Readyfor?18日目、後13日間。

 

家にデッカイ箱が届いた。

 

 

SORELというカナダの靴メーカーの箱。

 

 

防寒ブーツ『イントレピッドエクスプローラ』

 

SORELは防寒靴のメーカーとして有名です。

 

僕がカナダに住んでいた頃、外は-40℃になることもありました。外で作業するような人の多くはSORELの靴を履いていました。

 

極地冒険で履く靴というと、冬季冬山登山のような靴をイメージされる方も多いのですが、北極南極では寒すぎて、通用しないので、防寒ブーツを使う必要があるのです。

 

 

どの位の寒さに耐えられるかって?

 

 

 

 

 

華氏-100℃まで(摂氏-73.3℃)まで!!

 

靴としてもはかなり大きくて重いので、写真に合ったように超デカイ箱で届いたという訳です。

 

 

 

僕の顔と比べても、こんなに大きいんです。

 

 

靴は片方で1200gもあります。これを履いて歩くだけで相当な重労働。

 

通常の常識が通用しない極地という世界。

 

それに向けて一歩一歩、慎重に準備を進めます。

 

 

新着情報一覧へ