福田会の高校生を含む10人のメンバーで構成されるサッカーチーム「東京フレンズ」が、7月15日~16日にポーランドで開催される、「第5回児童養護施設の子どもたちのためのサッカーワールドカップ」へ出場します。

 

昨年に続いても出場となりますが、今回はメンバーの顔ぶれも変わります。

 

選手と引率の大人6名(予定)の渡航費用や揃いのユニホーム、シューズの新調などで、400万円が必要となります。

 

昨年は当会の支援者様によるご支援や助成金で費用をまかなうことができたのですが、今年はその助成金が無く、その分を何とかしようとクラウドファンディングに挑戦しています。

 

「養護施設の子どもたちをポーランドのサッカーワールドカップへ!」

 

昨年の子どもたちは異文化にふれて、サッカーでのチームワークを通じて多くの貴重な体験をすることができました。今年のメンバーにも同じ体験をしてほしいと考えています。

 

 

リターンには東京「ポンチキヤ」様の協力の下、ポーランドのドーナツ「ポンチキ」やリターンがご不要な方向けのサポーターコースなど、盛りだくさんの設定をさせていただいております。

 

目標金額200万円、4月3日現在のご支援総額50万9千円。あと24日で約150人の方からのご支援がなければ、すべて無かったことになってしまいます。

どうか一人でも多くの方に広めてください。そしてプロジェクトを通じて東京フレンズのサポーターになってください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

阿部浩一(社会福祉法人福田会)

 

 

 

新着情報一覧へ