プロジェクト終了報告

2018年08月27日

【プロジェクト実施のご報告】ご支援ありがとうございました!

 

 この度は私達のプロジェクトをご支援していただきありがとうございました。先日、2018年8月19日~21日の2泊3日の日程で三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジにて、アレルギーを持つこどもたちに向けて「アレルギー児サマーキャンプ」を実施しました。

 

 「アレルギー児サマーキャンプ」ではアレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど)をもつこども達が普段、参加することが難しい宿泊を伴うこのようなキャンプに参加することによって、共に遊び、学び、自立していく貴重な機会として、無事に今年で45回目の「アレルギー児サマーキャンプ」を実施することができました。

 

 この「アレルギー児サマーキャンプ」では運動会、野外炊事、キャンドルファイヤー、スイカ割りの行事の他に、気管支喘息、スキンケア、吸入手技、食物アレルギー、歯みがき、セルフケアについての学習会も行いました。全ての行事が終了して、皆が解散するときには別れを惜しんで泣くこどもやおとなの姿も見られました。さらに、こども達から「楽しかった!来年も参加したい!」親からは「大変ありがたい取り組みです。」と言った多くのアンケート結果が届いております。

 

 今回、私達の想像をはるかに超えた、全国の本当に多くの方々からご支援をいただきました。皆様の温かいご支援のお陰で、無事に45回目の「アレルギー児サマーキャンプ」を開催することができ、今年もこども達に満面の笑顔で楽しんでもらうことができました。また、ご支援だけでなく情報の拡散に協力してくれた方々にも心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

 

 皆さんからの支援は全て参加児童46名、ボランティア76名の参加費の一部を返金する形で使わせていただきました。また、リターンに関しては現在準備中で、予定どおり9月に発送予定です。

 

 今回、こどもの頃にこの「アレルギー児サマーキャンプ」に参加していた大学生が3名、新たにボランティアとして参加してくれました。そして、その大学生達がこどもの頃に学生ボランティアとして参加していたボランティアが現在医療従事者としてその大学生たちと一緒にこども達の活動を支援をする姿が見られました。このような光景は「アレルギー児サマーキャンプ」を45年間継続して続けてきたからこそ見られる光景だと思います。今年、「アレルギー児サマーキャンプ」を卒業した6年生が大学生になってボランティアとして戻ってこれるよう、さらにこれからもアレルギー疾患を持つこども達が笑顔で、「アレルギー児サマーキャンプ」が素晴らしい夏の思い出の一つとなってくれるよう、これからも継続していこうと思っております。こども達の未来をより輝かしいものにするために、ぜひこれからも応援をよろしくお願いします。この度は温かいご支援を本当にありがとうございました。

 

 

神奈川アレルギー児サマーキャンプ実行委員会