READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

元気に歩ける喜びを!ケニアの貧しい子どもに運動靴を寄贈

元気に歩ける喜びを!ケニアの貧しい子どもに運動靴を寄贈

支援総額

1,834,000

目標金額 1,500,000円

支援者
147人
募集終了日
2020年2月4日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています

プロジェクト本文

皆さん、こんにちは。国際NGO日本リザルツです。私たちの団体は1989年の発足以降、世界の貧困問題の解決を目指し、政策提言やアドボカシー(普及啓発活動)を行っています。

 

皆さんは、ケニアを含めたアフリカと中南米で深刻な問題となっている感染症「スナノミ症」をご存じでしょうか?スナノミ症とは、スナノミというノミの一種による感染症です。知らないうちに進行し、ひどい場合は全身の壊死につながる恐ろしい病気です。

 

 

原因は貧しくて靴が履けないからです。

 

何とかしたい…

代表の白須の陣頭指揮のもと、スナノミ症根絶に向けた取り組みを始めました。

具体的には

1.日本の皆様からいただいた中古の運動靴を届ける

2.日本の知見を活かして、スナノミ症の治療方法を確立させる

3.ケニアで「スナノミの日」にあたる3月3日を「世界スナノミの日」にできるよう働きかけをする

上記の活動をしています。

 

皆様のお陰もあり、今まで5トン以上の運動靴をケニアに輸送するとともに、すなのみ村の人々へ治療キャンペーンを行ってきました。

また、外務省の支援のもと、すなのみ村の学校が改修され、村の衛生環境が向上しました。

 

さらに、参議院の外交防衛委員会(11月7日)では、スナノミ症に関する国会質問がされ、この中で、厚生労働省が「スナノミ症は顧みられない熱帯病(NTDs)に含まれる」ということを初めて確認したことを明らかにしました。

 

現在はスナノミ症を正式にNTDsのリストに入れられるよう、働きかけを進めています。

 

皆様のお力添えもあり、スナノミ症抑止に向けた気運がどんどん高まっており、現在、2トンもの運動靴が日本リザルツの事務所に届けられています。

 

しかし、課題があります。

こうした運動靴をケニアまで輸送するためには費用が必要なのです。

 

具体的には、

国内交通費:20万円

船便代(東京ーモンバサ):50万円

関税:50万円

ケニア国内輸送費:10万円

輸送に向けた資料・検閲費用20万円

 

計150万円が必要です。

 

集まった運動靴は日本の皆様が使ったものを1つ1つきれいに洗って送ってくださっています。輸送にあたっては、ボランティアがそれを1つずつチェックして、梱包をしています。

日本国の皆様の善意をケニアの最貧困地域に1日も早く届けるためにも、是非、お力添えをいただけると幸いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寄贈するもの:運動靴
寄贈個数:2トン(1万足)
寄贈完了予定日:2020年4月30日
寄贈先:LORNAHIOSH COMMUNITY-BASED ORGANIZATION

その他:運動靴について
 収集方法:寄付
 収集状況:すでに集まっている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとみる

プロフィール

貧困削減と国際保健の改善に向けて政策提言を行うNGOです。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

気軽に応援コース

・お礼のメール
・活動状況をニュースレターでメール配信

支援者
82人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

リザルツ応援コース

・お礼のメール
・活動状況をニュースレターでメール配信
・活動内容が入った冊子をプレゼント

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

UHC実現コース

・お礼のメール
・活動状況をニュースレターでメール配信
・SDGs、UHCに関するグッズをお届け(エコバッグ、Tシャツ、特性クリアファイルなど)

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

大応援団になりますコース(企業様向け)

・お礼のメール
・活動状況をニュースレターでメール配信
・GGG+フォーラム2020等のシンポジウムで発言機会を提供
(2020年7月、東京、ルポール麹町で開催予定:詳細は2020年5月までに決定)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロフィール

貧困削減と国際保健の改善に向けて政策提言を行うNGOです。

あなたにおすすめのプロジェクト

今までなかった新しい概念で日本から腰痛を1人でも減らしたい!

大本達夫大本達夫

#医療・福祉

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
27日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする