開かずの引き出しのはずが、

ふと開けてみると開いて、

その中から、だるまの絵が出てきた。

古道具屋さんが来たときには、

開かなかったのになあ。

物理学の法則になにか、

変化があっただろうか。

 

 

家は古く、タンスは湿る。

家のウラ側に多少でも日が当たって、

湿気がなくなるように樹木のせん定をした。

自然に生えてきた木はどうにもとまらない。

でもなにか、少しでも役に立つかも知れないと、

あきらめずにやってみる。

 

歴史的な建物を保存する会の方から、

ご連絡があった。

様子を見に行きますよと言ってくださった。

もう、いろいろな方々にお世話になっている。

これも、とにかくクラウドファウンディングを

やってみようと思った結果である。

 

さて、あと、10日を切って、

引き出しからでてきただるまの絵が

あきらめず、がんばれよ、

とメッセージを送ってくれているように思えたきた。

母屋はどうなるか、どきどきしながら、

床をめくる準備。

古い家を持つ人のファーストステップは、

まるでパズルのように人をつなげるのだな。

ありがとうをいっぱい言う夏。

8月30日午後11時が公開期限となりました!

新着情報一覧へ