READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

新たな製作法のバイオリンを伝統として残していくために

中山 雄太

中山 雄太

新たな製作法のバイオリンを伝統として残していくために
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

68,000

目標金額 960,000円

支援者
8人
募集終了日
2018年11月22日
8人 が支援しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2018年11月17日 12:10

~クラシック音楽の楽しみ方~

 

皆さまこんにちは

 

 

今回のプロジェクトに関しまして、音楽業界の方々に参加して頂けるのも有意義ではありますが、私としましては老若男女、あらゆる職業の垣根を超えてプロジェクトにご参加頂けますと大変嬉しいです。

 

日本のクラシック業界もようやく伝統が馴染み始め、果物で言えば良い色付きになり、甘さが出始めた頃になります。

 

クラシック音楽はあらゆるシーンにおいてアクセントとしてしばしば登場します。

CMやドラマのワンシーン、映画、他のジャンルとのコラボetc....

多くの方は何気なく耳にされている事と思います。

 

ですが、日本はそれでもまだまだj-popや洋楽に比べ認知度馴染みは薄いと感じてしまいます。

 

j-popのようにペンライトを振ったり、こぶしをつき上げたり、好きな歌手の名前をその方に届くように叫んだり情熱を共存できるのがこのジャンルの音楽の良いところです。

 

クラシック音楽にも手拍子であったり、声楽であればクリスマス曲などによってはアンコールの時などに一緒に歌う事もありますが、そう言ったジャンルに比べれば少々厳かで地味に感じやすいと思います。

 

クラシックの良い所はシンプルでありながら噛めば噛むほど味わいが出るように、知れば知るほど自分自身の世界観が見えてくる所です。

 

 

例えば、現在も作曲活動に精力的に従事されているArvo Pärt(アルヴォ・ペルト)氏が作曲した

 

Summa for strings

 

https://youtu.be/WTGg3EmOzC8

 

最初に耳にする旋律はどこか懐かしく儚げですが、人によっては

懐かしさをたどって幼少期を思い出す方もいらっしゃれば、若い方は『今』自分の心の中にある寂しさや悲しさの中にある温もりを感じて聴き入る方など、人それぞれに共感を味わう事ができます。

 

そして楽器から奏でられる旋律がシンプルゆえ、戦いに向かう凱旋の曲なら当時のどこの国と国が戦い、どんな街中で、どんな人達が生活を営んでいたのか、想像を膨らませられます。

 

うえに書きましたSummaであれば、

 

おばあさんが秋になるにつれ家の中も少々肌寒くなり

 

暖炉にくべた薪に灯した火にあたりながら床がキシキシ鳴るロッキングチェアーに揺られてうとうとしていると、お孫さんの女の子が昔話の絵本を読んで欲しそうにこちらをジーっと見ている。

 

微笑みながらその絵本をとったおばあさんが優しくも暖かな声で少しずつ物語を読み聞かせ始めた。

 

 

 

このように曲調の中で想像を掻き立てさせられるそれがクラシック音楽の醍醐味と言えると思います。

 

多くの方はクラシックは演奏家の方々と同じ立ち位置で技術面や専門知識を語らなければならないと肩に力が入り緊張されているかもしれませんが、そんな事は全然ないんです。自由で良いんです。

 

想像して語るのも、技術を語るのも、専門知識を語るのも

 

音楽を楽しむのが一番です♪

 

私はその面白さを一人でも多くの方々に感じて味わって欲しいと思っています。

 

企画のサロンコンサートは少人数制ではありますが、弦楽器とピアノの音色の余韻に浸るにはとても贅沢に感じられるものになっております。演奏家の方々も実現できるのをとても楽しみにして頂いております

 

この機会にお越し頂けましたら幸いです。よろしくお願い致します。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます!

 

中山 雄太

 

 

 

写真:Wikipediaとhttps://jp.bloguru.com/hitparadeclub/250139/2015-09-29より

一覧に戻る

リターン

3,000

オリジナル製作楽器のポストカード5枚1セット

オリジナル製作楽器のポストカード5枚1セット

自作の楽器をオリジナルのポストカードにしたReadyfor限定のポストカードです。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

10,000

片山遥様(Vn)×和田華音様(Pf)によるヴァイオリンとピアノのデュオサロンコンサート(ポストカード付) 5名様限定

片山遥様(Vn)×和田華音様(Pf)によるヴァイオリンとピアノのデュオサロンコンサート(ポストカード付) 5名様限定

片山 遥

4歳半より才能教育研究会スズキメソードにてヴァイオリンを始める。第59回鎌倉市小中高学生音楽コンクール高等学校の部第1位および総合1位。
第12回ルーマニア国際音楽コンクールアンサンブル部門第2位。
これまでに松原勝也、梅津美葉、窪田茂夫、梅津南美子、松宮麻希子、田中陽子、ジェラールプーレ、リチャードディーキン、各氏に師事。
現在東京芸術大学4年在学中。

和田華音

2016年第9回エンスヘーデ若い音楽家のための国際ピアノコンクール(オランダ)第1位。第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会銅賞。
これまでに、ピアノを加藤伸佳、高田匡隆、東誠三の各氏に、室内楽を津田裕也、濱崎由紀の各氏に師事。現在東京藝術大学4年在学中。

開催日時2019年2月11日(日)14時~15時
/開催場所:自宅兼工房※演奏終了後、演奏者の方々と交流会をさせていただきます(お茶菓子つき)


