プロジェクト概要

 

室内型野菜工場をつくり、

農作業を通して障害のある方へ生活のサポートをしたい

 

初めまして、萱嶋元明です。これまで20年以上八百屋をやってきた中で、安心・安全・新鮮な野菜を販売できないかと考え、研究に研究を重ね複合微生物菌の特性を生かした栽培方法を開発致しました。また、私が考案した室内型野菜工場を宮崎県経営革新より承認をもらいました。

 

今年の春に精神障害で引きこもりの方と畑仕事する中で、生きる力を引き出していた姿を目の当たりにしました。「農作業で、障害のある方への生活の支援ができるかもしれない」と思った私は、”安定作業”*と”安定出荷”*をするために欠かすことのできない環境として露地栽培でなく、室内栽培をするための野菜工場をつくるプロジェクトを立ち上げました。これまで重労働であった野菜栽培を軽作業でできる農作業へと転換し、私の室内型野菜工場で、そういった方への就労支援をしたいと思っています。

 

障害者手帳を持たない方への支援が行き届きにくくなるところを農家である私がサポートします。室内型野菜工場の実現へ、皆様のご支援をどうぞよろしくお願い致します。


*安定作業:夏涼しく冬暖かく、10kg以上の荷物持たず時間に追われない作業

*安定出荷:出荷先と決めた数量を毎日出荷できる出荷

 

知的障害をもった方とほうれん草を洗い、袋詰め作業。

 

 

自分が栽培したものを地域の人に買ってもらう喜び

 

ある時、西都市の福祉課の方から、ひきこもり期間の長い若い男性の方を紹介され、今年春に精神障害で引きこもりの方と畑仕事をして、訓練校に行くきっかけをつくったりしました。自分が栽培した物をスーパーの方に買っていただき、注文、販売されていくのを見て、彼の中に人のために生きる意欲が出てきたようでした。

 

このことで、ある福祉関係人から「障害者手帳をもたない引きこもりの方などを社会復帰のきっかけのお手伝いしてもらえないか」とお話がありました。野菜栽培を通して人に活きるエネルギーを与えることができるのではと思った私は、室内野菜工場をつくることを決めました。

 

宮崎県経営革新より承認を得た室内型野菜工場。今回は、就労支援の場にするために新たに作ります!

 

今回つくる、室内型野菜工場イメージ:DOME HOUSE

 

 

野菜にも、働ている方にとっても、安心な室内型野菜工場。

斬新なアイディアは何度も否定され、今、プロジェクトとして芽を出します

 

宮崎県は台風が多く、夏は高温のため、葉物が年間通し栽培しにくく、化学薬品を使うところが多い中で私は、安心安全な物を提供し差別化をはかろうと考えました。働いている方も安心して栽培の作業ができる環境である室内型野菜工場をつくります。


今回購入する施設は、180㎝×180㎝×270㎝のボックスを使います。室内は、断熱材で覆い、天上には窓を作り、白色細かな網を重ねて貼ることで熱を極力遮断し光を取り込みます。天候不順なときには蛍光灯を使えるようにします。地中10メートルの空気を取り入れ、室内に循環することで室内の温度一定にし、空気をクリーンにすることで、野菜にとっても働いている方にも良い環境にします。培地は籾殻に堆肥と腐葉土とことしずく「独自発酵液肥」を発泡スチロールに入れて作り、年間通して安定栽培をします。

 

発泡スチロールで栽培したほうれん草が無事に育ちました。

 

発泡スチロールの中にもみ殻を入れる栽培は、平成15年に発泡スチロールの中に水分吸収材として籾殻を入れて分解した際に、間違って入れた野菜の種が成長したことで生まれた栽培方法です。あまりにも斬新なので農家の人や学者の方にも相手にされず、何度も否定されました。その中で西都市の福祉課の方が興味をもたれ、栽培の写真を見せたところ、「室内栽培ができるのであれば1度試してみるか」と言われました。室内なので、毎日の仕事になり引きこもりの方や高齢者の方に運動感覚作業してもらえます。

 

販売先は、宮崎生協さんと相談をしていますので、作業いただいた方にお小遣いぐらいのお金をお支払できます。また、特別な作業服は必要なく、私服で十分に作業ができるので経費をかけずに作業ができます。

 

19年前に末期癌と宣告されましたが、野菜栽培で元気を取り戻した。今は野菜栽培のパートナー。

 

 

農作業でみんなのために自分を使う一歩を踏み出す。

傍を楽に。はたらく。働く。

 

今回のプロジェクトが実現すると、重労働であった野菜栽培を軽作業でできる農作業とすることができます。そうすることで、障害者手帳がなく、サポートが受けにくい方にも、仕事や社会に興味をもつきっかけとなるでしょう。自分が栽培した野菜が販売されることで、仕事への意欲をもってもらい、将来の生活設計を立ててもらうことで社会復帰のきっかけとなることを願っています。

 

障がい者手帳を持っていなく支援が届いていない方へ、農家の私ができること。室内野菜工場で、社会と繋がり、生活設計を立てるお手伝いをしたい!皆様のご支援をどうぞよろしくお願い致します。

 

生協さんと宮崎県のオーガニックレストランからもオファーがあるオーガニックほうれん草。

 


◆◇ご支援金の使途について◇◆
中古コンテナ(野菜栽培用)購入費
 


◆◇リターン◇◆
【3,000円】サンクスレター
・感謝の気持ちを込めたお礼のお手紙を送らせていただきます。
 
【10,000円】無農薬・無化学薬品のお野菜コース
・サンクスレター
・サラダホウレン草をはじめ、無農薬・無化学薬品の野菜

 

【10,000円】就労支援!室内型野菜工場応援コース

・感謝の気持ちを込めたお礼のお手紙を送らせていただきます。
 
【30,000円】食べて、観て楽しむ!無農薬・無化学薬品のお野菜と観葉野菜(テーブルベジタブル)コース
・サンクスレター
・サラダホウレン草をはじめ、無農薬・無化学薬品の野菜
・観葉野菜(テーブルベジタブル)

 

【30,000円】就労支援!室内型野菜工場応援コース

・感謝の気持ちを込めたお礼のお手紙を送らせていただきます。

 
【50,000円】3シーズンでお届け!無農薬・無化学薬品のお野菜コース+観葉野菜(テーブルベジタブル)コース
・サンクスレター

・サラダホウレン草をはじめ、無農薬・無化学薬品のお野菜を3シーズンでお届けします。
・私共の技術で作りました、観葉野菜(テーブルベジタブル)*
*寒天を培地にして常温で室内栽培できる野菜が、テーブル・ベジタブルです。
スプラウト、葉物、トマト、大根、じゃがいもまで育ちます。

 

【50,000円】就労支援!室内型野菜工場応援コース

・感謝の気持ちを込めたお礼のお手紙を送らせていただきます。