READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

寄附が2倍:あなたの寄付が、コロナで活動難のNPOを支える

寄附が2倍:あなたの寄付が、コロナで活動難のNPOを支える

支援総額

702,000

目標金額 5,000,000円

14%
支援者
63人
残り
60日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
8お気に入り登録8人がお気に入りしています
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月6日(木)午後11:00までです。

8お気に入り登録8人がお気に入りしています

プロジェクト本文

  

 

 

なにをするのか

 

‖新公益連盟 加盟団体のコロナウィルス対策に取り組む活動を応援します。
新型コロナウイルス感染の影響を受け、あらゆる分野で課題が深刻化しています。一方、NPO自身も人が集まれないことから事業がストップしたり、寄付が減少して運営が厳しい団体も少なくありません。新公益連盟は、運営の難しい状況を乗り越え、なおコロナに対応した事業を進めようとしている加盟団体を支えるため、クラウドファンディングを開始しました。

 

‖ソーシャルセクターの厳しい経営状況
新型コロナウイルス感染拡大を受け、あらゆるイベント・セミナーなどが中止や延期となる中、事業の再開が見通せず、事業縮小・撤退に追い込まれている団体が少なくありません。新公益連盟会員の59%が100万円以上の損失、23%は1,000万円以上の損失が発生しています。(新公益連盟による加盟団体アンケートより)また、これらの団体がやむを得ず従業員の契約を終了するなど雇用が不安定になることで、さらに事業の縮小・撤退に繋がり、スパイラル的にソーシャルセクター全体の停滞や縮小に繋がる恐れがあります。共助社会づくりのために重要な役割を担っているソーシャルセクターを維持していくためにもご支援をお願いします。

 

 

 

どのようなプロジェクトを支えるのか 

 

刻々と状況が変化する中で、その時期に重要であり、かつ支援が十分ではないプロジェクトに支援が行われます。(※以下のプロジェクトは例示です。実際の支援先は、第三者審査会にて決定いたします。)

 

LGBTQの貧困や健康の問題を可視化する

認定NPO法人 虹色ダイバーシティ(理事長・代表:村木真紀)

虹色ダイバーシティは、企業・団体向けのLGBT研修、コンサルティング等を通じて LGBT等の性的マイノリティが働きやすい職場づくりを支援している団体です。LGBTQは、非正規雇用の多さ、医療機関での差別経験等から、コロナウイルスに対してより脆弱な層であると考えられます。そこで学術機関と連携し、LGBTQの貧困や健康の問題を可視化するための全国調査の実施し、広く公開、支援に繋げていきます。

 

 

ホームレスからの相談対応、一時的住居・食料等の支援

認定NPO法人 Homedoor(理事長:川口 加奈)

Homedoorは、「ホームレス状態を生み出さない日本の社会構造をつくる」ことを目指し、アウトリーチ活動や生活支援、就労支援など6つのチャレンジを行い、ワンストップ型の支援を行なっている団体です。大阪府ではネットカフェや漫画喫茶への休業要請が出されていますが、宿泊施設は特別に用意されません。住まいがないと仕事にも行けないため、家がない人への支援を重点的に行う必要があります。そこで、生活困窮者ならびにホームレスからの相談対応及び一時的住居・食料の提供、公的支援へのつなぎ、一般企業の仕事紹介などの支援を行っていきます。

 

ケニア・ウガンダのHIV陽性貧困家庭に向けた感染予防、食糧支援

特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS(代表理事:門田瑠衣子)

PLASは、アフリカの公的機関や国際組織の手がなかなか届かないエイズ孤児の問題に対し、地域のニーズに根ざしたNGOとしてケニア・ウガンダで活動を展開しています。保健医療システムの未整備や、ロックダウンや経済悪化にともない、新型コロナウイルスはアフリカでも危機的な状況をもたらしています。そこで、感染予防、食糧・生計支援を目的として、ケニア・ウガンダのHIV陽性のひとり親家庭や貧困家庭などへ緊急支援を届けます。

 

 

支援の流れ 

 

第一回給付は6月中旬を予定しています。

 

 

■基金の募集期間:

 2020年5月8日(金)〜2020年8月6日(木)23時まで (90日間)

 

■助成決定時期:
 第1期 決定時期:2020年6月中旬頃
 第2期 決定時期:2020年8月下旬頃
※日時は予告なく変更する可能性がございます。

 

 

そもそも、新公益連盟とは

 

新公連は、社会的企業・NPO・行政や企業等とセクターを超えて連携し、社会課題の解決に取り組む(コレクティブ・インパクト)と同時に、既存の社会の否定・批判ではなく、政府・行政に働きかけ制度変革へと繋げていくことによって、様々な社会課題を解決に導くために誕生したNPO法人です。現在は、113団体が加盟しています。

