AAR緊急支援チームは7月20日、愛媛県大洲市にある障がい児の放課後デイサービスを行うNPO法人「歩(あゆむ)」を再訪し、必要とされていたお米やオムツなどをお渡ししました。

 

障がい児の放課後デイケアサービスを行うNPO法人「歩(あゆむ)」の矢野様へ、
必要とされていたおむつを届けました(右はAARの田中晴子)


その際、冷蔵庫が水没して使えなくなったと伺い、電気店を回り冷蔵庫を見つけ提供したところ、酷暑の日々が続く中、これで子どもたちの大好きなアイスクリームをおやつに出せるようになると、職員の方々も喜んでくださいました。子どもたちの大喜びの笑顔にも癒されました。


その後、同じく大洲市にある、障がい者の自立支援を行うNPO法人「すたあと」を再訪しました。同施設は、水害により机もいすもなくなってしまい、利用者の方々が床に座って作業をせざるをえない状況でした。また電話機も水没して使えない状態だったため、AARは机2台といすを4脚、そして電話機を提供しました。


AARの迅速な支援は、皆さまのご寄付のおかげで行うことができます。心より感謝申し上げますとともに、引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

 

▼プロジェクトページはこちら

 

新着情報一覧へ