いつもご支援頂きありがとうございます。

約1か月のこのプロジェクトもついにあと13時間となりました。

スタート直後からたくさんの支援を頂きここまで到達できました。

 

最後となります今日は私の思うクラウドファンディングへの想いを綴らせていただきます。

 

 

たくさんの意見があると思っています。

 

しかし自分はこの人と人との繋がり、幸せを分かち合うことにクラウドファンディングの素晴らしさがあると思っています。

見ず知らずの誰かを支援するということは容易ではないと思います。

しかし私たちのように何かを通じで出会い・その想いや理念に共感しご支援いただく。

そういった気持ちを形に変えてまだ見ぬ人への幸せへと還元する。

よくある募金とは額も違います。しかし事今回をみてみれば自分が支援したことによってできた舞台を自分で感じてもらえる。

そこにいる総勢800名強の人々の反応を感じることができる。

それって自分の支援が形になり、実感できるほかには類を見ないお金の使い方なんじゃないかなと。

今の時代ワクワクしたり幸せを感じることってあんがい簡単じゃなかったりするのかななんて感じることがありますが、こういった活動で新しい価値観を見出だしてくれるのがクラウドファンディングなんじゃないかなと自分は思っています。

 

長くなってしまいまとまりもない文章になってしまったかもしれませんが、これから自分は支援する側や支援される側どちらの立場でもクラウドファンディングを応援していこうと思います。

 

そして最後に、ここまで読んで下さりありがとうございます。

まもなく終了となりますこのプロジェクトへ少しでも興味を持っていただけましたらご支援の程よろしくお願いします。