演目:決まり次第お伝え致します。

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2018年11月

10,000

堀内優里様(Vn)×山本栞路様(Vc)×望月晶様(Pf)による弦楽とピアノのトリオコンサート(ポストカード付) 5名様限定

堀内優里様(Vn)×山本栞路様(Vc)×望月晶様(Pf)による弦楽とピアノのトリオコンサート(ポストカード付) 5名様限定

堀内優里

4歳よりヴァイオリンを始め、学内の成績優秀者によるサントリーホール ブルーローズでの第100回室内楽演奏会に選出。
これまでにヴァイオリンを塩貝みつる、澤菜穂子、ジェラール・プーレ諸氏に師事。現在藤原浜雄氏に師事。室内楽を磯村和英、山崎信子、藤井一興諸氏に師事。桐朋学園大学音楽学部1年在学中。

山本栞路

3歳よりチェロを始め、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)2年在学中。
全日本学生音楽コンクール第71回全国大会高校の部第3位。
第72回東京大会高校の部第1位。
寺田義彦氏のもとチェロを始め、現在北本秀樹氏に師事

望月晶
4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部1年在学中。第87回日本音楽コンクール入選。多摩フレッシュ音楽コンサート2016最優秀賞(第1位)受賞。 これまでにピアノを今井啓子、小森谷泉各氏に師事。

開催日時2月17日(土)14時~15時
/開催場所:自宅兼工房
※演奏終了後、演奏者の方々と交流会をさせていただきます(お茶菓子つき)

演目:メンデルスゾー:ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 作品49

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2018年11月

10,000

井上祐吾様(Vla)×斎藤里菜様(pf)によるヴィオラとピアノのサロンコンサート(ポストカード付) 5名様限定

井上祐吾様(Vla)×斎藤里菜様(pf)によるヴィオラとピアノのサロンコンサート(ポストカード付) 5名様限定

井上祐吾

東京藝術大学を経て、現在同大学院音楽研究科修士課程に在学中。
学部卒業時に同声会賞、アカンサス音楽賞を受賞。
これまでにヴィオラを安藤史子、百武由紀、市坪俊彦の各氏に師事。
東京藝術大学奏楽堂モーニングコンサートにて、藝大フィルハーモニア管弦楽団とヒンデミットのヴィオラ協奏曲「白鳥を焼く男」を共演。
平成30年度宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学生。

斎藤里菜

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部4年に在学中。第6回野島稔・よこすかピアノコンクールファイナリスト。第1回K二重奏コンクール最高位。第27回彩の国・埼玉ピアノコンクール金賞、併せて審査委員長賞受賞。

開催日時3月2日(土曜) 14~15時
/開催場所自宅兼工房
※演奏終了後、演奏者の方々と交流会をさせていただきます(お茶菓子つき)

演目:ヴュータン:カプリッチョ
   
   ブルッフ:ロマンス

   シューマン:幻想小曲集

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2018年11月

50,000

新井貴盛様(Vn)×正住真智子様(Pf)によるヴァイオリンとピアノのデュオコンサート(ポストカード付) 5名様限定

新井貴盛様(Vn)×正住真智子様(Pf)によるヴァイオリンとピアノのデュオコンサート(ポストカード付) 5名様限定

新井貴盛

東京藝術大学を首席で卒業。清水高師、エスター ペレーニ、ピエール アモイヤル、ヤン ソンシク、エドワード シュミーダーの各氏に師事。米テンプル大学にて奨学生として留学。
現在東京藝術大学大学院博士課程に在籍。
これまでに日本音楽コンクール入選、バルトーク国際バイオリンコンクールセミファイナリスト他、入賞歴多数。

正住真智子

東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て、同大学院修士課程修了。
学内でアリアドネ・ムジカ賞、アカンサス音楽賞、藝大クラヴィーア賞、同声会賞を受賞。
2018年度より東京藝術大学音楽学部ピアノ科非常勤講師。


開催日時2月2日14~15時
/開催場所自宅兼工房
※演奏終了後、演奏者の方々と交流会をさせていただきます(お茶菓子つき)

演目:パガニーニ:24のカプリスOp.1より

          バッハ:無伴奏ソナタとパルティータより

          クライスラー:小品曲

           タイス:瞑想曲

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2018年11月

100,000

對馬哲男様(Vn)×正住真智子様(Pf)によるヴァイオリンとピアノのデュオサロンコンサート(ポストカード付) 5名様限定

對馬哲男様(Vn)×正住真智子様(Pf)によるヴァイオリンとピアノのデュオサロンコンサート(ポストカード付) 5名様限定

對馬哲男

東京芸術大学音楽学部器楽科卒業後、同大学音楽研究科修士課程修了。三菱地所賞、アカンサス音楽賞受賞。第22回かながわ音楽コンクール最優秀賞、神奈川県知事賞受賞。第60回全日本学生音楽コンクール全国大会第一位。第23回リゾナーレ室内楽セミナー 優秀賞。これまでに物集女純子、水野佐知香、オレグクリサ、玉井菜採、堀正文、松原勝也の各氏に師事。

現在読売日本交響楽団ヴァイオリン奏者。


正住真智子

東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て、同大学院修士課程修了。
学内でアリアドネ・ムジカ賞、アカンサス音楽賞、藝大クラヴィーア賞、同声会賞を受賞。
2018年度より東京藝術大学音楽学部ピアノ科非常勤講師。

開催日時2019年2月3日(土)
/開催場所:自宅兼工房
※演奏終了後、演奏者の方々と交流会をさせていただきます(お茶菓子つき)

演目:クライスラー:小品曲

   バッハ:無伴奏ソナタとパルティータより

        タイス:瞑想曲

   

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2018年11月

プロジェクトの相談をする