READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

電気も水道もないカンボジア・ラアック村の小学校にいすと机を届けたい!

櫻橋 淳 (HRインスティテュート)

櫻橋 淳 (HRインスティテュート)

電気も水道もないカンボジア・ラアック村の小学校にいすと机を届けたい!
支援総額
1,279,000

目標 1,000,000円

支援者
81人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年05月01日 09:23

ページが公開となりました!

HRインスティテュートの櫻橋です。 いよいよ私たちのプロジェクトページが公開となりました。 私たちHRインスティテュートでは、20年前の創業時よりソーシャル活動に積極的に取り組んできました。現在まで、ベトナム・カンボジアに6学校、8校舎を寄贈し、また、マダガスカルの産院に発電機を寄贈することなどを行ってきています。現在は、カンボジア クラチエ州ラアック村に小学校の建設を行っています。今回は広く皆さまとの支援の輪をつくるためにも、『READYFOR?』を利用して、支援を募ることといたしました。 カンボジアは親の教育への関心があまり高くありません。そのため、小学校の卒業率が低いという問題を抱えています。今回我々は、子どもたちだけでなく、大人たちにも使ってもらえるような、コミュニティの中心になるような、そんな小学校をつくろうと、これまでの“箱”としての学校ではなく、“場”としての学校づくりをしています。 “場”としての学校として、ラアック小学校はいくつかの特徴を持っています。 ①風の流れなどをうまく利用した、子どもたちにとっての快適な場 ②子供たちだけでなく、村人みんなで使えるコミュニティの場 ③村人みんなで協力して作る、オーナーシップを感じさせる場 ④従来の小学校とは異なる校舎を持つ、創造性を育む場 カンボジアでは、支援によって建てられた学校が数年で傷んでしまい、使われていないケースも生じています。学校を建てるだけではなく、地域住民を巻き込み、彼らの主体性を引き出すような新しい支援のあり方が求められているのです。ラアック小学校の特徴が、新しい支援のあり方のモデルとなり、カンボジアの子どもたちに少しでも良い教育を受けてもらうための一助となることを願っています。 ぜひ皆さまと一緒に、素晴らしい小学校をつくっていきたいと思います!

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター
・野口正治氏デザイン ONE SEED OF SUPPORTERS ステッカーをお届けします。
※その際、サポーターのお名前/日付/登録番号を一緒に記載します。

支援者
33人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円に加え、
・野口正治氏デザインONE SEED OF SUPPORTERS Tシャツをお届けします。

支援者
33人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円に加え、
・ラアック小学校の机(1個)、椅子(1脚)にサポーターのお名前/日付/登録番号を刻印します。

支援者
10人
在庫数
制限なし

50,000

10,000円の引換券に加え、
・建物エントランス部分にサポーターのお名前/日付/登録番号を記します。

支援者
5人
在庫数
制限なし

100,000

10,000円に加え、
・教室名をサポーターのお名前にします。
*教室名を示す札に、サポーターのお名前/日付/登録番号を刻印します。【限定3名様】

支援者
3人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする