READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型
成立

入院中の子ども達へ笑顔を届ける「ハートフルカート」を作りたい!

ドナルド・マクドナルド・ハウス

ドナルド・マクドナルド・ハウス

入院中の子ども達へ笑顔を届ける「ハートフルカート」を作りたい!

寄付総額

2,099,000

目標金額 2,000,000円

寄付者
190人
募集終了日
2021年7月30日
プロジェクトは成立しました!
27人がお気に入りしています

27人がお気に入りしています
2021年07月27日 10:00

インタビュー:いつかは「ハートフルカート」を全国に!

いつも「ハートフルカート」プロジェクトへの応援、ありがとうございます。

 

おかげさまで、147名の方からご支援いただき、1,742,000円、達成率87%となりました!(7/26 22:30時点)

 

 

前回からお届けしている、向井利之さん(本プロジェクトリーダー)へのインタビュー。

コロナ禍で生まれた「新しい支援の形」である「ハートフルカート」。

厳しい制約の中での運用スタート、そこから全国の病気と子どもたち・そのご家族に支援を届けたい。

「ハートフルカート」の可能性が感じられたお話に注目です。

 

 

===

Interviewee: 向井利之(むかいとしゆき)さん

公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン 広報・ファンドレイジング担当。

今回の「ハートフルカート」クラウドファンディングプロジェクトを主催しています。

 

 

===

 

ー向井さん、前回に引き続きよろしくお願いいたします。以前、「ハートフルカート」は何年も前から導入が考えられてきたと聞きました。実際に話が始まったのは、いつ頃なのでしょうか?

 

よろしくお願いします。時期的には、2017年や2018年のことです。

アメリカのドナルド・マクドナルド・ハウス(以下、「ハウス」)で「ハートフルカート」が導入されていることを知り、いつか日本でも導入したいと話していました。

 

 

ー実際に導入されるまで、3~4年のブランクがあるのですが、最近になって導入が進んだ理由はあるのでしょうか?

 

はい。一気に話が進んだのは、現在のコロナ禍になってからです。

ドナルド・マクドナルド・ハウスとして、コロナ禍になり病棟で活動が制限されていく中で、何とか子どもたち・ご家族をサポートできる手段はないのかと。

 

その方法を探る中で、「子どもたち・ご家族を一番ダイレクトにサポートしてあげられるものは?」と考えました。

その答えとして、必要とされているものを届けてあげることが一番スマートで、スピーディーだろうとなり、「ハートフルカート」の導入が進みました。

 

 

ーコロナ禍になり「新しい支援の形」として、一気に話が進んだということですね。

 

そうですね。コロナ禍になるまで、内部でも導入スケジュールなどは組まれていませんでした。

この状況になって、一気に... 2020年の春以降ですね、話が膨らんで。

 

ーそれから、ハートフルカートはいつ、最初に導入されたのでしょうか?

 

まず最初が、2020年10月にせたがやハウスに導入されました。

 

 

ードナルド・マクドナルド・ハウス財団としても、コロナ禍での「新しい支援の形」を模索した結果、わずか半年での「ハートフルカート」の導入につながったんですね。導入するまでに苦労した点はありますか?

 

最初の1台目ができるまでが、大変でした。

「どういった形のカートにするか」や「制作コスト」の折り合いをつけるところで、特に苦労したと感じています。

 

 

ー導入してからの苦労はありますか?

 

やはり新型コロナウイルスの感染状況がなかなか改善せず、病気と闘う子どもたち・ご家族にとって理想的な支援ができていないとは思います。

 

子どもたちは、カートを心待ちにしてくれているようですし、私たちとしても何とか届けてあげたい。

 

しかし私たちがどんなに気をつけたとしても、病棟内に入ることで、子どもたちを感染リスクに晒してしまう。万が一にでも、感染してしまえば、それこそ命に関わる一大事です。

 

その中で、どのようにカートを待ってくれている人に、どのように届けていくかは苦労しています。

 

 

筆者注釈:コロナ前/コロナ禍の病棟への入室

 

コロナ前は、マスクや消毒など病院の定めた入室ルールをきちんと守れば、病棟に入ることは問題ありませんでした。

コロナ禍では、ほとんど部外者の入室はできない状態が続いています。

 

 

ーその苦労の中で、実際にはどのような運用がなされているのでしょうか?

 

例えばとちぎハウスでは、子どもたちのいる病棟に、カートが実際に入ることはできていません。

カートは、病棟入口の決められた場所に設置して、ご家族・病棟の医療従事者の皆さんに、カートまで子どもたちの欲しいものを取りに来ていただいています。

(※とちぎハウスの「ハートフルカート運用」について、詳しくはこちらをご覧ください。)

 

残念ながら、今は子どもたちがカートの中から直接グッズを選べるわけではありません。

その分、カートに載せるグッズのリストを配り、欲しいものを事前に選んでもらうなど、各ハウスが工夫しながら運用しています。

 

 

ーコロナ禍での「ハートフルカート」の運用、苦労がとてもよくわかりました。そんな苦労の末、カートを運用して、反響はどうですか?

 

まず単純に、子どもたちが喜んでくれたというのは大きいです。誕生日やクリスマスでもないのに「プレゼントがきたぞ!」と。

 

シンプルなおもちゃやクレヨンなどのグッズ、寄付でいただいたものが多いのですが、本当に喜んでくれました。

 

聞いた話では、もらったものを「私はこれ」「僕はこれ」といったように、子どもたち同士・ご家族・看護師の方に見せたりと、周りとのコミュニケーションの役にも立っているようです。

 

 

ーご家族向けのグッズもカートには載せていますが、ご家族からのリアクションはどうですか?

