READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型

シリア難民に、キャンプでガスコンロを配りたい!

シリア難民に、キャンプでガスコンロを配りたい!

寄附総額

465,000

目標金額 1,000,000円

46%
寄附者
47人
残り
18日
プロジェクトの寄附にすすむ(※ログインが必要です)
4お気に入り登録4人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄附金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄附募集は2月14日(金)午後11:00までです。

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2020年01月10日 18:15

イランによるイラク国内の米軍施設への攻撃を受けて

 すでに多くの報道でお聞き及びのことと思いますが、1月8日未明(現地時間午前1時、日本時間7時)のイランによるイラクの米軍施設へのミサイル攻撃に際し、弊団体のイラクでの現況についてご連絡させていただきます。

 

 まず、日本人駐在員ですが、日本からイラク・エルビルへの移動中、今回のミサイル攻撃に遭遇しましたが、中継地で連絡を取ることができ、外務省から「退避勧告」が発出されたことから、渡航を中止いたしました。

 

 イランからのミサイルの着弾については、当初、エルビルの標的として領事館、空港、空軍基地の3か所が上がっておりましたが、空港、空軍基地に着弾したとの報道です。

 

 空港については平原で爆発はなく死傷者もなかったとのことですが、基地の方は山間地にあり、被害は定かではありません。

 

 現地スタッフからの報告によると、今朝起きてニュースを聞き、まさかエルビルが攻撃の対象になるとは、と非常に驚いているとのことです。地元はふだんどおりの朝で、人々は会社や学校への出勤、登校風景が見られたそうです。

 

 一方、レディフォーで皆さまにご支援いただいている本プロジェクトの事業地であるニナワ県バルダラシュ難民キャンプのある村でも、平原にミサイルの1発が着弾したとのことです。けが人等の情報は入っておりませんので、ご安心ください。

 

 近々このキャンプに避難されているシリア難民の方々へガスコンロを配らせていただく予定ですが、活動の際には安全に十分注意するよう、現地スタッフにも伝えております。

 

 今後も安全には十分注意を払い、支援を必要とされている方々への国際協力を継続してまいります。引き続きIVYへのご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年1月8日

1月10日更新

 

プロジェクトの寄附にすすむ(※ログインが必要です)一覧に戻る

ギフト

5,000

心を込めたお礼のメッセージ

*心を込めたお礼のメッセージ(E-mail)
*寄付金領収書

寄附者
22人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
寄附をする

10,000

ポストカード・プロジェクト報告書

*心を込めたお礼のメッセージ(E-mail)
*ポストカード
*プロジェクト報告書
*寄付金領収書

寄附者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
寄附をする

50,000

ポストカード・プロジェクト報告書

*心を込めたお礼のメッセージ(E-mail)
*ポストカード
*プロジェクト報告書
*寄付金領収書

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
寄附をする

プロジェクトの相談をする