したり、障害者や子ども、老人の多い家など支援の届きにくい方に家賃や必要物資の支援をしたり、お金がなくて病院にいけない妊婦のサポートなどを行っています。一度にたくさんの物資を運んだり、安全に病院に連れて行ったりするためには、どうしても大きな車が必要になります。これまではタクシーなどを使い、支援をしてきましたが、ここまで内戦が長引く今、ずっと支援を続けていくために車の購入を決断しました。

 

今回購入する車は日本でいうミニバンのような車両の購入を考えています。多くの人を乗せることができ、荷物もたくさん載せることができるため、一度にたくさんの物資を運ぶことができます。当初は日本で購入し、送ることを検討しましたが、シリアで使われている車両が左ハンドルである事と輸出規制が大変厳しいため、資金を提供し、現地で購入していただくことになりました。

 

(サダーカさんの現地での家庭訪問の様子)

 

(訪問先の家庭のキッチンの様子)

 

 

紛争によって被害を受けているひとりでも多くの方により充実した支援が届き、苦しい状況をサポートできれば嬉しいです。

 

紛争が始まった時、正直5年も続くことになるとは考えてもみませんでした。長引いたことによって、当初とは必要とされていた支援やその方法が変わり、今回車を購入することも、その1つだと思います。もちろん、原因となっている紛争自体が終わることで、状況は変わるはずです。しかし、あまりに大きすぎて、どうすることも出来ません。それに一番サポートを必要としているのは、紛争によって一番影響を受け、生まれ育った土地を離れなければならなかった難民の方だと思います。

 

ひとりひとりに出来る事には限界があります。しかし、同じ思いを持った多くの方が集まれば、大きなことができるようになり、その積み重ねが今の現状を変えていくはずです。今回購入する車で今まで以上に十分なサポートができるようになり、多くの方に支援の手が差し伸べられ、苦しい状況を少しでも緩和することができればと願っています。車を1台買うだけでは、今すぐに和平や混乱の終結には至らないと思っています。それでも、多くの人がこの困難を乗り越えて和平が来るその時が少しでも早くなれば嬉しいです。

 

(支援活動を行っているアンマン郊外の様子)

 

 

どうか皆様のご協力をお願い致します。

 

 

リターンについて

 

¥ 3,000 のリターン

■サンクスレター
心からの感謝の気持ちを、日本語とアラビア語でしたためて、お礼のお手紙を差し上げます。

 

¥ 10,000 のリターン

3,000円に加えて、

■スカーフ
イスラームの女性がスカーフをまとうのは有名ですね。感謝の気持ちを込めてスカーフをお送りします。
*デザインなどはお任せください。

 

¥ 30,000 のリターン

10,000円に加えて、

■イスラームの国に繋がる小物とお菓子
イスラームに繋がる国は世界中にあります。そんな国々の小物とハラールのお菓子やお茶を、感謝の気持ちとともにお届けします。
(種類や内容については、お任せください。)

 

¥ 50,000 のリターン

30,000円に加えて、

■マット(約72cmX108cm)
色とりどりのマットはイスラーム諸国でも有名です。感謝の気持ちを込めて、礼拝マットをお送りします。
*デザインなどはお任せください。


最新の新着情報