 

困ってたもの、必要なものがあったので助かりましたという声をいただいています。例えばお母さんから「化粧水があったので助かりました」とか。

 

 

ー導入・運用を始めてから、特に印象に残っていることはありますか?

 

京都の2つの病院に「ハートフルカート」を導入した時のことです。

その導入した病院というのが、ハウスと隣接していない病院でした。

それまでは、ハウスが隣接する病院に、カートの導入を進めていたんですね。

 

これまで私たち、ドナルド・マクドナルド・ハウス財団に携わってきた人間の立場からすると、これまでは「ハウスありき」のご支援でした。

けれども「ハートフルカート」を京都の病院に導入した時に、「ハウスがなくても、できるサポートがある。ハートフルカートがあれば、子どもたちを笑顔にできる」と改めて気づいた瞬間でした。

 

 

ーハウスがなくとも、「ハートフルカート」を通じて、支援の輪が広がっていくわけですね。

 

もっとも、京都に導入したばかりなので、まだまだこれからですが。(笑)

 

ただ、この活動がもっと知られることで、カートでの「物的支援」だけではなく、「人的支援」も広がっていく予感がしています。

 

 

ー「人的支援」とはどういうことでしょうか?

 

例えば、「ハウスでボランティアしたい、何か協力したい。けれども、自宅近くにハウスがない。」という声をいただくことがあります。

 

けれども、この「ハートフルカート」が自宅近くの病院で動いている。

そうなれば、ハウスがなくても、カートを押して病院の子どもたち・ご家族に物資を届ける、今のハウスとは違う支援の形ができてくるのかもしれません。

 

 

ー夢が広がりますね!これまで聞いてきたお話の中で、「ハートフルカート」がどのように活躍したか、よくわかりました。最後に、今後の展望をお聞かせください。

 

まずは、今回のクラウドファンディングのご支援から、ちゃんと静岡と新潟の病院に導入したいです。

ただ先ほどもお話したように、将来的な展望としては、本当にハウスが全く建設予定のないところにも、導入していきたいです。

 

 

ー具体的にどこ、などのプランはありますか?

 

まだありません。

ただ先ほどお話したように、ハウスだけでは支援が行き届かない地域だと良いな、と思います。

 

現在ハウスは全国11カ所、病院に隣接して建てられています。

ただ、ハウスに隣接している病院以外にも、全国にはたくさん小児医療の拠点となる病院はたくさんあります。

 

宿泊が主な役割になるハウスまではなくとも、「ハートフルカート」はそこで活躍できるだろう、という地域はたくさんあるだろうと思いますし、そのニーズに応えて、どんどん全国に広げていきたいです。

 

 

ー支援の輪をまずは今回の静岡・新潟を起点として、全国に広げていきたいですね。本日はありがとうございました!

 

 

===

6月1日から始まった本プロジェクトも、終了まで残り3日となりました。

最後まで、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

インタビュー:子どもたちへ心つなぐ「ハートフルカート」ハートフルカート活動レポート!
一覧に戻る

ギフト

3,000


alt

◆気持ちで応援コース①

・お礼のメール
・寄付金領収書


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
73人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

5,000


alt

◆気持ちで応援コース②

・お礼のメール
・寄付金領収書


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
40人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

10,000


alt

◆全力で応援コース①

・お礼のメール
・寄付金領収書


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
46人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

10,000


alt

◆グッズで応援コース①

・お礼のメール
・寄付金領収書
・DMHCオリジナルボールペン
・DMHCオリジナルピンズ


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

30,000


alt

◆全力で応援コース②

・お礼のメール
・寄付金領収書


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

30,000


alt

◆グッズで応援コース②

・お礼のメール
・寄付金領収書
・DMHCオリジナルボールペン
・DMHCオリジナルピンズ
・DMHCオリジナルトートバッグ


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

◆全力で応援コース③

・お礼のメール
・寄付金領収書


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

◆グッズで応援コース③

・お礼のメール
・寄付金領収書
・DMHCオリジナルボールペン
・DMHCオリジナルピンズ
・DMHCオリジナルトートバッグ


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

100,000


alt

◆全力で応援コース④

・お礼のメール
・寄付金領収書
・WEBサイトに”お名前”を掲載(希望者のみ)
・ご希望のハウスに”お名前”のプレートを掲出(希望者のみ)
→全国11ハウスからご希望のハウスをお選びください
(お名前の掲載は個人名に限ります)


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

100,000


alt

◆グッズで応援コース④

・お礼のメール
・寄付金領収書
・DMHCオリジナルボールペン
・DMHCオリジナルピンズ
・DMHCオリジナルトートバッグ
・WEBサイトに”お名前”を掲載(希望者のみ)
・ご希望のハウスに”お名前”のプレートを掲出(希望者のみ)
→全国11ハウスからご希望のハウスをお選びください
(お名前の掲載は個人名に限ります)


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

200,000


alt

◆【企業・団体様向け】応援コース

・お礼のメール
・寄付金領収書
・WEBサイトに”企業・団体名”を掲載(希望者のみ)
・ご希望のハウスに”企業・団体名”のプレートを掲出(希望者のみ)
→全国11ハウスからご希望のハウスをお選びください


※複数口でのご寄付も可能です。
※このプロジェクトは、税制優遇の対象となります。詳細は、ページ概要末尾をご確認ください。
※領収書のあて名は、ギフト送付先としてご登録いただいたお名前で作成いたします。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月
プロジェクトの相談をする