2,000年前、中国で生まれた伝統芸術で,縁起の良い花や動物を組み合わせて出来たものです。東周(紀元前770年ー紀元前256年)の時青銅器で上で書かれる鳥蟲書から発展してきました。越王勾踐剣剣には鳥蟲書で「越王勾践 自作用劍」とあり、越王勾践自身が作成して用いた剣だと刻字されています。始皇帝のお玉璽にも鳥蟲書でかかれました。そのあと漢、唐の改良発展を通じて、花文字が成熟になり、明清の時全国流行していました。現在でも、子供の誕生日、転居、商売などのお祝いとして使わています。一つの文字を龍、鶴、朝木、蝶、鳥、花などを組み合わせてかかれました。祝いのことばや自分の名前を書いて、玄関とか、壁、机の上に飾れます。
 花文字が美しい、縁起の良いものですし、作るのを鑑賞するのもすごく楽しいです。特に子供達が花文字の製作をエンジョイします!https://www.youtube.com/watch?v=Zm1RwkYszL4&feature=share

新着情報一覧へ