親子で担うフラワーアート展&平和メッセージコンクールご報告

 9月7日 国連ユネスコ本部にて、花と平和の祭典を無事に開催してまいりました。日本は台風の心配があったとの事でしたが、パリはお天気に恵まれパリ在住の沢山の皆様がご参加くださいました。

 会場には、花と平和の祭典に出展された沢山の作品と子ども達の作品が並べられ、明るく華やかな空間になりました。

 

温かい雰囲気のなか、朗読会ではご参加くださった皆様が子ども達からのメッセージに真剣に耳を傾け また展示された原本や添えられた写真をご覧になり、こんなに可愛らしいく若い子どもたちが こんなにも素晴らしい文章を書くのかと非常に感心されておりました。制作会を行い、平和を皆で考えた後に書かれたものが多数だという経緯をお話すると、更に 素晴らしい取り組みだとおほめの言葉を頂戴し、今後も継続してくださいとお言葉を頂きました。

また、作品に添えられた和紙の折鶴や兜・お三方は高い関心を得ました。平面の紙から作られたものとは思えない。この素晴らしい文化を大切に守って伝えてくださいと応援を受けました。

 皆様のおかげ様で、アットホームな雰囲気の中 本イベントを無事に終えることができました。ご支援くださった皆様、ご関心を寄せてくださった皆様、心より有難うございました。この事を子どもたちに伝え、それぞれの今後に繋げられるよう、このイベントを生かしていきたいと思います。

 今年は日本が国連に加盟して60周年です。記念として花のある街振興会では11月に加盟国にお花をお渡しするイベントや日本の若いアーティストの応援イベントを企画中です。

今回のパリでの活動を継続し広げて行けるよう、日本の子どもたちに今度は現地に行き実際にメッセージ発信をしてもらう機会が持てるように活動して参ります。これからもよろしくお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています