写真:March 16. (U.S Navy/MC2 Kelsey L. Adams)USNS Mercy (T-AH 19) transits the waters near Guam,

 

人道支援・災害救援など平和活動を主導する米海軍病院船USNS マーシーは、2018年アジア太平洋地域パートナーシップの参加国を訪問途上です。

 

マーシーの日本への寄港は、6月の予定です。5月頃には、関係省庁から、一般の見学者の公募が始まる予定といわれています(一大プロジェクトのため、いろいろと調整の関係で前月の公募予定となっています)。

 

このクラウドファンディングプロジェクトは、4月25日に締め切られますが、その理由は、子どもたちのリスト(見学者リスト)を5月の公募に間に合うように届け出なければならないからです。

 

達成目標の費用を募金することはもちろん大切なことです。一方、見学させたい中高生の募集はもっと大事だと思っています。

 

◆募集要項

PDF:

http://www.mobilehospital.org/wp-content/uploads/2018/03/boshu.pdf

 

上記URLから一部抜粋:

※1:応募人数は各県5名を基本に選考します。応募者に満たない5名以内の場合:総数20名で締切ます。応募者多数の場合は、抽選により決定後、5月にホームページで公表します。

※2:応募者締切:2018年4月25日とします。

※3:参加料金:中高生の参加料金 無料

※参加料金は、クラウドファンディング(募金活動)の支援から成り立っています。

(ご自宅最寄りのJR駅から視察地までの交通手配は、ご用意させていただきます)

 

……このように、クラウドファンディングと並行して、子どもたちの募集も進めている最中です。

 

寄付金は子どもたちを見学させたいの旅費に充当します。


是非、是非、皆様の篤いご支援を賜ることができれば幸いです。また達成のあかつきには、子どもたちのはじける笑顔を届けられるよう目標達成を祈念しています。

 

 

新着情報一覧へ