READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

A Ball Can Change the Life 1つのボールが人生を変える

長谷川知広

長谷川知広

A Ball Can Change the Life  1つのボールが人生を変える

支援総額

1,088,000

目標金額 1,000,000円

支援者
91人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

終了報告を読む


6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年10月08日 12:10

シンポジウム「A ball can change the world 」(10月22日)

10月22日(土)シンポジウム「A ball can change the world 」を開催します!

 

ホームレス・ワールドカップは、420都市を通じて毎年10万人のホームレスにリーチし、これまでに100万人のホームレスの人生に影響を与えてきました。

 

本イベントでは、ホームレス・ワールドカップのレイチェル・メイ氏や「沖縄の貧困・孤立に抗するコミュニティーづくり」を掲げたdaimonCUPの糸数温子氏、アーティストで日本サッカー協会の社会貢献委員長の日比野克彦氏をお招きし、社会問題解決のツールとしてのスポーツの価値についてお話していただきます。

4年後に東京オリンピック・パラリンピック開催を控えた今、競技性を追求するだけでなく、様々な背景や社会的困難を抱えた人たちを包摂し、つながる機会や場としてのスポーツのもつ力と可能性について、考えてみませんか?

<イベント概要>
・日時:2016年10月22日(土)13:30-16:30(受付:12:30~)
・場所:損保ジャパン日本興亜本社ビル2階 大会議室
 〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1、新宿駅または新宿西口駅より徒歩10分
・参加費:一般3000円、学生2000円(定員200人、先着順)※当日現金払い

・内容(変更する場合があります)
 <挨拶>田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長、国際サッカー連盟(FIFA)理事)
 <第1部>基調講演「A ball can change the world」
  ・ レイチェル・メイ氏(ホームレス・ワールドカップ、国際パートナーシップ・マネージャー)
 <第2部>パネルディスカッション「一つのボールが人生を変える」
  ・ モデレーター
   蛭間芳樹氏(野武士ジャパンコーチ、世界経済フォーラムYoung Global Leader2015)
  ・ パネリスト
   糸数温子氏(一般社団法人daimon代表)
   日比野克彦氏(アーティスト、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長)
   長谷川知広(ビッグイシュー基金・ダイバーシティカップコーディネーター)
<第3部>ネットワーキング(登壇者・参加者交流)

◇後援:公益財団法人日本サッカー協会 ◇協力:損害保険ジャパン日本興亜株式会社
◇主催:スポーツフォーソーシャルインクルージョン実行委員会/NPO法人ビッグイシュー基金

<申込み>:https://www.bigissue.or.jp/form/info_16102201diverform.html

<お問合せ先>:NPO法人ビッグイシュー基金(担当:長谷川・中田)
           TEL:03-6380-5088 Email:tokyo@bigissue.or.jp

 


<挨拶>ー田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長、国際サッカー連盟(FIFA)理事)
1957年熊本県生まれ。1980年4月、古河電気工業株式会社入社。日本サッカーリーグに出場し、サッカー日本代表として活躍後、ユース年代の日本代表監督に就任。日本サッカー協会強化委員会副委員長、技術委員長、専務理事、副会長を歴任し、2015年5月からはFIFA理事に就任。2016年3月から日本サッカー協会会長。公益財団法人日本オリンピック委員会常務理事も務める。

<登壇者>
-レイチェル・メイ氏(ホームレス・ワールドカップ、国際パートナーシップ・マネージャー)
2014年からホームレス・ワールドカップに従事。ホームレス・ワールドカップの世界各国のパートナーとの連携を担当。現在は、国際的な連携を模索するEUプロジェクトに取り組み、欧州のストリートサッカーの先駆的事例を発信。ホームレス・ワールドカップ大会では参加チームのとりまとめを担当し、これまで2015年アムステルダム大会、2016年グラスゴー大会を運営。

-糸数温子氏(一般社団法人daimon代表)
1986年、沖縄県那覇市生まれ。「誰もが誰かのセーフティネットであり続けられる社会の実現」をミッションに活動する一般社団法人daimon代表理事。2007年から若者と社会の接点作り、貧困・孤立に抗する地域のコミュニティ作りについて活動を開始。2012年、琉球大学大学院在籍中に立ち上げたフットサル大会「daimonCUP(ダイモンカップ)」をはじめ、スポーツや趣味を通じた社会関係資本を基盤に、ひとりひとりが大切にされる社会づくりに携わっている。

-日比野克彦氏(アーティスト、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長)
1958年岐阜市生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。アートとスポーツの文化的視点からの融合を目指して日本サッカー協会理事を務め、現在は社会貢献委員会委員長を務める。国際交流基金アジアセンター「アジア代表日本」実行委員会などが主催し、市民参加型でサッカー日本代表を応援するアートとスポーツが融合するアートイベント、「マッチフラッグプロジェクト」のリーダーを務め、東京都などが主催する異なる背景を持った人々が関わり合い、様々な「個」の出会いと表現を生み出すアートプログラム「TURN(ターン)」を監修するなど、スポーツやアートを通した社会課題解決につながる活動を精力的に行っている。

-蛭間芳樹氏(野武士ジャパンコーチ、世界経済フォーラム Young Global Leader2015)
1983年埼玉県生まれ。2009年よりホームレス・ワールドカップ日本代表チーム「野武士ジャパン」のコーチをボランティアで務める。著書に『ホームレスワールドカップ日本代表のあきらめない力(PHP研究所)』。本業では、(株)日本政策投資銀行にて、BCM格付主幹(企業の防災対策、危機管理経営を評価し、取り組み状況に応じて金利などを変更する金融商品)。世界経済フォーラムYoung Global Leader2015選出(日本人最年少)。

-長谷川知広(ビッグイシュー基金・ダイバーシティカップコーディネーター)
1983年埼玉県生まれ。NPO法人ビッグイシュー基金スタッフとして、ホームレスサッカープログラムに従事。2011年ホームレス・ワールドカップパリ大会出場、2012年日韓戦を実現し、昨年からはホームレスを含む様々な社会的困難を抱える人を対象としたダイバーシティカップの取り組みに注力している。

一覧に戻る

リターン

3,000

お手軽支援コース

・サンクスメールをお送りします。

支援者
42人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年10月

10,000

42573d7391a7bc9dcdef39375562aa088c386c85

ダイバーシティカップ報告書送付

3000円のリターンに加えて、
・「ダイバーシティカップ報告書」をお送りします。
・野武士ジャパンのHPにお名前を記載します。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年10月

10,000

プロジェクト応援コース

・サンクスレター

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年10月

50,000

195d8e833cd1a835092ad9aea2d641f8d622b3a9

シンポジウムコース

10000円のリターンに加えて、シンポジウム「1つのボールが人生を変える」へご招待します。
※2016年10月に都内で開催予定(ホームレスワールドカップ創設者メルヤング氏登壇)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年10月

100,000

Cf60b50380590e7d6a69e00cf5bc8a1434d7b839

ダイバーシティカップ練習会コース

5万円のリターンに加えて、「ダイバーシティカップ練習会」へご招待します。
※「野武士ジャパン」やビッグイシュー基金の活動についてご案内させて頂きます。

支援者
1人
在庫数
9
発送予定
2016年12月

プロジェクトの相談をする