READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

起業家精神を身につける半年で茨城の子供たちの可能性を広げたい

起業家精神を身につける半年で茨城の子供たちの可能性を広げたい

支援総額

1,387,000

目標金額 1,250,000円

支援者
72人
募集終了日
2019年5月19日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2019年06月18日 22:24

シリコンバレーで生まれた "やさしい革命”

 

Ryukyufrogs10期 津覇 誉一



今回お話を伺ったのは、Ryukyufrogs10期生の津覇誉一さん。
現在、明治大学政治経済学部政治経済学科の3年生。
学生生活と並行して、Ryukyufrogs期間中に作り出した「まごころポスト」というサービスに取り組んでいる。まごころポストとは、離れて暮らすおじいちゃんやおばあちゃんなどへ、スマートフォンで撮影した家族の写真をボイスメッセージと共に、リビングなどに置けるデジタルポストを通じて簡単に”紙”で届けられる、テクノロジーの便利さと紙の写真の温かみを持ったIoTサービスだ。ぺーパーレスが進む今の時代だからこそ、形として残せる”紙”の価値に注目している点が、非常に”Heart Tech”である。  

 

  

 

沖縄最大カンファレンスイベントLEAP DAYでの発表後、CAMPFIREでクラウドファンディングを始めたところ、たった1日で目標金額60万に到達。最終日には目標の200%を達成。起業家甲子園2019年で総務大臣賞受賞。さらにSony Startup Acceleration Programの事業支援対象に選出。津覇さん自身も、MAKERS UNIVERSITY 4期生に選抜されるなど、まさにうなぎ上りの状況だ。

 

さぞ、Ryukyufrogs半年間の研修も悠々とこなしていたのかと思いきや、

投げ出したいと思ったことが何度もあったそうだ。華々しい実績の裏側にあった葛藤を伺った。 

 


Ryukyufrogsへ応募した理由

 


津覇さんは沖縄に生まれ、大学進学を機に東京に引っ越した。
大学1年生のころは週1~2日でアルバイトをこなし、都内のインカレサークルにも参加されていた。留学も経験し、充実した生活を過ごしていたようだ。


「やりたいことは一通り経験しましたが、大学での学びの中で積み重ねたものが余り無いように感じていました。試験はこなしても自分の身になっていないといいますか。。。」


ただ、上京や留学を経験したことで、津覇さんの中にとある想いが醸成されていた。


「上京や留学を機にたくさんの可能性に触れたことで自分も刺激されたことと、上京して外から沖縄を見るようになったからこそ、沖縄への想いが強くなっていき、この2つの想いが留学後もずっと残っていた時にRyukyufrogsを知り、「これだ!!!」って思って即応募しました。」


晴れて選抜生になり、研修に参加し始めた津覇さん。


研修の最初の頃はずっと不安で、うまく自分のキャラも出せずに、モヤモヤしていました。毎回の研修も進捗報告だけで手応えもなく、なんだかしっくりこないままサービス開発が進んでいました。


しかし、10日間のシリコンバレー研修で津覇さんのスイッチが変わります。

 


僕、サンフランシスコには行きません。

 


  

シリコンバレー研修も終盤の7日目。津覇さんは思い切った行動にでる。


「僕、サンフランシスコに行きません。」


当初はサンフランシスコへ外出する予定だったが、
津覇さんはホテルにこもって、サービスを考え直すことを選んだ。


シリコンバレー前から考えてきたサービスの枠を取り払って、ゼロから考え始めました。サービスがまとまらず、発表までに間に合わないリスクはありましたが、モヤモヤしたまま進みたくなかったですし、妥協したくなかったんです。」

 


ホテルの部屋にこもり、ポストイットに自分の思いを書き出していく。


自分が本当にやりたいことはなにか・・

 

どんなサービスを自分は提供したいのか・・


そんな中、シリコンバレーでインタビューをしたおばあさんの話が頭を過ぎる。 
東海岸から移住してきた彼女は、旦那さんも亡くなり子供や孫も離れて暮らしていた。


「自分も小さい頃はあんなに祖父母に遊んでもらっていたのに、今となっては忙しすぎて会うことや連絡することが減っていたことに気づき、祖父母に写真を送るサービスを作りたい!」


「まごころポストの原案」が生まれた瞬間だった。


そこからの津覇さんの行動力がすごかった。


東京の巣鴨でインタビューを繰り返し、沖縄ではおじいおばあが参加するラジオ体操に出向きサービスのブラッシュアップを重ねていった。


Ryukyufrogs10期のメンターは、津覇さんの行動をこう振り返っている。


「誉一はシリコンバレー研修中の気づきにより、自分のやりたかったことを見つけ、それを叶えるための行動力が一番すごかった。」

 


