プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

実現まであと一歩!日本とチェコの合作人形劇の上演を通じて、「生命」について問う機会を作りたい!

 

こんにちは、劇団「一糸座」の田中民子です。一糸座は、江戸時代から伝わる糸あやつり人形を継承する劇団で、今年6月に神奈川芸術劇場でチェコの伝説をモチーフにした「ゴーレム」という人形劇を上演するため、2年前から公演の準備をしてきました。

 

2年前にチェコを訪問して上演関係者と交流し、日本の糸あやつり人形を知ってもらうため、古典作品をチェコとスロバキアで上演したところ、現地の方にとても好評でした!また昨年5月には多くの方のご支援のお陰で、この上演のための関係者渡航費用と稽古場台をクラウドファンディングで集めることができました。

 

いよいよ今年6月に上演が迫った公演は、一糸座とチェコの人形遣いが共同で行う国際交流公演です。「ゴーレム」のストーリーは、チェコに伝わる伝説が元になっており、人間が土から作ったゴーレムが、次第に人間の言うことを聞かなくなり、最後には土に戻されてしまうというものです。あやつり人形劇を通して、「生命」について問う異色の舞台です。

 

しかし、稽古場の使用代と、公演のチラシ・ポスター印刷費57万円が不足しています!人形劇を通じた日本とチェコの国際交流と、皆さんと「生命」について問う機会を実現するため、ご支援をお願いいたします!

 

 

(チェコ側の演出家ゾヤさんと、一糸座メンバーです。)

 

 

日本に古くから伝わる糸あやつり人形とチェコの人形のコラボレーション

 

 2013年、一糸座代表・三代目結城一糸がチェコの伝説「ゴーレム」を人形で上演する事を企画し、このプロジェクトがスタートしました。はじめは、日本の糸あやつり人形のみで上演を予定していました。

 

準備を進めるにつれ、チェコの人形と共同で作品を創ってみたい、と思うようになり、チェコ在住の知り合いを通じて、共同制作の話を進めてきました。その一環として、今年5月にはチェコとスロバキアを訪れ、古典作品を上演して文化交流を行いました。

 

(昨年チェコ、スロバキアで日本の糸あやつり人形劇公演をした時の写真です。)

 

 

日本の人形劇と、チェコの文化を融合させた公演を「観たい!」と言ってくださる皆さんの期待に応えたい

 

昨年チェコ、スロバキアでヨーロッパの皆さんに日本の糸あやつり人形を観て頂いたところ大変好評でした。今年は古典を上演しましたが、「今度はいつ来てくれるのか、ゴーレムを観たい!」というリクエストを数多く頂きました。そこで、皆さんの期待の声に応えるべく、今年6月に神奈川で上演し、翌年にはチェコとスロバキアで「ゴーレム」を上演することを決めました。

 

また、「生命」という国境も越えた人類普遍のテーマを是非、人形で上演したいと思いました。この芝居を皆さんに観てもらう事で、改めて生命について考えるきっかけとなればと思います。さらに、日本とチェコの異なる文化を持つ国同士が一緒に舞台に立つことで、お互いの国を知り、また自国の文化を見つめ直すきっかけにもなればと思っております。

 

 

物質と生命をテーマにした人形劇、ゴーレム

 

今回上演予定のゴーレムは、このようなあらすじになっています。土で作られたゴーレムに、ユダヤ教の高僧が呪文を唱えお札を張ると生命が宿り、作った主人の命令にだけ忠実に従うようになったものの、だんだんと言う事を聞かなくなり、狂暴化し世界を破壊し尽してしまいます。

 

そこで、やむなく高僧ラビはお札を剥がし、元の土に戻すというお話です。物質と生命という人類の永遠のテーマを内在するチェコのゴーレム伝説の演劇化に、私たちは挑戦します!

 

(ゴーレム伝説を表したイラストです。)

 

 

400年以上昔から、今もなお残っている伝統文化・糸あやつり人形

 

日本の糸あやつり人形の歴史は古く、今から400年近く前からあったようですが、その発祥など詳しい事は分かっていません。古い文献によると、元和3年江戸の中橋(今の日本橋)で、糸であやつる人形を見て面白かったという記述が残っています。

 

その事からすると、その前から糸あやつり人形は盛んに行われていたようです。そして鎖国の時代に、世界でも珍しい日本独特の人形浄瑠璃が形作られたと考えられます。

 

 

 

海外の糸あやつり人形にはない、繊細な動きで表現することが可能

 

日本独特の伝統文化・江戸に伝わってきた糸あやつり人形は、海外の糸あやつり人形にはない遣い方で、技術と繊細な動きにとても驚かれます。海外では子どもに向けた人形芝居が多くありますが、演劇的な日本の人形芝居に称賛の声を頂きます。

 

特に一糸座(元江戸糸あやつり人形座)の人形芝居は、古典も型に囚われず、現代に通じる力のある人形だと言われます。新しい作品も意欲的に創作し続けているので、古典の観客だけでなく、他ジャンルの観客も観劇され、意欲的な舞台に高い評価を得ています。

 

糸あやつり人形には、人形と人形遣いの間に”糸”があります。この糸がある事で、人形遣いがいくら感情を入れて人形を遣おうとしても、思うように動いてくれません。なかなか手ごわい糸あやつり人形に挑戦し続けて、いつの間にか、虜になったような気がします。

 

(今回コラボレーションする予定の、チェコの人形です。)

 

▶公演「ゴーレム」について

 

上演時期:2016年6月5日〜12日

開場:神奈川芸術劇場 大スタジオ

チケット販売開始時期:2016年4月20日〜

 

作・演出:天野天街 / チェコ側演出:ゾヤ・ミコトバー

人形製作:林由未(チェコ在住人形作家)

人形:結城一糸・結城民子・結城敬太 他 一糸座

   チェコの糸あやつり人形遣い・3名予定。

 

 

▶皆様のご支援は、以下の使途に充てさせて頂きます

 

稽古場使用代:345,000円

チラシポスター印刷代:135,650円

手数料:86,517円

計:567,167円

 

 

生命という問題にも深く関わってくるこのテーマを、是非人形で上演したいと思いました。この芝居を観客の方に観てもらう事で、もう一度、生命について考えるきっかけとなればと思います。

 

日本で上演した翌年には、ヨーロッパでのツアーも企画しています。日本の伝統文化・糸あやつり人形をチェコ及び、ヨーロッパ各地に紹介する事ができ、その舞台を観た各国の演劇関係者と新たな作品創りを行う事も可能となると期待しています。

 

日本とチェコの国際交流劇を通して、皆さんと改めて「生命」ついて問う貴重な機会をつくるため、皆様の応援とお力を、どうかお貸しください。

 

 

糸あやつり人形 『一糸座』公式ホームページ:http://www.acephale.jp/

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ リターンについて ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ご支援いただきました皆さまには、お礼に下記のリターンをお送りします!

 

◎サンクスメール

 

◎ゴーレム人形(小)ストラップ用

 

◎公演DVD


◎公演台本


◎糸あやつりゴーレム人形

 


最新の新着情報