2人目のストーリーの紹介をします。彼はRwanda Children's Hopeを設立するきっかけをくれました。当初は彼を通して「小さな支援のインパクトの実験」をしていました。彼の人生を通して小さな支援が現地でどれだけ一人の人間、そして家族や国といった環境を変化させることが可能なのか、彼を初めとする多くの子ども達が教えくれました。今後も彼を初めとするRwanda Children's Hopeの子ども達を通して、温かく見守っていきたいと思います。

 

 

【ジョンのストーリー】

ンダヤンバイエ・ジョンと言います。Rwanda Children’s Hopeが自分の人生をいかに助けてくれているのかをここで共有させてもらえればと思います。まず初めに、私は10人家族に生まれました。娘5人、息子3人、そして両親です。私はその中で長男です。小学時代は、父は遠方にいたので、私達の世話を全部することは簡単ではありませんでした。この状況から、自分の教育費捻出のためと家族を守るために、子どもだとしても関係なく責任をもって長時間労働をしていました。


金曜市場の日に、授業を抜け出し、人々の荷物を運んだりしてわずかながらお金を稼いでいました。土曜日は森に売るために薪を取りに行きました。これらで稼いだお金で、小学校の授業料や必要な物品に費やしました。当時は授業料はそこまで高くなかったので、残りのお金で安い食べ物を買い、家で食べてました。小学校6年生では、私はトップの成績を取り、最優秀学生の一人となりました。

 

しかし、不幸にも父は私を中等教育に送る支援ができませんでした。他の子達が中等教育に進んでいるのを横目で見ながら、私はただ一か月家にいるだけで過ごしました。その後、政府からの支援を求めることを決め、(カランガジの)セクター事務所に行きました。

 

興味深いのはまさにその時にンタンバラ・ロバート、カバシンガ・ファティア、そしてファティアの妹であるレヘマに会ったことです。誰もお互いのことを知りませんでした。そして、私はロバートと同じような状況にいて、政府からは支援ができないと言われた直後でした。ファティアが私を一年間支援してくれることになったのです。その後の支援は今に至るまで結子とMr.Doiが一緒に支援してくれています。本当に驚くべきことです!私の夢は勉強を続けることです。よって、Rwanda Children’s Hopeは私の大学進学までサポートしてくれています。

 

まず第一に、中等教育に進学することさえも希望をもつことができませんでした。私は自分の人生に選択肢がありませんでした。しかし今は目的をもった人生になりました。私の人生は大きく変化し、さらなる変化を期待しています。

 

同様に、ここには人生に対する希望を失った若者がたくさんまだいます。かつての私のように。しかし、彼らは次世代の将来のリーダーです。彼らは自身の人生をやり直す必要があります。本当に、Rwanda Children’s Hopeによって支援を受けた若い世代の私達は変わりましたし、そしてさらなるよい変化を予感しています。

 

私は人々の人生が変化することに関わりたいですし、見届けていきたいです。どれだけ自分の人生が変化したかを体験しているので、これらは可能であることは知っています。さらに、Rwanda Children’s Hopeが自分の人生を変えただけではなく、自分の家族も大きく変化しました。自分がここまで勉強を続けられることを喜んでくれ、そしてその後に本当に期待するようになりました。

 

Rwanda Children’s Hopeの活動が貧困にあえぐルワンダや世界中の人々まで届くように祈っています。この機会に、ぜひファティア、結子、そしてMr.Doiに感謝させてください。

私達の人生に与えてくださっていること、そしてRwanda Children’s Hopeを通して私達の未来を形作っていること、あなた達にただ本当にありがとうと伝えたいです!

 

上記に関係して、大量虐殺があったここルワンダでは、多くの孤児や貧困そしてそれらに関する問題がまだたくさん残っています。だからこそ、あなた方の素晴らしい貢献に感謝しています。その行為は私達の人生を変え、私たちの家族、国、そして世界に大きな影響を与えています。ありがとうございます!

 

【以下、英語原文↓】

This is Ndayambaje John and i would like to take this privilege to share with you my testimony about how Rwanda Children’s Hope has much contributed in my life. First and foremost i was born in a family of ten members: five daughters, three sons and our two parents. More so am oldest son in my family. So during my primary school, my father would be far away from at home looking after us. However, it would not be easy for him to take care of each and everything back at home. This had brought to me to engage into some responsibilities and overworking activities irrespectively to my childish so i decided to look for how i can get money to support me at school and even at home.

 

I took friday and this was a market day so i would rather dodge the class and go to the market through carrying people's laggages i could make some little money then on the saturday i could go into the forest and try to collect some firewoods for sale. Then the money that i have got in total, some money i would use for school fees and other requirements because by then the fees was not much and the rest money i would use to buy some cheapest kind of food to take back at home. Good enough at the end of my primary six i was among best students in the school with best grade.

 

Unfortunately my Dad could not help me to go to secondary school, so i spent almost the whole month at home while other my colleagues had already gone to schools. Later alone i decided to go and look the support from the government .So i went to the sector office but i found no help.

 

The interesting thing here is that from that very moment i met with Ntambara Robert, Pastor Kabasinga Fatier and her sister Rehemah, no one of us knew each other before. Likely i was in the same situation with that of Robert and since there was no more help to offer at all, Pastor Fatier started helping me for one year only but with the help of Ms. Yuiko, Mr Doi begun to help me until now its amazing! and my dream is to continue my studies. Therefore with such long journey of mine, Rwanda Children’s Hope has much helped me to reach at the University.

 

Primarily i had no hope to join even secondary school, i had no any other alternative for the life but now my life has purpose and my life have been changed and i do expect more changes.

 

Likewise there are still many young people who have lost hope for their lives like as i was before yet these are next generation, future leaders and all these needs their lives restored back and most of the young generation that are being helped by Rwanda Children’s Hope, truly we have changed and we do anticipate more changes.

 

I wanna engage and see peoples's lives changing and I know this is possible because i have seen how much mine have changed. Furthermore not only Rwanda Children’s Hope has changed my life but also i have seen a big change in my family because they are so happy for my education and they do expect much more after my studies.

 

Further still i do wish to see Rwanda Children’s Hope activities expanding to also some other needy parts of the country and the world at large. As i conclude allow me to take also this an opportunity to appreciate so much Pastor Fatier, Ms. Yuiko, Mr. Doi for what you are doing in our lives and i do not know how much i can appreciate to you for the all things you have done and still doing them into our lives and also you all of you who are working together with Rwanda Children’s Hope in building and shaping our future, i just wanna say thank you so much all of you! .

 

In relation to above, here in Rwanda because of genocide that our nation had gone through, it had left scattered many orphans and poor and other related problems. That is why i thank you so much all of you for the great contributions and this is changing our lives but also have a big impact to our families, country and the world in general. Thanks so much!

 

新着情報一覧へ