 

‖新公益連盟の加盟団体によるプロジェクト例

 

こども宅食

生活の厳しいひとり親家庭などに、定期的に食品を届けています。

食品のお届けをきっかけにつながりをつくり、 見守りながら、食品以外の様々な支援にもつなぎます。文京区から全国に広げ、「子どもの貧困」をなくそうとする取り組みです。


 

スタディクーポン・イニシアティブ

渋谷区と連携し、寄付を元手に、低所得世帯の子どもたちにスタディクーポンを届けます。子どもたちはクーポンを使って、自分が選んだ学習塾などに通うことができるという取り組みです。

 

‖新公益連盟の加盟団体(一部)

 

特定非営利活動法人トイボックス

「こどもとちいき」をテーマに、こどもを取巻く課題を解決することで地域社会を良くすることを目指すNPOです。不登校・ひきこもり・発達障がい・貧困など、困難とたたかうこども達をサポートし、一人ひとりが自分の可能性を信じられる社会の実現を目指して活動している。

 

 

 


 

特定非営利活動法人クロスフィールズ

2011年に創業。枠を超えて橋をかけ 挑戦に伴走し 社会の未来を切り拓く」をミッションに、留職プログラムなどの事業を通じてリーダー育成と国内外の社会課題解決に取り組んでいる。

 

 


 

一般社団法人RCF

2011年設立。行政、企業、NPO等のセクターを繋いで社会課題解決事業を形成・推進する「社会事業コーディネーター」集団として約40以上の社会事業を形成・推進している。

 

 

 

 


 

特定非営利活動法人エティック

1993年より、若い世代が自ら社会に働きかけ、仕事を生み出していく起業家型リーダーの育成に取り組み、800名以上の起業家を支援。大学生向け実践型プログラム、社会起業家支援、地域における人材育成支援を実施。11年より東北震災復興支援も行っている。


 

特定非営利活動法人フローレンス 駒崎弘樹(フェロー)

「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指している社会問題解決集団。「訪問型病児保育」「障害児保育」「小規模保育」など、常識や固定概念にとらわれない新たな価値を創造している。


 

特定非営利活動法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京

2003年創立。社会的な課題の解決に取り組む革新的な事業に対して、資金の提供と、パートナーによる経営支援を行っている。

 

 

 

メッセージ

 

白井智子(代表理事)

 制度や法律のすきまにこぼれてしまいがちな状況にある方々を支える事業を立ち上げ、運営する社会起業家にも、自らも社会課題の当事者だったり生きづらさを抱えたりしている人がたくさんいます。弱い立場におかれた人の痛みを感じるからこそ、なんとか支えたいと、ぎりぎりの状況でも活動を続けています。
 こうした活動が今、新型コロナウイルスの影響で危機に瀕しています。
 困っている人や子どもを支える大切な活動をここで途絶えさせてはならない。支える力になりたいと、たくさんの方々にご協力をいただいてこの基金を立ち上げました。
 これまで「あたりまえ」だった価値観が問い直されている今、格差や分断をひろげずに多様性を認め、よりよい社会をつくろうと踏ん張っている活動を、みなさんの力で支え、これからより大きく広がっていくように後押ししていただけたらとてもありがたいです。ご支援をよろしくお願いいたします。


 

藤沢烈(理事/事務局長)

 私は、新公益連盟の事務局長を務めていると同時に、災害復興を専門とするNPOの代表でもあります。生命と経済が脅かされるという意味で、新型コロナウイルス感染症は、大災害に匹敵する社会問題を引き起こしてしまいました。
 災害では、高齢者や障害をお持ちの方、ひとり親家庭のように、社会の支えを必要とする方々が最も被害を受けます。今回の感染症でも同じ傾向が当てはまります。しかし災害とくらべて、政府や各地の行政に、対応するための備えが十分ではありませんでした。
 新公益連盟に属する団体は、日頃から実に多様な当事者と現場を支え続けています。見落としがちな全国各地の問題を丁寧にみつけ、そこに支援を届けることができる団体があつまっています。大きな物語だけでなく、小さな営みを支えるための活動を、ぜひご支援ください。


 

 

寄付が2倍に:
取り組みを一緒に加速させる、村上財団からのマッチング制度

 

村上財団のご厚意により、このプロジェクトには皆さまの寄付と同額を村上財団が寄付する、マッチング寄付が適用されます。(例 1万円のご寄付をいただいた場合、村上財団が1万円を自動的に追加で寄付)。皆さまのご寄付が、2倍の効果を現場に生み出すことになります。

 

一般財団法人 村上財団より

 

コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々に深い哀悼の意をささげますとともに現在治療中のみなさまの回復と、今後の感染の防止を心よりお祈り申し上げます。

