プロジェクト終了報告

2016年12月05日

おかげさまで、学園祭で多くの方に花文字を知ってもらいました。


「花文字」のプロジェクトを支援してくださった方々へ

 おかげさまで、埼玉大学学園祭で花文字師を招待して、現場出演することができました。

 皆様のご支援を心より感謝いたします。

 学園祭の状況を皆様に報告いたします。

 学園祭は11月24日〜26日でした。

 『花文字』の営業は:

 11月24日 12:30ー17:00

 11月25日 10:00ー18:00

 11月26日 10:00ー18:00でした。

 商品は花文字はがき(250円/枚)

       年賀状(300円/枚)

       花文字額(小:1,000円 大:1500円)

       扇子(1,000円)

       守りカード(500円)でした。

 多くの方に花文字を知ってもらいたいので、レーディフォーでプロジェクトを出して、資金を調達しました。みなさんがご支援してくださったおかげで、横浜中華街の1/3から1/2のお値段で売りました。例えば:横浜中華街では花文字が一文字500円から800円です。そして扇子、額は別料金で1,000円から2,000円かかります。学園祭で4文字以内額、扇子を含めて1,000円、1,500円で販売しました。1,500円のお守りカードも500円で販売しました。

 3日間の120人ぐらいの方が花文字を買ってくれて、みんな「きれい」と言ってくれました。ほんとに嬉しかったです。

 「マツコの知らない世界」に出演しましたため、前依頼した花文字師の先生は仕事が忙しくなりまして、学園祭に来られなくなりました。24日、25日は弟子さんを来てもらって、26日は友達に来てもらいました。

 24日、54年ぶりに11月の初雪が降りました。朝横浜に行き花文字師を迎えました。その方は中国南地方の出身なので、そんなに大きな雪を見るのがはじめてなので、すごく楽しくて、いっぱい写真を撮って家族に見せました。

 平日かつ雪で、初日学園祭にお越しの方が少なかったでした。しかし、その日18人の方が買ってくれまして、思う以上多かったです。足元の悪い中来ていただいて本当に感謝します。

 25日は天気が良いので、40人が買ってくれました。

 40個の花文字額を用意しましたが、二日で売れ切りました。26日は花文字守りカードを売りました。

 26日土曜日はすごく良い天気に恵まれましたので、大勢の方が学園祭に来てくれました。花文字も60人ぐらいの方が買ってくれました。一人4枚、5枚買うお客様も何名いらっしゃいました。守りカードは小さいなので、額より描くのは時間がかかりました。1枚を書くのに8分間〜10分ぐらいかかりますので、待つ時間が長かったです。元々お客様に自分の名前を書くのを見てもらいたかったが、待つ時間が30分から1時間、1時間半までどんどん伸びましたので、整理券を配て、後で取りに来てもらいました。4時ぐらいの時整理券の配りが終わりました。その後も何名の方々書きたっかたですが、2時間くらいを待たなければなりませんでしたので、すごく残念で、書けませんでした。
 先生は朝10時から夜6時までずっと描いて、トイレに行く時間さえなかったです。

「花文字を5年ぐらい書いていましたが、今日は一番多いでした。」と先生はおっしゃいました。私も守りカードはそんなに人気なのは考えませんでした。多くの方々が花文字を好きにしてくださって、本当に嬉しいでした。

 学園祭で面白いこと:

 ①せっかくのチャンスで、「漢服」を着て花文字を販売しました。いろんな方から「可愛い」と言われて、一緒に写真を撮りました。

 ②初日(24日)ある方が花文字額を買ってくださいました。埼玉にも日本人の花文字師がいらっしゃることを教えてくれて、連絡方法を聞いてあげるとおっしゃいました。26日、その方がわざわざ来てくださり、前言った花文字師は実は沖縄で住んでいるのを教えてくれました。わざわざ聞いてくださって、教えてくださいまして、本当に感動しました。

 ③25日ある方が二つの花文字額を買いました。26日二人の友達を連れて、また3つ欲しいと来てくださいました。3人の子供に作って上げたかったでした。額がなくて本当に残念でしたが、そのようなリピート客ができたのは嬉しかったです。

 ④多くの日本人の方特に子供たちに花文字の書く過程を見てもらいたいです。でも実際現場で見ってくれた子供はそんなに多くなかったです。パパママが買って上げて、出来上がった自分の花文字名前を見るのがほとんどです。それは予想外でした。でも、みんなできた自分の名前が可愛いって言ってくれましたので、良かったです。

 ⑤26日東京の大学に通った米山奨学生の先輩が見学に来ってくれました。彼も学園祭で花文字師を招待して現場実演するのを考えています。本当に各大学の学園祭で花文字が現場実演できれば、中国のその文化を広げるとこができます。そうなるように頑張りたいです。

 今回のプロジェクトの資金利用状況は以下の通りです。

 

 1.支援金の利用状況:

 学園祭祭費とレンタル費:22,500円

 リターンと学園祭材料購入費用:63,158円

 人件費(一部):50,000円

 手数料:26730円

     合計:162,388円
 2.学園祭の収支状況:

 

売上

費用1(人件費など)

利益

24

15,750

12,641

3,109

25

48,150

29,165

18,985

26

71,460

40,846

30,614

 

135,360

82,652

52,708

そのほかの費用

 

 

 

花文字師へのお礼

5,378

 

 

打ち上げ費用

9,832

 

 

 

 

残り:37,498

 

(1:花文字師に売上の50%をさしあげます。また食事代、交通費など)

多くの方に花文字の魅力を知っていただきたいため、極めてやすい値段で販売しましたので、3日の営業で実際の営利は52,708円でした。皆様のご支援がないと2万ぐらいの赤字になります。今後学園祭で花文字を現場実演したかったら、人件費と商品の値段を検討しなけれなりません。今回は皆様のご支援がないと、学園祭で花文字師を現場出演することが成功できませんので、誠に感謝いたします。