皆さま、あけましておめでとうございます。看護師の木田です。昨年11月末よりこのプロジェクトを開始し、早いもので40日が経過しようとしています。皆さまからのこれまでのご支援にここに深く感謝申し上げます。

 

このプロジェクトを成立させ、ラオスの1人でも多くの子どもたちに小児科無料診療を届けることができるよう引き続き邁進して参りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今日は引換券にあるメッセージやお名前をデザインに入れた啓発ポスターパネルがどのようなものなのかについて、少しご紹介させていただきたいと思います。

 

昨年度は、商業施設の世界の医療団ブースに立ち寄ってくれた子どもたちにご協力いただき、デザインをした啓発ポスターパネルを保健センターに届けることができました。

(昨年マクミー保健センターに届けることができた啓発ポスターパネル)


READY FOR? で皆さまからのメッセージを集めたいのです!集めたメッセージをデザインとして配置し、ここラオスでは習慣として根付いていない「手を洗うこと」や「病院に行くこと」を習慣として根付かせていきたいのです!なぜなら、その習慣をつけることが、ラオスの子どもたちの病気に負けないカラダ作りの第一歩になるからです!

 


「手を洗いましょう!」「病院に行きましょう!」など、ラオスの人たちにとってわかりやすい啓発メッセージをラオス語で書き、それを保健センターに届けることができればと思います。


目標達成するためには、まだまだ皆さまからの応援が必要です。あと21日!! どうか、温かいご支援をよろしくお願いします。

新着情報一覧へ