 

新公益連盟さんは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い影響の出ているNPO団体のサポートや重要な新型コロナウイルス対策活動にも関わらず支援が集まりにくい分野で活動している団体を支援する取り組みをされています。

 

そのお話を伺い、ぜひ村上財団としてもご支援申し上げたく、同じ気持ちで支援をされているみなさまのご寄付に、プラスで同額の寄付をさせていただくマッチング寄付をさせていただくことといたしました。みなさまの思いが少しでも多くの支援につながりこの事態が収束することを切に願っております。

 

そしてこの目標の達成には、団体だけでなく多くの方々の理解と思いやりが必要です。一人でも多くの方に「まず知ってもらう」ことを願って、マッチング寄付をさせていただきます。
 

 

代表理事 村上 絢 創設者 村上世彰

 

 

※村上財団のマッチング寄付は原則300万円を上限としています。

※本ページ上の寄付総額にはマッチング寄付分は含まれておりません。
※マッチング寄付額は予告なく変更となる可能性がございます。

 

 

FAQ

 

Q1:どのような方法で支援・支援ができますか?

 

本基金へのご支援には、事前にクラウドファンディングサービス「READYFOR」のアカウント登録が必要になります。※メールアドレスまたはFacebookアカウントが必要です。

ご支援の方法としては、「クレジットカード(JCB/VISA/MasterCard/AMEX/Diners)」または「銀行振込」のいずれかをお選びいただけます。詳しい操作方法はこちらをご覧ください。

 

 

Q2:「新公連基金」の助成対象事業は、どのように決定されますか?

 

本基金の助成対象は、「新公益連盟の加盟団体」のみとなります。加盟団体以外の団体様へは助成を行うことができません。有識者による第三者審査会により、新公連加盟団体の中から助成先を決定します。有識者メンバーは決定次第公表させていただきます。

 

 

Q3:最終的な助成先はいつ決まりますか?また、どこでお知らせされますか?

 

本基金による助成は第1期〜第2期を計画しており、助成先の決定はそれぞれ下記のスケジュールを予定しております。また、それぞれ助成先が決定した段階で、<新着情報>にてご報告いたします。

 

 第1期 決定時期:2020年6月中旬頃
 第2期 決定時期:2020年8月下旬頃

 

各助成先の活動報告については、それぞれ完了したタイミングで、<新着情報>にてご報告させていただきます。
 

 

Q4:本基金への支援金のうち、いくらが助成対象事業への助成にあてられますか?
 

本基金へのご支援のうち、本基金の運営費用を除いた全ての額を助成の原資に充てさせていただきます。(事務運営費:総支援金額の10%)
 

 

Q5:第三者審査会は決定していますか?

 

現状、審査委員は決定しておりませんが、5月中旬に第三者審査委員決定予定です。決定し次第、本プロジェクトの新着情報でご報告いたします。

 

 

Q6:今回の支援により、寄附金控除は受けられますか?

 

新公益連盟は特定非営利活動法人です。本クラウドファンディングへの寄付は、税制優遇の対象になりませんのであらかじめご了承ください。

 

■取材等のお問い合わせはこちら:

info-jimukyoku@shinkoren.or.jp

 

  

プロフィール

特定非営利活動法人 新公益連盟

特定非営利活動法人 新公益連盟

リターン

1,000

alt

■活動報告(新公益連盟からメールにて2021年4月中にお送りします。)
■領収書の発送(領収書は、2020年12月に新公益連盟からメールにてお送りします。)

・ご支援確定後の返金やキャンセルはご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力いただいたお届け先の宛名とメールアドレスとなります。
・新公益連盟は特定非営利活動法人です。本クラウドファンディングへの寄付は、税制優遇の対象になりませんのであらかじめご了承ください。
・なお、ご支援後に上記情報を変更することはできず、アカウント情報を変更した場合でも、ご支援時に入力いただい領収証のお名前は変更されません(領収証の郵送を希望される場合には個別お知らせください)。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月
このリターンを購入する

15,000

alt

【支援者限定】藤沢烈による非営利事業、社会事業のコンサルティング会への参加

■非営利事業、社会事業に関する新規事業立案、事業開発、販売戦略、企業行政との協働、その他全般のコンサルティング
・1時間のオンライン会議を想定しております。一回あたり4人(同時)の想定です。
・新公益連盟は特定非営利活動法人です。本クラウドファンディングへの寄付は、税制優遇の対象になりませんのであらかじめご了承ください。

支援者
8人
在庫数
完売
発送予定
2021年6月
完売しました

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

広島・平和創作劇 I PRAY 2020(開催25周年)

胡田 倫宏胡田 倫宏

#子ども・教育

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
39日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

特定非営利活動法人 新公益連盟
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする