プロジェクト概要

僕らの力で絶対に成功させる!今年10月開催「平和のためのコンサート」に伝説のトランペッターを招致するための資金が必要です!

 

 皆様、僕たちのプロジェクトに興味を持っていただいてありがとうございます。長崎南山高校生徒会2年の山田大晟と申します。

 

 僕たちの学校では、GLE(Global Leadership Education)実行委員会を立ち上げ、世界で活躍されているアーティストをお招きし、コンサートやワークショップを、すべて自分たちだけで企画運営を実施しています。「平和・芸術・リーダーシップ」について、僕ら将来を担う若き同世代が大舞台を通じて主体的に共に考えていくことが目的です。

 

集客について話し合う実行委員

 

 3回目となる今回は、ロシア人ジャズミュージシャンの最高峰と評される「アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセ ンジャーズ」のメンバーとして、世界中のコンサートホール、クラブ、フェスティバル で演奏し、11枚のアルバムに参加した伝説のトランぺッターであるヴァレリー・ポノマレフ氏(トランペット/ロシア出身/NY在住)を長崎に招待し、浦上天主堂でコンサートを実現させるプロジェクトです。

 

 しかし、アーティスト4人の公演費用や渡航費用、機材準備などの運営資金が、合わせて150万円不足しています。僕には、今回のプロジェクトのリーダーとしてメンバーと共に、なんとしてもプロジェクトを達成させる責任があります。 

 

 

伝説のジャズトランぺッター。ヴァレリー・ポノマレフ氏

 

 爆心地近くの浦上天主堂で開催される「平和のためのコンサート」。今回、僕たちが選んだアーティストは伝説のジャズトランぺッター。ヴァレリー・ポノマレフ氏。

 

 ヴァレリー・ポノマレフ氏 ©2016 SOCKETS Inc.

 

 彼を選んだ理由は、祈りと魂の音楽で、1000人平和コンサートを成功させ、その共感をひろげたいとの思いが原点ですが、もう一つ、コンサートのあとのワークショップで、長崎の小・中・高・大学のブラスバンドと世界的ジャズ演奏家との夢の共演を実現したい!との思いがあります。彼はニューヨークで子どもたちに音楽の指導もされており、長崎の生徒・学生にぜひ音楽の素晴らしさを伝えていただけると思います。 

 

 

原爆投下された「ナガサキ」を故郷に生きる僕たちにできること

 

 今年、アメリカのオバマ大統領が、合衆国大統領としてはじめて被爆地広島を訪問し、世界が平和に向けて小さな一歩を踏み出したと僕は感じました。 広島と同様、被爆地で学ぶ僕たち若い世代が、自らが主体となって「音楽」を通して「平和」について考えることも、未来に向けた小さな一歩であると僕は考えています。

 

被爆者の森重昭さんを抱きしめるオバマ氏、広島、今年5月27日 ©2016 BBC

 

 そして、世界で活躍するアーティストが長崎を訪問し、世界に被爆地の惨状を発信していただけることにも大きな意義があると考えます。そして何より、僕たち学生がこのプロジェクトの企画運営を行うことが、未来のリーダーを育成する役割を担っていると感じています。

 

浦上天主堂に於ける慰霊祭、昭和20年11月23日(昭和二十年八、九 戰災記錄繪はがき, 長崎市役所發行)

 

 音楽は人々の心を癒し、国境や民族を超えたコミュニケーションを実現するものだと思います。国の歴史や文化、政治、宗教は違えど、平和を求める思いは同じであることを、再認識できるきっかけを与え、若者が平和について考え、長崎から世界に平和を発信する機会にしたいと願っています。

 

 

先輩方の背中を追って、僕たちもプロジェクトを成功させたい!

 

 昨年は、茨城県、滋賀県、長崎県から各県1校参加しGLEを運営。被爆70周年を迎えるにあたり、イタリアのヴァイオリニスト、パーベルベルマン氏、イスラエルのバイオリニストソロモンマークマンさん、オーストリアからマリイ・イザベル・クロプフィッチュさんをお招きしていました。

 

 先輩方は、世界的なアーティストのコンサートを無料で開催したほか、「平和」についてディスカッションを行い、アーティストの方々には平和祈念館の見学もしてもらっていました。

 

全校生徒でアーティストをお出迎え(2015 長崎南山)
ワークショップに集まった長崎の中高生たち(2015 長崎市浦上教会信徒会館)

 

 昨年までは、全国から立候補した3校合同の企画でしたが、今年は長崎南山高校1校での挑戦となるため、必要となる人手や機材、資金などの負担がこれまで以上に大きく、僕たちの力だけでは運営が難しい状況です。もちろん、関係機関や先生方のサポートが必要ですが、僕ら自身が考え行動することの重要性を先輩方から教えてもらいました。

 

 そして話し合いの結果、この危機を乗り越えるため、クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げることを決めました。6月から準備を開始し、実行委員会で企画の打ち合わせや集客のためのPR活動について話し合いを行ってきました。大舞台の成功に向け、どうか皆様のお力を僕たちに貸していただけないでしょうか。 

 

運営メンバー一同力を合わせてがんばります!

 

コンサート詳細

 

■ コンサート名:「1000人の平和コンサート」

■ 日時:平成28年10月29日(土)12:30開場 13:00時開演

■ 場所:浦上天主堂(長崎市本尾町)

■ 主催:GLE2016実行委員会(委員長:山田大晟/長崎南山高校2年)

 

 

ご支援いただいた方々へのお返し

 

3,000円

■ 感謝の手紙

 

10,000円

■ 感謝の手紙(GLE実行委員会)

■ コンサートの優待チケット(優待席)*チケットはメールにて当日までに招待状を配信します

■ ヴァレリー・ポノマレフ最新版CD(日本未発売VALERY PONOMAREV「OUR FATHER WHO ART BLAKEY」with SSpecial Guest BENNY GOLSON)

 

 

30,000円

■ 感謝の手紙(GLE実行委員会)

■ コンサートの優待チケット(優待席)*チケットはメールにて当日までに招待状を配信します

■ GLE実行委員メンバーからの活動報告冊子(写真集ページ付き)

■ ヴァレリー・ポノマレフ最新版CD(サイン付) (日本未発売VALERY PONOMAREV「OUR FATHER WHO ART BLAKEY」with SSpecial Guest BENNY GOLSON)

■ コンサート収録DVD

 

50,000円

■ 感謝の手紙(GLE実行委員会)

■ コンサートの優待チケット(優待席)*チケットはメールにて当日までに招待状を配信します

■ GLE実行委員メンバーからの活動報告冊子(写真集ページ付き)

■ ヴァレリー・ポノマレフ最新版CD(サイン付) (日本未発売VALERY PONOMAREV「OUR FATHER WHO ART BLAKEY」with SSpecial Guest BENNY GOLSON)

■ コンサート収録DVD

■ アーティストと楽屋での記念写真 (不参加者の方にはアーティストからの写真付きメッセージ)