そして迎えたLEAPDAY本番。


「舞台に上がる前まで、めちゃくちゃ緊張していました。ですが、喋り始めたら落ち着いてきて、観客席をしっかりと見渡しながら、一つ一つのセリフを想いを込めて発表できました。観客のリアクションも感じながら、今までで一番楽しんでプレゼンができましたね。」


諦めずにやってきて良かったと心の底から思いました。絶対泣かないと決めていましたが、最後の最後でコメンテーターの山口さんにつられてしまい、舞台を降りてからは実はあまり覚えていません(笑)でもとにかく最高でした。


諦めずにやりきったからこそ、流れた涙だったのかもしれません。

 


自分の熱を大切にしたい


  

 

「Ryukyufrogsに参加していなかったら、いまごろ何をしていましたか?」
という質問をぶつけてみた。


「参加する前の自分だったら、世の中の大きな流れに従って、特に考えずに就職活動をしていたと思います。シリコンバレーで出会った世界で活躍している人たちが、本気でやりたいことを語っている姿。勇気を出してチャンスを取りにいく姿勢。人を巻き込むコミュニケーション。自分で抱え込み過ぎずに周りに助けを求める大切さ。半年間で学んだことは僕の財産です。」 

 


「Ryukyufrogs20期、30期になるかはわかりませんが、次は僕がスペシャルサポーターの席に座ってLEAPDAYに参加したいですね。いまはとにかく、まごころポストに熱中しているので、とことんやりきりたいです。」

 

 

Hitachifrogsにチャレンジする人へ

 

 

  

インタビューの最後に、これからHitachifrogsに参加する方へメッセージをお願いした。


「大きなことは言えませんが・・」と恥じらいながらも答えてくれた。

 


「もっとできることはたくさんあると思いますし、いま見えている世界は小さいです。やりたい世界があるならぜひ飛び込んでみて欲しい。いってみたら世界は広いのですが、圧倒的に別世界ではない。ただ、飛び込んでみないとわからない世界でもあると思います。」

 


終始謙虚に、丁寧に応えてくれた津覇さん。


その裏側には、静かにも、力強く燃えている情熱を感じました。


津覇さん。貴重なお話をいただきありがとうございました。

 


  

 

PROFILE


1998年生まれ。沖縄生まれ。明治大学政治経済学部経済学科在学中にRyukyufrogs10期生に選抜。起業家甲子園2019年にて、総務大臣賞、パナソニック賞、IBM BlueHub賞、日本マイクロソフト賞、TIS Incubation Center賞を受賞。Makers univers4期選出。テクノロジーでハートフルな世界をつくる

まごころポストを開発、事業化に向けて取り組んでいる。

 

まごころポストプロジェクトページへ 

一覧に戻る

リターン

3,000

最初の一歩目を気軽に応援

・ウェブサイトにお名前掲載
Hitachifrogs公式ホームページにお名前を掲載させていただきます。
・サンクスメール
お礼のメールを送らせていただきます!

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

5,000

Hitachifrogs Newsletter(経過報告)

・ウェブサイトにお名前掲載
・サンクスメール
・活動報告(メールで送ります)
Hitachifrogs Newsletterをお届けします。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

限定ステッカー贈呈セット

・ウェブサイトにお名前掲載
・サンクスメール
・活動報告(メールで送ります)
・Hitachifrogsオリジナルステッカー1枚(画像はサンプル)
クラウドファンディング限定!Hitachifrogsステッカーをお届けします!

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

Hitachifrogs LEAP DAYご招待!

・ウェブサイトにお名前掲載
・サンクスメール
・活動報告(メールで送ります)
・Hitachifrogsオリジナルステッカー1枚
・Hitachifrogs生それぞれからお礼メッセージ動画
・Hitachifrogs LEAP DAY2019 チケット1枚
12月に開催されるLEAP DAY 2019にご招待します!Hitachifrogs生も登壇します!

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

クローズイベントご招待:シリコンバレー帰国後発表会

・ウェブサイトにお名前掲載
・サンクスメール
・活動報告(メールで送ります)
・Hitachifrogsオリジナルステッカー1枚
・Hitachifrogs生それぞれからお礼メッセージ動画
・Hitachifrogs LEAP DAY2019 チケット1枚
・Pitch Review Day招待
9月14日開催のシリコンバレー帰国後の発表会(クローズのイベント)にご招待します!

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

Hitachifrogs1期選抜生とディナーセッティング

・ウェブサイトにお名前掲載
・サンクスメール
・活動報告(メールで送ります)
・Hitachifrogsオリジナルステッカー1枚
・Hitachifrogs生それぞれからお礼メッセージ動画
・Hitachifrogs LEAP DAY2019 チケット1枚
・Pitch Review Day招待
・Hitachifrogs1期選抜生とディナーセッティング(場所は茨城県内、交通費はご負担お願いします)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

プロジェクトの相談をする