クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

児童養護施設の子ども達にプロによるアートセラピーを届けたい!

NPO法人 AfCSHINE代表 柴田紀代

NPO法人 AfCSHINE代表 柴田紀代

児童養護施設の子ども達にプロによるアートセラピーを届けたい!
支援総額
226,000

目標 180,000円

支援者
28人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年07月28日 13:08

7/26 野の花の家セッション②

7月26日、野の花の家で、支援金を受けて2回目のセッションを行いました!

 

今回のテーマは、「縄文土器」。

 

焼かずに固まる粘土を利用して、思い思いの「土器」を作りました!!

 

 

陶芸など粘土の世界は、一見、「楽しそう!」ですが、それだけでなく、深く個人が表れるものでもあり、アートセラピストとしては、やや緊張もします。

 

手全体を使って作りあげるものには、その人がとても多く映し出され、平面絵画とはまた違った独特な空間です。

 

 

 

縄文土器の資料を見て、イメージを膨らませます。

 

 

最初は、「こんなのでなく、自分の好きなものを作ろうよ」と言っていた子ども達も、土器の迫力に何かを感じたようです。

 

 

粘土をヘビのように紐状にして、積み重ね、高さを出していきます。

 

これが、結構難しい作業なんです。

 

励まし、励まし、だんだん、積み上がりましたよ~!

 

 

 

 高さを出した後は、細部を作っていきます。

 

貝や縄などを使って、模様を思い思いに作っていきました!

 

 

 

 

そして、できた作品達です。

 

編集していて、改めて子ども達の作品を見て、子ども達の「手」を感じ、じ~んときました。幼児さんから、高校生までの作品です。どんな子か、という説明よりも、その子自身の「手」を感じてほしいと思います。

 

一人の子が、セッション後、近寄ってきて、「先生、やっぱり、こういうものより絵とかの方がいいな」

 

と言いました。自分から生み出されたものに、戸惑いがあるのかもしれません。私たち、アートセラピストは、その人から生み出されたものの素晴らしさを、生み出したその人へ伝えていかなければいけません。

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・サンクスレター
・子ども達の作品をモチーフにしたポストカード

支援者
16人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・サンクスレター
・子ども達の作品をモチーフにしたポストカード
・Art for Children's SHINEのエコバック
・Art作品 〝カボチャのランプ"or〝たけのこランプ”

支援者
12人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・サンクスレター
・子ども達の作品をモチーフにしたポストカード3種1セット
・Art for Children's SHINEのエコバック
・Art作品〝カボチャのランプ"or〝たけのこランプ”
・Art作品 〝か・ら・ふ・る・紙皿時計"
・HPにお名前のバナーを掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする