READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

人口7,000人の小さな町を舞台に音楽とアートで町おこし!!

京都南丹Yagi-JAM実行委員会

京都南丹Yagi-JAM実行委員会

人口7,000人の小さな町を舞台に音楽とアートで町おこし!!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月19日(火)午後11:00までです。

支援総額

38,000

目標金額 2,000,000円

1%
支援者
8人
残り
17日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月19日(火)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

 初めまして、京都南丹Yagi-JAM実行委員会の代表の國府 美紀(こくふ みき)と申します。

 私は、大分県で生まれ育ち、25年ほど前に京都府南丹市八木町へ嫁いできました。

 3人の子宝にも恵まれ、地元の団体職員として18年ほど福祉職に携わってきました。

 南丹市は京都府の中央に位置し、特に八木町は桂川の支流である大堰川という川が中央を流れ自然豊かな風光明媚な地形です。

 この川は、かつては北山杉を京都まで運ぶ運搬ルートで、八木町を起点とし、トラックに積み替え陸路で京都まで運んでいたそうです。

 当時の八木町は人々の行き交う拠点であり、百貨店の建設も計画されていたような商売も盛んな街でありました。

 しかし、現在は自然は豊かであるが“何もないただの田舎”

生まれ育つ子供たちの印象も年に一度の花火大会が唯一の楽しみであり、進学や就職を機に町を出る若者が後を絶たない状況となっています。

 その唯一のイベントであった花火大会も昨今の状況から、開催もできず本当に街を代表するイベントまでも衰退してしまいました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 コロナか禍前の八木町では、関西を代表する花火大会の名所でもありました。

 生まれ育つ子供たちをはじめ、地域で暮らす方々もこの年に一度の花火大会に町を離れて暮らす家族や親戚縁者の来訪、並びに人口の10倍ほど訪れる観覧客の来訪での賑わいを楽しみにされてきましたが、15年ほど前より花火大会だけでなく賑わいの拠点として一端を担える酒蔵Liveを開催。「プロの音楽を大人の空間で聴けたら」と地域の酒蔵を拠点に始まった酒蔵Liveでは、日本の音楽業界を牽引してくださったプロ歌手の方々が、小さな田舎町に毎年足を運び軽快なビートを響かせてくれた。 

 実行委員組織を設置し、担っていた面々が本物の音楽に魅了され、いつの間にか自分たちでも音楽を奏でたい。そして音楽を好み、未来を担う若者たちにもLive会場を提供することができたらと考えるようになった。 最初は苦悩の連続であったイベント計画も、地域の方や音響設備を担う業者・企業の方々の協力を得て2009年より野外Liveとして開催できた。 

  ステージの側を流れる大堰川、連なる山々

 をバックに演者は音を奏で、自然と音楽との

 融合。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤には夕焼けが空を染めクライマックスのステージは絶景のシチュエーションとなった。

 その感動が忘れられず、演者たちが自費を補填しながら開催を続けてきた野外Live…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、昨年は京都府の事業「京都府域展開アートフェスティバル~もうひとつの京都」を6開場で開催した中の南丹市開場に選出された。 京都府で選考されたアーティスト5名が映画監督“荒木 悠”が選んだこの地に集結し、お互いを切磋琢磨しながら、作品作りに取り組みひと月の開催期間を迎えた。 作品は、かつては八木町のメインストリートとして賑わっていた飲食店や洋服店。 現在は、空き家となったが、レトロ感漂うバーカウンターに妄想の世界の広がる映像が妙にマッチした。 それぞれの家屋が持ち合わせる雰囲気にアーティストの作品の持ち味が溶け込み、色褪せたまちの景色が一変した。 京都府南丹市八木町というまちにわざわざ訪れる人はいない…。 しかし、この会期中日本全国はもちろんのこと、アメリカやイギリス海外の方もこの八木町に足を運んでくれた。 一瞬でも会期中の賑わいは、かつて栄えた町の記憶を蘇らせた。 町を離れた高齢者は当時の賑わいを語り、現状を悔しいと嘆いた。

 

▼プロジェクトの内容

音楽イベント7月16日に「京都南丹YagiーJAM in Summer Carnival!」を室内ステージにおいて開催する。10名程のアーティストが様々な音楽を繰り広げ、開場付近では販売ブースを設け、来 場しないと購入できない南丹市の逸品や地元の食材を活かした食品が軒を連ねる。10月10日には、開場を河川敷の野外に移し、自然の中での音楽やパフォーマンスを繰り広げる。

同じく10月10日からは、JR嵯峨野線 八木駅で降り立ち京都の名所桂川の支流である大堰川へ続く街並みに芸術品や写真アートを点在させ、10月23日まで南丹アートフェスティバルinやぎを展開する。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

このプロジェクトを毎年続けていくことで音楽や芸術で地域を盛り上げ、賑わいの創出をし地域で活躍するアーテイストや地元出身等縁のあるアーティストの応援、地場産品を活かした地産地消の応援。

そして、地域の宝である資源を生かした八木の魅力の発信を行い、国内外の方に楽しい!おもしろい!行ってみたい街をPRし、移住者を迎え入れ人口増を目指し、地域に住む方々の心豊かな暮らしに結び付けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
國府美紀(京都南丹Yagi-JAM実行委員会)
プロジェクト実施完了日:
2022年7月16日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

京都南丹Yagi-JAM実行委員会で開催する今年度のイベント(音楽Live(屋内・野外)とアートフェスティバル)での会場費43万円、音響設備50万円、広報費10万円、備品購入等20万円、衛生費5万円、人件費30万円、保険料2万円、消耗費費10万円ほか

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は、自己資金より補填する。また、それでも足りない場合は規模の縮小や実行委員会で協賛金を募る。

プロフィール

音楽や芸術の力で地域を盛り上げ、地域の資源を生かした八木の魅力の発信を行い移住や定住を視野の入れた賑わいの創出など、SDGsの取り組みも鑑み、次世代へ続く持続可能な活動を展開しています。

リターン

2,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ

感謝のメールを送ります。

支援者
1人
在庫数
49
発送完了予定月
2022年9月

3,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ2

感謝のメールを送ります。

支援者
0人
在庫数
50
発送完了予定月
2022年9月

3,000+システム利用料


友禅和紙 メモ帳

友禅和紙 メモ帳

感謝のメッセージ
友禅和紙で作成したメモ帳をお届けします。

支援者
1人
在庫数
3
発送完了予定月
2022年9月

3,000+システム利用料


イチゴジャム

イチゴジャム

感謝のメッセージ
八木町で生産加工された甘味多いイチゴをジャム(JAM)にしました。

支援者
4人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年9月

5,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ3

感謝のメールを送ります。

支援者
2人
在庫数
28
発送完了予定月
2022年9月

5,000+システム利用料


友禅和紙 御朱印帳

友禅和紙 御朱印帳

感謝のメッセージ
八木町の企業が作る逸品「友禅和紙 御朱印帳」

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年9月

5,000+システム利用料


浅野陶房 小皿2枚

浅野陶房 小皿2枚

感謝のメッセージと
浅野陶房の小皿2枚セット

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年9月

5,000+システム利用料


ブローチ

ブローチ

感謝のメッセージ
くみいとや綺羅のくみいとで作られたブローチ

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年9月

8,000+システム利用料


櫟工房 木製皿

櫟工房 木製皿

感謝のメッセージ
櫟工房 木製皿

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年9月

8,000+システム利用料


一輪挿し

一輪挿し

感謝のメッセージ
kotonariの一輪挿し

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2022年9月

終了しました

10,000+システム利用料


くみいとや綺羅 ストール

くみいとや綺羅 ストール

感謝のメッセージ
くみいとや綺羅 ストール

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年9月

20,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ4

感謝のメールを送ります。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年9月

20,000+システム利用料


浅野陶房 徳利

浅野陶房 徳利

感謝のメッセージ
浅野陶房 徳利

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年9月

20,000+システム利用料


サクラ陶房 徳利と猪口

サクラ陶房 徳利と猪口

感謝のメッセージ
サクラ陶房の徳利と猪口

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年9月

20,000+システム利用料


alt

ストールとブローチ

感謝のメッセージ
くみいとや綺羅のストールとブローチ

支援者
0人
在庫数
4
発送完了予定月
2022年9月

30,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ5

感謝のメールを送ります。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年9月

30,000+システム利用料


alt

SummerCarnival!DVDとグッズ

感謝のメッセージ
当日の模様を収録したDVDと京都南丹Yagi-JAMグッズ

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年9月

50,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ6

感謝のメールを送ります。

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年9月

50,000+システム利用料


alt

くみいとや綺羅工場見学とストール作り体験

感謝のメッセージ
くみいとや綺羅の工場見学とストール作り体験「有効期間:発行日から6ヶ月内」
※農繁期は対応ができにくい場合もございます。
※万が一店舗運営が中止・中断された場合も返金はございませんのでご了承ください。

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年9月

100,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ7

感謝のメールを送ります。

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年9月

100,000+システム利用料


alt

丸山染工工場見学と友禅和紙染体験

感謝のメッセージ
丸山染工工場見学と友禅和紙染め体験「有効期間:発行日から6ヶ月内」
※万が一店舗運営が中止・中断された場合も返金はございませんのでご了承ください。

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年9月

プロフィール

音楽や芸術の力で地域を盛り上げ、地域の資源を生かした八木の魅力の発信を行い移住や定住を視野の入れた賑わいの創出など、SDGsの取り組みも鑑み、次世代へ続く持続可能な活動を展開しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

農福連携で農作業をしてくれてる障害者のためにトイレを作りたい! のトップ画像

農福連携で農作業をしてくれてる障害者のためにトイレを作りたい!

齊藤 来実齊藤 来実

#フード

14%
現在
213,000円
支援者
7人
残り
30日
まちを支える生態系作りを応援しよう! 世田谷コミュニティ財団友の会 のトップ画像

まちを支える生態系作りを応援しよう! 世田谷コミュニティ財団友の会

一般財団法人世田谷コミュニティ財団一般財団法人世田谷コミュニティ財団

#まちづくり

継続寄付
総計
1人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする